部活動

 

クラブ名 : 書道部

部員数 : 平成30年度 24名(1年生:10名 2年生:8名 3年生:6名)

活動場所 : 1棟3階 書道室

 

活動内容

書道教室で活動しています。
色々な展覧会にも出展、参加しています。
昨年度は国際高校生選抜書展に入賞、入選し、宮城県で行われた全国高等学校文化祭には京都府代表として出品しました。
今までに使ったことがない筆や紙を使って、いろいろな作品制作にチャレンジできます。

 

活動実績

【平成30年度】
4月10日 新入生歓迎会 書道パフォーマンス

【平成29年度】
○8月9~20日 第18回高校生国際美術展(国立新美術館)奨励賞 3年 鶴田眞由 佳作 3年 川口瑶佳
10月 第26回国際高校生選抜書展(書の甲子園)審査 展覧会は平成30年1月30日~2月4日に大阪市立美術館で開催 秀作賞 3年 鶴田眞由  入選 3年 稲毛紀子 3年 川口瑶佳 3年 野垣こころ 3年 吉尾理沙 3年 米澤美佳
○10月21・22日 第34回京都府高等学校総合文化祭 みやこメッセ 特別展示場 最優秀賞 2年 伊東咲紀(12月17日 京都コンサートホール内に作品展示)
○11月24~26日 第64回日本学書展 奈良市中部公民館 準特選 6名 入選  7名
○12月 第42回全国高等学校総合文化祭 選考会 展覧会等は平成30年8月7日~11日に長野県松本市で開催 京都府代表 2年 伊東咲紀
○12月 新春「えと」書道展 審査 展覧会は平成30年1月11日~16日にあべのハルカス近鉄本店「近鉄アート館」で開催 入選 1年 奧野結衣 1年 小宮美織  2年 石田真嬉 2年 梅田彩奈  2年 杉山日菜子  2年 森岡千尋
 

目標

想いを筆にのせる
 
 

2月3日(日)に第27回国際高校生選抜書展(書の甲子園)の表彰式が毎日新聞大阪本社で行われ、同展で秀作賞を受賞した本校書道部2年奥野結衣さんが表彰を受けました。

 

展覧会は1月29日(火)から2月3日(日)まで大阪市立美術館で開催されました。

秀作賞を受賞した奥野さんの他、本校からは4名の部員が入選し、計5名の書道部員の作品が展示されました。

 
 
毎日新聞大阪本社内で表彰式は行われました。
書道部2年生奥野結衣さんが壇上で表彰を受けました。
展覧会は天王寺にある大阪市立美術館で開催されました。
入賞、入選合わせて2000点余りの作品が展示をされていました。
秀作賞を受賞した奥野結衣さんの作品(中央)です。
入選した伊東咲紀さんの作品(右から2番目)の作品です。
入選した梅田彩奈さんの作品(中央)です。
入選した森岡千尋さんの作品(中央)です。
入選した廣瀬亜未さんの作品(中央)です。
 
 
 

1月4日、北野天満宮で書道部員と書道部卒業生とで書き初めをしました。

屋外という、寒い中での揮毫でしたが、新しい年に向けての熱い気持ちを文字に託しました。

 
 
 
 
 

12月16日(日)に京都コンサートホールで「全国高校生伝統文化フェスティバル」が開催され、全国から選抜された高校生が伝統芸能を披露しました。

書道部は先日校内で揮毫したメッセージを、このフェスティバルのフィナーレで披露しました。

 
 
会場となった京都コンサートホールの入り口です。
この2年生7名でメッセージを揮毫しました。
前日に行われたリハーサルです。
本番を控えて、舞台裏で準備中です。
 
 
 

来年の1月11日(木)~16日(火)にあべのハルカス近鉄本店内「近鉄アート館」で開催される、新春「えと」書道展に書道部員が3名入選しました。

1年 小山莉奈 濱田萌未

2年 田中春菜

 
 
小山さんの作品です。
濱田さんの作品です。
田中さんの作品です。
 
 
 

来年の夏に開催される、第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」に参加する京都府代表5名を選ぶ選考会が過日北嵯峨高校で行われ、本校書道部2年 西村朋香さんが代表の一人に選ばれました。

本校書道部からこの代表が選ばれるのはこれで6年連続になります。

 

書道部門は来年の7月27日(土)から31日(水)まで、佐賀県の唐津市で開催されます。

 
 
選考会の様子です。
書道部の顧問による投票で代表作品(代表生徒)を選出しました。
 
 
 

第27回国際高校生選抜書展(書の甲子園)に本校書道部員5名が入賞・入選しました。


 秀作賞 2年 奥野結衣

 入選  3年 伊東咲紀 3年 梅田彩奈 3年 廣瀬亜未 3年 森岡千尋


入賞入選作品は来年1月29日~2月3日、大阪市天王寺区の市立美術館で展示されます。

 
 
 

第65回日本学書展に本校書道部6名が入賞・入選しました。


 準特選 2年 奥野結衣 2年 西村朋香

 入選  2年 金子のぞみ 2年 竹中景子 2年 田中春菜 2年 西村有世

 
 
 

12月16日(日)に京都コンサートホールで開催される全国高校生伝統文化フェスティバル(伝フェス)のフィナーレで披露するメッセージの揮毫を本校書道部が担当することになりました。

 

先日書道教室の前の廊下を使って、18メートルの長さの紙に2年生が緊張しながら、全19文字を分担して揮毫しました。

この作品を当日皆さんに観ていただきます。

 
 
 
 
 

第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会書道部門の行事が11月17日(土)に徳島市で行われ、京都府代表に選ばれた本校書道部3年伊東咲紀さん、同じく3年梅田彩奈さんが参加してきました。

 

午前中に開会式と交流会が行われ、交流会では参加者が数名のグループに分かれ、徳島県産の杉と阿波和紙を使って作品を制作しながら交流を深めました。

 

午後は四国大学の蓑毛政雄先生による出品作品の講評が行われ、作品の見方や制作における留意点などを学びました。

 

来年は京都でこの大会が開催されます。

 
 
会場となったあわぎんホールです。
徳島駅から歩いて7分くらいでした。
左端が伊東咲紀さんの作品です。
中国漢時代の木簡を臨書した作品です。
梅田彩奈さんの作品です。
中国漢時代の隷書の古典を臨書しました。
書道部門の開会式です。
今回、京都からは出品生徒だけでなく、来年の京都開催に向けての視察生徒も参加しました。
来年は現1、2年生がこの大会を運営していくことになります。
開会式の後に行われた交流会の様子です。
緑のジャンパーを着た徳島県の生徒さんに指導してもらいながら作品を制作しました。
阿波和紙を使った作品を製作中です。
完成です!
最後に完成した作品を飾って、みんなで鑑賞しました。