部活動

 

クラブ名 : 男女テニス部

部員数 : 令和3年度(7/26現在)計47名 1年生:19名(男子9名、女子10名) 2年生:14名(男子6名、女子8名)  3年生:14名(男子9名、女子5名)

活動場所 : テニスコート

 

活動内容

毎日元気に活動しています。土日は、学校での半日練習又は校外のテニスコートで練習試合等を行っています。テニス経験者も数名在籍していますが、大半が高校からテニスを始めた部員たちです。平日には限られたコートで、工夫しながら一生懸命、練習に励んでいます。目標は近畿公立高等学校テニス大会に出場し、39期生の「ベスト4」を超えることです。「当たり前のことを当たり前に」をモットーに、テニスを通じ、人間的にも技術的にもレベルアップを目指します!
 

活動実績

【令和3年度】
 5月  全国高等学校総合体育大会 京都府二次予選 テニス競技(個人の部)
     男子シングルス ベスト32 古島秀悟
             ベスト64 内藤源太
     女子シングルス ベスト64 岩田優那

 全国高等学校総合体育大会 京都府二次予選 テニス競技(団体の部)
 男子団体の部 2回戦 向陽    2-0勝利
        3回戦 立命館宇治 0-2敗退
 女子団体の部 2回戦 同志社   0-2敗退


【令和2年度】
 3月  京都ジュニアテニス選手権大会2021
     男子シングルス ベスト64 古島秀悟
     女子シングルス ベスト64 松田紗瑛子

 1月  第18回 近畿公立高等学校テニス大会 男子団体の部 ベスト8
     (古島秀悟・内藤源太・吉岡大・池田龍一・井手春椋・島野智貴・西村悠・竹澤駿輝・西英汰)

 11月  京都府公立高等学校テニス大会 男子団体の部 準優勝

 8月  近畿高等学校テニス大会 京都府予選
     男子シングルス ベスト64 古島秀悟
             ベスト64 内藤源太
     男子ダブルス  ベスト32 内藤・古島
     女子シングルス ベスト32 松田紗瑛子
             ベスト16 坂口・岩田

 7月  京都サマージュニアテニス選手権大会2020
     男子シングルス ベスト32 池田龍一
             ベスト64 古島秀悟
     男子ダブルス  ベスト32 古島・川﨑
     女子ダブルス  ベスト32 石田・小野
 
【令和元年度】

 2月  第8回 近畿公立高等学校テニス大会 個人の部 出場
     男子シングルス 西村和真・古島秀悟

     京都ウインタージュニアテニス選手権大会 
     男子シングルス ベスト64 山口凌空

 1月  第17回 近畿公立高等学校テニス大会   男子団体の部 ベスト4
     (古島秀悟・西村和真・山口凌空・内藤源太・岩田昂也・長谷川遼・竹内文哉・細川勇人・川﨑駿介)

 11月  京都府公立高等学校テニス大会 男子団体の部 優勝


 

目標

当たり前のことを当たり前に!
 
 
 

2022年1月10日(月) 男子テニス部が桃山高校と、女子テニス部が平安女学院高校と練習試合を行いました。

 

 

男女とも今年最初の練習試合となりました。

 

数少ないオムニ練習の中で、日頃行っている学校での基礎練習の成果を発揮することが難しく、男女とも課題が残りました。

 

男子は、打つボールの質としては上がっていますが、体幹の弱さや下半身を上手に使うことが出来ず、ボール数を打つと精度が落ちてしまう展開が目立ちました。

女子は消極的なネットプレーや対戦相手の陣形から戦術を考えてプレーすることが難しく、多くの失点している場面が見受けられました。

 
 
 

2022年1月6日 マリンテニスパーク北村にて第19回近畿公立高等学校テニス大会が行われました。

tenis2.jpg


2日目の結果は以下の通りです。


【3・4位トーナメント】

1R VS 日高高校(和歌山) 3ー0 勝利

S1 岩田 優那  6−1 ○

D1 淵本・田丸  6−1 ○

S2 出井 萌絵果 6−0○

D2 田中・奥村  3−1打切

S3 中村 花鈴  4−1打切


2R VS 池田高校(大阪) 2−3敗退


S1 岩田 優那  6−0 ○

D1 淵本・田丸  4−6●

S2 出井 萌絵果 3−6 ●

D2 扇田・奥村  2−6●

S3 中村 花鈴  6−3○


近畿公立の全日程が終了しました。

3・4位トーナメント「優勝」が目標でしたが、残念ながら2Rの池田高校に敗退してしまいました。

昨日の初戦からD2とS3が勝ちきれずに苦しい試合展開だったため、D2とS3の勝利、そして、この選抜メンバーで迎える最後の団体戦ということもあり、後悔の無いように思いっきり自分たちのプレーをしようとコートに入りました。


残念ながら目標を達成することはできませんでした。


しかし、思い返せば2021年8月、本校は京都府の第4シードで京都府一次予選を迎えました。そして、11月には4校から2校の枠を勝ちとるために、たくさんの方に協力していただき、たくさんの練習を重ねました。決して楽しい時間ばかりではありませんでしたが、選手達は8月からの約6ヶ月間、選抜メンバーとして自覚を持ち、他の部員の分までコートで全力でテニスと向き合ってきました。

結果は納得できるものではありませんでしたが、コロナ禍の中、大会を開催してくださった役員の先生方、今まで練習試合をしてくださった選手の皆さん、監督の先生方、応援してくださった保護者の方に感謝の気持ちでいっぱいです。


本当にありがとうございました。


tenis3.jpg

tenis4.jpg



7ヶ月後に迫る第20回近畿公立高等学校テニス大会 京都府一次予選では、男女ともベスト4の残り、そして10ヶ月後の二次予選には京都府の代表枠を勝ち取れるように頑張ります!




本年も洛西高校テニス部をどうぞよろしくお願い致します!

tenis1.jpg









 
 
 
 

2022年1月5日 マリンテニスパーク北村にて第19回近畿公立校高等学校テニス大会が行われました。

 

1日目の結果は以下の通りです。

 

【予選トーナメント(Dブロック)】

1R VS 明石城西高校(兵庫) 2ー3 敗退

S1 岩田 優那  6−1 ○

D1 淵本・田丸  1−6 ●

S2 出井 萌絵果 6−3○

D2 田中・奥村  0−6●

S3 中村 花鈴  1−6●

 

3・4位決定戦 VS 奈良高校(奈良) 3−0勝利

 

S1 岩田 優那  6−2 ○

D1 淵本・田丸  6−2 ○

S2 出井 萌絵果 6−1 ○

D2 扇田・奥村  2−2打切

S3 中村 花鈴  4−3打切

 

Dブロック 3位通過 ⇨ 3・4位トーナメント

 

 

初戦から強豪校との対戦でした。

シングル1、2は上手にポイントを運び、見事に勝利を収めましたが、その他の試合は勢いに乗ることができませんでした。

奈良高校との対戦では、先ほどの悔しさを胸に「絶対に負けられない」と強い気持ちで戦いました。結果、初戦では落としてしまったD1を取り切り、勝利に導きました。

 

明日は3・4位トーナメントで  日高高校(和歌山)と対戦です!

全力で戦ってきます!応援お願いします!

 

 
 
 

2021年12月27日(月)

 毎年恒例のミックスダブルスを実施しました。

 冬季講習後ではありましたが、OBの参加もあり、大変盛り上がりました!

 厳しく辛いこともたくさんありますが、その分仲間とともにテニスができる喜びを感じた一日になりました。

写真1.JPG


2021年12月28日(火) 練習試合 第3弾 VS 三島戦


 いよいよ年内最後の練習試合となりました。

 今回は女子だけでなく、男子も試合を組んでいただき、また来年から新たな課題に取り組まなければならないと痛感させられた試合となりました。


 来週はいよいよ本番です。



 応援よろしくお願いいたします!!

写真2.png

写真3.JPG

 
 
 
 

2021年12月26日(日) 近畿公立に向けての練習試合 第2弾 VS同志社

 

女子テニス部が同志社高校と練習試合を行いました。同志社は、3年生引退前の4月に、インターハイ予選に向けて練習試合をしていただいていたチームでした。

チームが世代交代してからは、初めての試合でしたが、お互いが普段練習できないボールを打ちあったり、相手の弱点を見つけるなどの「気づき」の大切さにも再確認させられた、とても充実した一日となりました。

 

いよいよ12月28日三島戦が大会前の最後の練習試合になります!

 

本番同様の緊張感を持ち、挑みます!

 

 

 
 
 
 

2021年12月23日(木) 近畿公立に向けての練習試合 第1弾 VS同志社女子

 

女子テニス部が同志社女子高校と練習試合を行いました。ちょうど2か月前に、予選に向けて練習試合をしていただいていたチームでした。

近畿公立出場を決めてから2か月間、定期考査や研修旅行等で練習ができない状況が続いたため、前回との差が縮められているのか不安でした。しかし、結果的にはスコアから、生徒の成長が感じられた練習試合となりました。

 

しかし一つ一つのポイントを見れば、まだまだ「落とし穴だらけ」です。

 

第2戦の同志社戦に向けてしっかり調整します!!

 

 
 
 
 

12月12日(日) 男子テニス部が向陽高校・桂高校と練習試合を行いました。

 

 男子全員での練習試合は7月以来となりました。この間、各々技術を磨いてきましたが、試合で使えるショットは少なく、練習不足だと痛感させられました。また技能以外にもポジションが理解できていなかったり、状況判断ができていなかった場面が見受けられました。

 

 数少ない実践の機会を無駄にしないよう、明日から課題克服に取り組みます!

 次回は12月28日(火)三島戦です!

 
 
 
 

11月13日(土)女子テニス部が紫野高校と練習試合を行いました。

 

先週までは、団体戦メンバーを中心に練習試合を実施していましたが、全員での試合は7月以来となりました。

 

この間、基本的な練習に取り組んできましたが、残念ながら結果につなげることはできませんでした。日々、妥協してボールを打ってしまっていたり、ダブルスでは、相手の前衛の動きが視界に入っていない場面が多く見受けられました。

 

来週から2年生は考査前のため、1年生だけの練習になります。期末考査前のオフまでの1週間、徹底的にダブルスの練習に取り組みたいと思います。

 
 
 
 

 

11月6日(土) 向島テニスコートにて、京都府公立高等学校テニス大会 兼 近畿公立高等学校テニス大会京都府二次予選が行われました。

 

  第1シード山城、第2シード洛北、第3シード洛西、第4シード南陽の4校で京都府の2枠を決定する大会でした。結果は以下の通りです。

 

 残念ながら登録メンバー以外の部員は会場に行くことはできませんでしたが、試合後学校に戻り、報告会を行いました。

試合は本当に本当に接戦でした。何度もマッチポイントを握られながら必死にラリーを続け、得点につなげました。試合のスコア以上に熱い試合ばかりでしたが、全員で勝利を勝ち取りました!今まで練習試合をしてくださった学校の選手や顧問の先生方、ご家庭から応援してくださった保護者の皆様、今まで練習に参加してくださった卒業生の皆さん、多くの方に感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんの応援なしにこの結果は得られなかったと思います。しかし、出場枠獲得は今のチームの「通過点」です。

気持ちを強く持ってやれば、できること、しっかり女子部員が証明してくれました。

本番の近畿公立高等学校テニス大会まで2カ月間、しっかり練習を積みベストな状態でコートに立つことができるよう、まだまだ練習に励みたいと思います。

 

引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

近畿公立高等学校テニス大会

2022年1月5日~6日 マリンテニスパーク北村テニスコート