Loading…

京都府立向陽高等学校のホームページを御覧いただきありがとうございます。


昨年度以来、新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延する中、再び新しい年度を迎えることになりました。

この間、生徒達は、学校行事や部活動をはじめ様々な教育活動の自粛を経験し、不自由な学校生活を余儀なくされてきました。しかしながら、臨時休業中もネット上で教材を配信し、学習の遅れを生じさせない取組を行い、臨時休業が明けてからも、できる限り、教育活動を止めること無く、経験を積み重ねることによって、生きる力を育む取組を行ってきました。その様子は、このホームページやツィッターにて御覧いただけますので、覗いていただけたら幸いです。


♪ 目をみはり なおみはり みつめえぬものに向かって

♪ 問いかけて なお問うて こたええぬもの深みを


間宮芳生作曲、谷川俊太郎の詞になる本校の校歌の一節です。


47年前の開校当時に作られたこの歌詞は、現在でも色褪せることなく、将来を見通すことが難しいこれからの世の中を力強く生き抜く若者の姿を表現しているようです。


本校は、長岡京跡の歴史的環境に恵まれた向日市に位置し、開校以来、部活動が盛んで、多くの部が全国大会や近畿大会等への出場を果たし、3つの競技で4人の全国優勝者も輩出しています。

昨年度は多くの大会が中止される事態ではありましたが、自転車競技部や体操競技部、合唱部が全国大会に出場し、自転車競技部では2年生山岸正汰君が選抜大会個人ロードレースで8位に入賞するなど大いに活躍してくれました。


また、学習面では、地域の歴史や伝統文化に目を向けた探究的な学習に力を入れており、特に令和4年度からは、地元向日市の観光協会等とも連携し、まちの活性化に繋がる施策を提案するなどの、地域と密接に連携した探究活動を行うべく、準備を進めています。

一方、ボランティア活動においても、地域行事とりわけ第5向陽小学校との連携行事として小学生の下校状況を見守る「見守り隊」や、高校生が放課後小学生に勉強を教える「学習ボランティア」等に積極的に取り組んでいます。


さらに、従来から関西大学パイロット校として連携教育に取り組むとともに、向日市の地元企業である日本電産永守会長が理事長を務める京都先端科学大学とも連携しながら、京都、日本さらには世界に羽ばたいていけるような人材を育成できるよう日々の教育に取り組んでいます。


本年度も、本校教育に対し深い御理解と御支援・御協力をよろしくお願い申し上げます。


 令和3年4月1日
京都府立向陽高等学校
校 長  遠山 秀史