Loading…
10/10(土)、10/17(土)に高校ラグビーの公式大会に出場しました。 初戦は36-5で勝利し、2戦目は0-19で惜しくも敗れてしまいました。 3年生にとっては最後の大会となり、2先生に後を託しました。

 向陽高校ラグビー部です!

 不定期更新で向陽高校ラグビー部及びラグビーの紹介をしていきたいと思います!

 向陽高校ラグビー部は創部44年の歴史ある部で、これまでに様々な分野で活躍する先輩方を輩出してきました。

 近年では、近畿公立校大会で準優勝、また、全国大会京都府予選でベスト8に入るなど、メンバーのほとんどが高校から始めた初心者のチームとしてまずまずの戦績をおさめています。現部員たちも、この記録に満足せず、さらに上を目指し日々努力を重ねています。

 今年の瀧野組は少人数ですが、練習にまじめに取り組み、何か一つ武器を持つ選手がそろっています。このコロナウイルスの猛威が収まった暁には、ぜひ、応援をお願いしたいと思います。

 さて、ラグビーは2019年のラグビーワールドカップで皆さんの印象に強く残ったとも思いますが、非常に激しいスポーツです。ですが、その競技特性と、No Sideの精神などから、「少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を抱かせるスポーツ」だと評されています。

 1チーム15人という選手の多さ、各ポジションに求められる特性の多様さ、試合中のコミュニケーションの重要性、チームのために身体を張ること、そして本来は試合中に監督からの指示がなく、選手だけで判断が必要になるなど、社会で活躍するために必要な要素を持っているのがラグビーという競技です。

 少しずつ、ラグビーの魅力、そして向陽高校ラグビー部の魅力をお伝えできるよう、更新していきますので、ぜひ今後もラグビー部の記事に目を通してみて下さい。

 向陽高校ラグビー部を今後もよろしくお願いします。

ラグビー部顧問