現在公開されているリンクリストはありません。
 
 

お知らせ


 

 

日誌

H30~H31八木東小日誌
12345
2019/07/04

ニコニコの日

Tweet ThisSend to Facebook | by 南丹市立八木東小学校サイト管理者
ニコニコの日

6月18日(火)、7月4日(火)は、「ニコニコ班」で遊ぶ「ニコニコの日」でした。

「ニコニコ班」とは、1年生から6年生までを10班の異年齢集団に分けている班のことです。

「ニコニコの日」には、通常の昼休みの時間と掃除の時間を活用し、班ごとで決めた遊びをします。

鬼ごっこやドッジボールなど、いつもより長い昼休みの時間を、みんな笑顔で楽しみました。

 


15:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/04

非行防止教室   

Tweet ThisSend to Facebook | by 南丹市立八木東小学校サイト管理者
非行防止教室(「社会のルール教室」)、全学年で実施!

 7月3日(水)、低・中・高学年ごとに時間を分け、南丹警察署スクールサポーターの方にお世話になり、非行防止教室(社会のルール教室)を実施しました。
 自分がいやなことは決して人にもしないこと、本当の友達をつくり、その友達にもきちんと注意をしていくこと、大切な人のことを考えること、法律やきまりを守る子になることなど、子どもたちにわかりやすく語りかけてくださいました。

15:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/04

国際交流学習Ⅰ

Tweet ThisSend to Facebook | by 南丹市立八木東小学校サイト管理者
国際交流学習Ⅰ

 5月25日(土)、高学年の子どもたちが、フランスの文化や歴史について学びました。和やかな雰囲気の中、楽しくフランスの話を聞かせていただきました。
国旗の色の意味や形のクイズ、有名なエッフェル塔と日本の東京タワーとの比較クイズをはじめ、フランスの有名な建物の話などをしていただき、子どもたちはフランスの魅力をたくさん学びました。

 

 
 また6月18日(火)、2年生と3年生は、イギリスの方から、イギリスの遊びを教えていただき一緒に楽しい時間を過ごしました。これまで何度も来校していただき交流をしてくださった方ですので、子ども達も親しみをもち交流を心から楽しんでいました。
 1年生と4年生は、ドイツの方に、初めてドイツの歴史や文化、有名なものなどを教えていただき、ドイツの魅力をたくさん発見することができました。とても親しく子どもたちに接してくださり、休み時間も一緒に遊びました。

15:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/04

「弁当の日」の取組  梅干し作り

Tweet ThisSend to Facebook | by 南丹市立八木東小学校サイト管理者
「弁当の日」の取組  ~梅干し作り~
①梅干し作り
 6月24日(月)、6年生は「弁当の日」の取組の一環として「梅干し作り」を始めました。南丹市の食生活改善推進員の方々や保健医療課の方のご協力の下、この日は「梅干し塩漬け」に挑戦しました。


②紫蘇入れ
 6月28日(金)に「白梅酢」確認を終え、7月5日(金)は「梅干し紫蘇入れ」を実施しました。
  塩で揉んた紫蘇の葉を絞って壺の中に入れる作業をみんなでしました。鮮やかな紫蘇の色がしっかりと梅干しに付いておいしくできますように!

15:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/04

八木東っ子ニコニコサタデー

Tweet ThisSend to Facebook | by 南丹市立八木東小学校サイト管理者
「八木東っ子ニコニコサタデー」

今年度も、土曜日を活用して「八木東っ子ニコニコサタデー」を実施しました。

「八木東っ子ニコニコサタデーⅠ」 

  5月25日(土)、「八木東っ子ニコニコサタデーⅠ」を実施しました。
  全校で、校区在住のシンガーソングライター小濱さんの音楽ライブを聴きました。小濱さんが作詞・作曲された曲も披露してくださり、その爽やかな歌声と楽しいリズムやテンポのよい曲の魅力に、聴いている子どもたちも、どんどん惹きこまれていきました。

「もっと聴きたかった。」「すごく楽しかった。」「私も、あんなふうに演奏できるようになりたい。」と、子どもたちから多くの感想が聞かれました。


「八木東っ子ニコニコサタデーⅡ」
6月22日(土)、「八木東っ子ニコニコサタデーⅡ」を実施しました。
この日は、1~3年生は、校区在住の「赤とんぼ」の皆様による人形劇「おむすびころりん」の鑑賞をしました。
また4~6年生は、校区にお店を構えられている包丁コーディネーターの廣瀬康二さんのお話を聞きました。どちらも保護者の皆様の参観がある中、1~3年生は次々と繰り広げられる人形の動きや台詞のおもしろさに夢中になり、4~6年生は、日本の包丁文化の奥深さや好きな仕事をする大切さを学ぶことができました。


15:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345