部活動

 

クラブ名 : 男女テニス部

部員数 : 令和3年度(7/26現在)計47名 1年生:19名(男子9名、女子10名) 2年生:14名(男子6名、女子8名)  3年生:14名(男子9名、女子5名)

活動場所 : テニスコート

 

活動内容

毎日元気に活動しています。土日は、学校での半日練習又は校外のテニスコートで練習試合等を行っています。テニス経験者も数名在籍していますが、大半が高校からテニスを始めた部員たちです。平日には限られたコートで、工夫しながら一生懸命、練習に励んでいます。目標は近畿公立高等学校テニス大会に出場し、39期生の「ベスト4」を超えることです。「当たり前のことを当たり前に」をモットーに、テニスを通じ、人間的にも技術的にもレベルアップを目指します!
 

活動実績

【令和3年度】
 5月  全国高等学校総合体育大会 京都府二次予選 テニス競技(個人の部)
     男子シングルス ベスト32 古島秀悟
             ベスト64 内藤源太
     女子シングルス ベスト64 岩田優那

 全国高等学校総合体育大会 京都府二次予選 テニス競技(団体の部)
 男子団体の部 2回戦 向陽    2-0勝利
        3回戦 立命館宇治 0-2敗退
 女子団体の部 2回戦 同志社   0-2敗退


【令和2年度】
 3月  京都ジュニアテニス選手権大会2021
     男子シングルス ベスト64 古島秀悟
     女子シングルス ベスト64 松田紗瑛子

 1月  第18回 近畿公立高等学校テニス大会 男子団体の部 ベスト8
     (古島秀悟・内藤源太・吉岡大・池田龍一・井手春椋・島野智貴・西村悠・竹澤駿輝・西英汰)

 11月  京都府公立高等学校テニス大会 男子団体の部 準優勝

 8月  近畿高等学校テニス大会 京都府予選
     男子シングルス ベスト64 古島秀悟
             ベスト64 内藤源太
     男子ダブルス  ベスト32 内藤・古島
     女子シングルス ベスト32 松田紗瑛子
             ベスト16 坂口・岩田

 7月  京都サマージュニアテニス選手権大会2020
     男子シングルス ベスト32 池田龍一
             ベスト64 古島秀悟
     男子ダブルス  ベスト32 古島・川﨑
     女子ダブルス  ベスト32 石田・小野
 
【令和元年度】

 2月  第8回 近畿公立高等学校テニス大会 個人の部 出場
     男子シングルス 西村和真・古島秀悟

     京都ウインタージュニアテニス選手権大会 
     男子シングルス ベスト64 山口凌空

 1月  第17回 近畿公立高等学校テニス大会   男子団体の部 ベスト4
     (古島秀悟・西村和真・山口凌空・内藤源太・岩田昂也・長谷川遼・竹内文哉・細川勇人・川﨑駿介)

 11月  京都府公立高等学校テニス大会 男子団体の部 優勝


 

目標

当たり前のことを当たり前に!
 
 
 

10月9日(土)から京都府高等学校テニス選手権大会の予選が行われ、以下の2名が予選を突破しました。

 

女子シングルス

 岩田 優那(2年)

 

女子ダブルス

 岩田 優那・中村 花鈴(2年)

 

 

 他の部員達も健闘しましたが、あと一歩で本戦出場を逃しました。

本戦は10月30日に行われます。応援よろしくお願いします。

 

 

11月6日(土)に行われる近畿公立高等学校テニス大会 京都府二次予選のドローが決定しました。

 

 

 目標にしていた近畿公立まであと一歩です。

残り少ない練習期間ですが、自信を持ってコートに立てるよう、練習に励みます。

応援よろしくお願いします。

 ※全ての大会は無観客試合となっていますので、ご来場はご遠慮ください。

 
 

全国選抜予選結果

2021年09月22日

 
 

全国選抜予選結果

 

9月19日(日)女子は丹波自然公園、男子は向島テニスコートで試合が行われました。

結果は以下の通りです。

 

男子 2R VS 久御山 1−4敗退

S1本田 幹太郎  6−1 ○

D1井手・西   4−6 ●

S2岩瀧 虹貴   6−7(5)●

D2竹澤・垣本  0−6 ●

S3梅原 駿   2−6 ●

 

女子 2R VS 綾部    3−2 勝利

S1岩田 優那    6−0 ○

D1淵本・田丸   2−6 ●

S2出井 萌絵果   6−0 ○

D2奥村・田中   1−6 ●

S3中村 花鈴    6−4 ○

 

3R VS 同志社女子  0−3敗退

S1岩田 優那    3−6 ●

D1淵本・田丸   3−2 打切

S2出井 萌絵果   4−4 打切

D2奥村・田中   1−6 ●

S3中村 花鈴    0−6 ●

 

 

限られたメンバーでの限られた時間での練習。とても準備万端とは言えませんでしたが、当日までしっかり練習を積み、本番を迎えました。

 

男子はあと一歩でした。勝つことができなかった試合では、自分のサービスゲームがキープできず、流れに乗れなかったり、ほぼラリー展開まで行かないという単発なポイントが見受けられました。基礎からしっかり練習しなければならないと感じさせられました。

 

女子は初戦の怖さを思い知らされました。

足も体も動かず、強張った表情でガチガチの試合。あっという間にダブルスは終わってしまいました。なんとか勝つことができましたが、その対戦後、皆で作戦会議をし、同志社女子戦に挑みました。結果は1試合も勝つことができませんでしたが、自分達ができるプレーを、泥臭く忠実に行うことの大切さを、改めて感じさせられた大会となりました。

 

応援ありがとうございました。

※9/18(土)の部活動体験は中止となりましたが、年内に代替の実施を検討しています。

 
 
 
 

8月18日(水)から近畿大会の予選が行われました。

女子シングルスで4名、女子ダブルスで1組が一次予選を突破し、二次予選に進出しました。結果は以下の通りです。

 

女子シングルス

 淵本 美玖(1年) VS 0-6 山城高校  ベスト64

 出井 萌絵果(2年)VS 2-6 同志社女子高校  ベスト64

 中村 花鈴(2年) VS 0-6 同志社国際高校  ベスト64

 岩田 優那(2年) VS 4-6 京都外大西高校  ベスト64

 

女子ダブルス

 中村花鈴(2年)・岩田優那(2年) VS 2-6 平安女学院高校   ベスト32

 

 

この夏最後の大会であったため、この夏の練習の成果が発揮できたのではないかと思います。多くの選手が二次予選に進出しましたが、シングルス、タブルス共に2Rに進出することができませんでした。勝ちに繋げるサービスと、得点パターンをしっかり練習し、次大会には、もう一つ勝ち上がることができるよう練習に励みたいと思います。

(写真は別日撮影)

 
 
 
 

 女子は昨年、一次予選で悔しい敗退となった近畿公立京都府予選。

 敗戦したその日から、この1年間「来年こそ二次予選進出」と、練習に励みました。また練習に打ち込む中で、目標が「二次予選進出」から「近畿公立に出場」に変わりました。登録メンバーは緊張した面持ちでコートに入りましたが、昨年の悔しさをバネに、多くの部員が力を発揮し、見事にブロック優勝に輝きました。二次予選は11月に行われます!

 大会2日目に行われた男子団体の部は、残念ながらブロック決勝敗退となり、3年連続近畿出場とはなりませんでした。男子は今年の悔しさをバネに、来年こそ二次予選進出、近畿出場を目指してほしいと思います。

 
 
 
 

7月17日(土)男子テニス部が滋賀県膳所高校と練習試合を行いました。

 

 

 1年生にとって、また新チームにとって初めての練習試合になりました。

 

 1年生は入部から約3ヶ月間、基礎練習を中心に行ってきました。高校からテニスを始めた部員は、ようやくラリーができるようになり、理想のプレーには遠いものの、自己の課題を見つけながら試合を行うことができました。

 また、2年生や経験者の1年生は、昨シーズンまでとは違うゲーム展開ができたり、自分のスキルが上がったことで出てくる新たな課題に苦戦したりしながら、試合を行うことができました。

 

 

 

 

 

7月18日(日)女子テニス部が城南菱創高校と練習試合を行いました。

 

 サマージュニアまで残り4日。

 

 

 1年生女子は全員高校からテニスを始めました。そのため、ポイント・ゲームのカウント方法を確認しながら、本番の試合と同じように試合を行いました。1年生はサービスに大きな不安を抱えながらも、初めて試合に勝つことができたり、ネットプレーでポイントを取ることができたり、タイブレークまで競り合ったりと、充実した一日となりました。

 2年生は、「勝ちパターン」が無く、安定しないプレーが目立ちました。

 

 男女共、課題が山積みですが、サマージュニアに向けしっかり練習に励みます。応援よろしくお願いいたします!

 

※試合会場は、新型コロナウイルス感染防止のため、選手以外入場禁止です。(無観戦試合)

 会場へのご来場はご遠慮ください。

 
 
 
 

7月11日(日) 女子テニス部が、洛北高校と練習試合を行いました。

 

 

 新チームになり、初めての練習試合となりました。コロナ禍で、限られた時間と場所で練習を積んできましたが、やはり「試合」と呼ぶことのできるものは少なく、大きな課題が残りました。

 

 今年度のチームの目標は、「男女で近畿公立高等学校テニス選手権大会に出場する」ことです。

 初心者中心のチームですが、選抜メンバーだけでなく、「全員」で切磋琢磨しながら、チームの目標達成に向け、日々の練習を行っています。テニスのスキルに負けない「チーム力」をしっかりと育み、勝利を掴みたいと思います。

 
 
 
 

中間考査が終了しました。

テニス部は新キャプテンの下、男子15名、女子17名で本格的に新チームでの活動が始まりました。

緊急事態宣言の延長でまだまだ厳しい条件での実施になりますが、今、この状況で部活動をさせていただけることに感謝し、しっかり感染対策をとって練習に励みたいと思います。

 
 
 
 

5月15日(土)全国高等学校総合体育大会テニス競技の部 京都府予選が行なわれました。

結果は以下の通りです。

 

 

男子【ベスト16】

 

2R VS 向陽高校  2−0 勝利

D 内藤 源太・本田 幹太郎 6−1 ◯

S1 古島 秀悟 6−4 ◯

S2 池田 龍一 1−3 打切

 

 

3R VS 立命館宇治高校 0−2敗退

D 内藤 源太・島野 智貴 2−6 ●

S1 古島 秀悟 3-5 打切

S2 池田 龍一 1-6 ●

 

 

女子

 

2R VS 同志社高校  0−2敗退

D 岩田 優那・坂口 優芽 1−6●

S1 松田 紗瑛子 0−6 ●

S2 石田 琴音 0−1 打切

 

 

 

 団体戦についても、緊急事態宣言中の大会実施ということで、登録選手以外は会場に行くことはできませんでした。しかし、前日の練習では、メンバーそれぞれがこの大会に向けた思いを語り、当日に向け気合いを入れました。

 当日は、学校練習と試合組に分かれる形にはなりましたが、登録メンバー以外の思いを胸に決して諦めることなく試合に挑むことができました。結果、男女とも惜しくもシード校に勝つことはできませんでしたが、この日までの努力や経験は決して無駄にはなりません。今回団体戦メンバー入りした1・2年生はしっかりと先輩たちの思いを胸に、中間考査後から始動する新チームをどの方向に導くのか、しっかり目標を定め、先輩たちを追い抜けるよう、一生懸命取り組んでほしいと思います。

 

 本日をもって3年生は、引退となります。

 

 最後になりましたが、今まで練習試合をしてくださった多くの選手や監督の先生方、さまざまな形で応援してくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 今後は、テニスに向けていた矢印を「受験」に向け、活躍してくれることを期待しています。

 
 
 
 

 4月下旬からGWにかけて、インターハイ予選が行われました。

コロナ対策のため、無観客試合、声出しも一切禁止という、感染対策をしっかり取った上で、なんとか無事に開催することができました。昨年度は中止となってしまった大会なだけに、今年度は3年生にとっては引退試合として実施いただけたことに感謝しながら、試合に挑みました。

 結果は以下の通りです。

 

男子シングルス

古島 秀悟(3年) ベスト32

内藤 源太(3年) ベスト64

 

女子シングルス

岩田 優那(2年) ベスト64

 

 

 今大会、男女ともダブルスでの予選突破者がおらず、課題が残りました。しかし女子シングルスで2年生が予選を突破しました!

 残念ながら、二次予選では力の差を見せつけられてしまいましたが、トーナメントを勝ち進み、本戦に出場するという新たなステージに立つことができたため、チーム全体に、とても良い刺激を与えてくれました。  

またブロック決勝まで勝ち進んだ者、初心者として3年間しっかり練習に励み、力を発揮した者、それぞれの想いを胸に大会を終えることができました。

 テニス部全体としても、1年18名の入部があり、総勢46名、とても活気に溢れています。

2年生は1年生の勢いに負けぬよう、3年生は団体戦の日まで、後輩のアドバイスやヒッティングとして、最後までチームの一員であることを忘れずに活動してくれることを期待しています。

 

 インターハイ京都府予選(団体の部)は5月15・16日に行われます。

会場へ応援に来て頂くことはできませんが、洛西のチーム力を武器に、悔いの残らない試合で最後の大会を締めくくってほしいと思います。

 応援よろしくお願いします!

(写真は別日撮影)