Loading…

6月9日(水)に、各学年人権学習を行いました。

第1学年は、講師に原清治氏(佛教大学  副学長・教育学部教授)をお迎えし、『ネット社会の歩き方』と題して、ネットモラルや情報リテラシーについて、講演していただきました。

身近な話題や、昨今のニュースを題材にした内容に、生徒も真剣に聞き入っていました。

また、第2学年はLGBTQに関する映像教材、第3学年は労働環境に関する映像教材を見て学びました。


第1学年を対象に、第2回人権学習が体育館で行われました。

京都府立盲学校の藤井則之先生を講師にお招きして『視覚障がい者と共に生きる社会』というテーマで講演をしていただきました。

講演の中で、「一番やりたいことは何か」ということをしっかり考えてほしいということ、そして勉強と部活を思いっきり頑張って、将来この人の役に立ちたいと思えるような大切な人が現れたときに力を発揮できるようになってほしいということを伝えていただきました。

障がいを受け入れる葛藤等、御自身の体験を共有してくださり、1年生は2時間しっかりと話を聴くことができました。

1年生にとって、多くの事を考える良い機会になったと思います。

9月30日は撮影日でした。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い文化祭は中止になりましたが、各クラスがホームルーム活動の中で密を避けながら準備してきた演劇やダンスを撮影しました。

学年やクラスで時差登校行い、新型コロナウイルス感染拡大防止の工夫をしながら撮影を行いました。

観客がいない状況での作品の披露となりましたが、衣装や背景など工夫を凝らし、各クラス素晴らしい発表をしてくれました。

令和3年度2学期始業式が挙行されました。

新型コロナウイルス感染防止対策のため、生徒は各教室で始業式を放送で聞いていました。

進路部からは、向陽高校生として目指すべき姿を段階的に示したcan-doリストを生徒が実践していくよう声かけがありました。

また、夏休みに部活動で成果を残した生徒の表彰が行われました。

新型コロナウイルス感染拡大防止を徹底するため、黙食等の学校のルールの確認し、安全な学校生活を過ごせるよう注意喚起がありました。

本日、1学期の終業式を行いました。新型コロナウイルス感染症対策のため、校内放送にての実施となりました。

校長からは、成人年齢が18歳に引き下げとなることに対する心構えについて、生徒指導部長からは、夏期休業中の注意事項を中心に、AEDの使用方法の確認が動画で行われました。

また、この夏、全国大会に出場する自転車競技部・体操競技部から、出場に当たっての決意表明がありました。

それぞれに実りある夏休みを過ごして欲しいと思います。


期末考査最終日の7月6日(火)の午後から、佛教大学キャンパスツアーに行ってきました。希望者総勢20名程度で、電車とバスを乗り継いで大学へ向かいました。

大学では、特別講義や向陽高校出身の学生によるお話を聞かせてもらいました。また、大学生によるキャンパスツアーや腕輪念珠づくりにも参加させてもらいました。

平日の昼間ということで、大学生が講義を受けている様子などを見ることもでき、高校生にとって非常に有意義な時間となりました。

貴重な体験をさせていただいた佛教大学の皆様、本当にありがとうございました!

向日町警察署交通安全課の方を講師にお招きし、第2学年を対象に「交通安全教室」を行いました。

校庭では自転車を用いた実演を、体育館では画像等を用いながら講義をしていただきました。

生徒にとっても身近な話題であり、皆真剣に話に聞き入っていました。

第1学年を対象に科目登録説明会を行いました。

向陽高校では2年生進級時に「文理コース」と「文コース」にコースが分かれます。

教務部からコースの特徴や文理選択に関する説明がありました。

生徒たちは、本校オリジナルのスケジュール帳にメモをとりながら熱心に話を聞いていました。

暖かい天気のもと、JAF京都市部から講師を招き、第1学年を対象にした「交通安全教室」を行いました。

自転車の安全な乗り方や走行時の危険性など、実際に自転車に乗りながら体験することができました。

生徒たちは、車の仕組みやブレーキ時の走行距離などの、交通安全に関わるお話を熱心に聞いていました。

第1学年対象の非行防止教室を体育館にて行いました。

京都府教育委員会から 岩田 宇司氏を招き、「ネット犯罪の現状とネットマナーについて」をテーマにメディアリテラシーを中心とした様々なお話をしていただきました。

SNS等の正しい使い方を学んでお互いに気持ちよく学校生活を送れるように、生徒たちはしっかりと先生の講義を聞いていました。


晴天の中、令和3年度入学式が厳粛に執り行われました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、保護者の方の御出席は御家庭につき1名までとさせていただきました。

新入生の皆さんの向陽高校での活躍を期待しています。



令和3年度着任式・始業式が厳粛な雰囲気の中執り行われました。

新たに着任される教職員の紹介の後、校長先生のお話がありました。

自転車競技部全国大会入賞の表彰が行われました。


朝8時から新しいクラスが発表されました。

今年度も密を避けて発表会場を分散しました。

新しいクラスで、輝け向陽生!



令和3年3月1日(月)に第44回卒業証書授与式を行いました。

今年度も新型コロナウイルス感染症の予防措置から、マスク着用のもと時間短縮して実施することとなりました。

式後には、スライド上映(制作・卒業生)を行いました。

表彰式では皆勤賞14名、成績優秀賞1名が表彰されました。

保護者の皆様も多数御参列いただき、ありがとうございました。

校長先生が式辞で述べた「学びて思わざれば則ち罔(くら)し、思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し」という言葉を大事にしながら、これから学ぶ知識・経験をもとに自分の頭でしっかり考えてさらに成長していってほしいと思います。

卒業生のこれからの活躍を教職員一同願っています。

令和3年3月19日、令和2年度3学期終業式を行いました。

ZOOMによる終業式を各ホームルーム教室で行い、校長と進路指導部長の訓話を聞きました。

校長からは「型なし」と「型破り」の言葉をもとに「基本の大切さ」を、進路指導部長からは「問いかけ方の大切さ」についての話がありました。生徒たちは次年度を見据えながら耳を傾けていました。

その後、各部活動で優秀な成績をおさめた生徒が表彰されました。

また全国大会出場を決めた体操競技部と自転車競技部の壮行会も行われました。


 2年生の文コース「古典B」の授業で、京都先端科学大学の山本淳子教授に講演をしていただきました。

 山本先生は平安時代の王朝文学の第一人者で、多くのメディアに登場されるなど御活躍されています。

 今回は「源氏物語恋愛講座」と題して、『源氏物語』の時代における「恋」と「愛」のありようや『源氏物語』がそれらを描く意味、私たちが今、古典文学を読む意義についてもお話をしていただきました。

 生徒からは、光源氏がなぜ恋愛を重ねたか、どういう思いを抱えていたのかがわかり、光源氏の人物像が深まっておもしかったという声が聞かれました。

 身近なテーマから人が生きることの真実まで、古典文学の人物に寄り添いながら思いを深めることができた講演でした。


 2月1日(月)・2日(火)・5日(金)の1年生の生物基礎の時間に京都先端科学大学から講師をお招きし特別授業をしていただきました。大学の先生からご自身の研究内容等の講義を受け、科学の魅力を感じたり、将来の進路にヒントを得た生徒がたくさんいました。身近なものが研究材料となっていることに驚き、興味を持ったという感想が多くありました。

01.jpg

           食農学科 藤井孝夫先生 「元素が動く、宇治茶の世界」

02.jpg

           食農学科 安達修二先生 「なぜ、マヨネーズは冷凍できない?」

03.jpg

           バイオ環境デザイン学科 丹羽英之先生 「ドローンを使った自然環境評価」

11月11日(水)、18日(水)に第2回人権学習を行いました。

1年生は、京都府立盲学校の藤井則之先生を講師にお招きして『視覚障がい者と共に生きる社会』というテーマで講演をしていただきました。

「一番やりたいことは何か」ということをしっかり考えてほしい、そして勉強と部活を思いっきり頑張って、将来この人の役に立ちたいと思えるような大切な人が現れたときに力を発揮できるようになってほしいと言っておられました。

向陽高校の卒業生でもある藤井先生の話を1年生はしっかり2時間聴くことができており、多くの事を考える良い機会になったと思います。

IMG_0251.JPG2年生はLGBTをテーマにした映画『彼らが本気で編むときは、』を鑑賞しました。人権学習として昨年度LGBTを取り上げてから今年で2回目となり、2年生にとっては初めてのテーマでしたが、しっかりと自分たちなりに考える機会とすることができたようです。

IMG_0157.JPG3年生は弁護士の毛利崇氏をお招きして『労働と基本的人権』というテーマで講演をしていただきました。卒業後、就職で社会に出ていく生徒や、アルバイトを経験する機会が増えていく生徒にとって、知っておくべき労働に関する法律などを分かりやすく説明していただきました。

仕事は人生を豊かにするためにするものであり、そのせいで体を壊したりすることがあってはならない。幸せに生きるために労働に関する法律があるということを教えていただき、「働くこと」を改めてしっかりと考えることができたようです。

IMG_0155.JPG

2回の人権学習をきっかけにして、いろいろなことを考え、人権意識を高めていくことができればと思っています。

ファイル名:第2学年研修旅行計画の代替案について.pdf

※PDFを開くには下記「第2学年研修旅行計画の代替案について」をクリックして下さい。

 

始業式の日の午後、本校第46回入学式を挙行しました。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、体育館の上下の窓を全開にし、座席の間隔を広げ、時間を短縮して実施しました。

不安と期待を胸に、46期生は校門をくぐり、高校生活の第一歩を踏み出しました。 入学式では、皆緊張した面持ちで入場し、粛々と式が進行しました。

入学生の宣誓
校長式辞
在校生歓迎の言葉