学校紹介ビデオ

25周年記念

2013.08.20
農芸高校の生徒3名が京都洛中ロータリークラブさんの企画された「ふくしま 再会の夏2013 in 京都」に協力し、京都に来られた福島県浜通りの中学校、高等学校の皆さんと一緒に東山界隈を観光し、京都大学の見学や国際マンガミュージアム等で交流しました。
特に、今回参加された高校には相馬農業高校の生徒さんもおられ、昨年相馬農業高校に堆肥提供支援で訪問した3年生の小林さんは、相馬農業高校の農業クラブ副会長と楽しく交流できました。
その後、京都府庁を訪れ、山田知事への表敬訪問も行いました。知事からは農芸高校と福島県との関係について質問され、昨年、相馬農業高校に堆肥を提供して土壌改良を行い農地の再生に取り組んできたことを説明しました。

2012.12.10
「ふるさと復興会議に参加してきました」
12月7日(金)・8日(土)と福島県南相馬市のふるさと復興会議に参加してきました。
ホテルに到着して、すぐの12月7日(金)17時18分に三陸沖地震の余震に会いました。すごく怖かったです。
大きな地震が来て1分ぐらい揺れていました。3.11のときはもっと大きな揺れがあり、大変だったと思いました。
幸い、そのあと大きな余震もなく無事一夜をすごし、復興会議に参加し、私たちが相馬農業高校へおこなっている
堆肥提供事業の活動報告を行い、地域の方々がどのように感じていらっしゃるのか質問を受けるなかで感じとって
きました。まずまず成功かなと思いました。



「相馬農業高校への堆肥提供支援の報告会」
5月30日(水)〜6月1日(金)に福島県南相馬市にある福島県立相馬農業高校に本校、畜産・動物バイオコース
で作成したペーパーシュレッダーダスト堆肥を支援事業の一環として提供いたしました。
本校の生徒6名と引率教員2名で、訪問し、堆肥散布作業を手伝いました。
福島県を訪問した生徒の感想は「今回の訪問を終えて思ったことは、実際に行って堆肥を一緒に散布することが
できてよかったということでした。 また、実際に被災地を見学することで、福島の復興について本気で考えるいい
機会になりました。今回のこの貴重な体験を忘れることなく、これからも福島への復興へのお手伝いができたらと
思います。」でした。
6月14日(木)に、この取り組みについての報告会を行いました。






 TOPページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク