Loading…

6月9日(水)に、各学年人権学習を行いました。

第1学年は、講師に原清治氏(佛教大学  副学長・教育学部教授)をお迎えし、『ネット社会の歩き方』と題して、ネットモラルや情報リテラシーについて、講演していただきました。

身近な話題や、昨今のニュースを題材にした内容に、生徒も真剣に聞き入っていました。

また、第2学年はLGBTQに関する映像教材、第3学年は労働環境に関する映像教材を見て学びました。


本校体育館にて講師の方をお招きし、人権学習を行いました。

1年生は、京都府立盲学校から藤井 則之氏をお招きし、「視覚障がいと共に生きる社会」についてお話して頂きました。

3年生は、弁護士をされている毛利 崇氏をお招きし、「労働と基本的人権」についてお話して頂きました。

※2年生は、1月中頃に実施予定

生徒は、講師の方の実体験や思いを実際に聞いて、身近に潜む差別や人権問題について理解や認識を深めることができました。


10月26日、各分野の大学や専門学校から講師の方をお招きし、生徒は説明を受けたり模擬授業を体験したりしました。

生徒は自分の進路について理解を深めることができました。

10月22日(土)午後、本校にて学校公開を実施しました。

はじめに体育館にて学校説明会を行いました。

その後、部活動体験と個別相談会に分かれました。

次回は、11月12日(土)を予定しております。

部活動体験と個別相談会を行う予定です。

参加を希望される方は当ホームページのトップ画面に申込フォームがありますのでそちらから申込みください。




2学期始業式を実施しました。生徒は各教室でLive配信を見る形で参加しました。

校長からは、「2年余りにわたるコロナ禍で、リアルな国際交流が困難になっていることが、各地で起こる戦争や紛争の一因になっていることが考えられる。国際関係のみならず、身近なクラスメートや部活動のチームメートとの交流においても、SNSだけに頼るのではなく、リアルな対面でのコミュニケーションを心がけることが、お互いの深い理解につながり、向陽祭の成功にも欠かせないだろう。」との話がありました。

その後、校長室にて伝達表彰を行いました。

生徒は久しぶりの学校に緊張しながら真剣に話を聞いていました。

向日町警察署から講師の方をお招きし、薬物乱用について講義を行って頂きました。

高校生にとっても身近な問題となりつつある薬物の使用・乱用について、その依存性の怖さや健康への有害性について学びました。

さらに、薬物の乱用は、本人だけでなく家族や社会に深刻な影響を及ぼすことも学ぶことができました。

本日、1学期終業式を行いました。新型コロナウイルス感染症対策のため、TeamsでのLive配信にて実施しました。

生徒の皆さん、1学期はいかがだったでしょうか。しっかりと振り返っておいてください。

夏休みを計画的に過ごしましょう。


第一学年の生徒それぞれにiPadを配布致しました。

本日から、学校生活や家庭学習の様々な場面で活用してください。

皆さんがiPadと上手に付き合い、高校生活を豊かにしていくことを願っています。

助産師をされている柳川氏を講師としてお招きし、本校体育館にて「性感染症予防講演会」を実施しました。

講義を通じて、科学的に人間の発達を学んだり、デートDVについて理解し対等な人間関係の築き方について考えを深めたりすることができました。

また、性感染症、避妊、妊娠についての知識を学び、生徒の皆さんが自身の行動を考える機会になりました。

第2学年を対象に進路学習会を実施しました。

講師の方をお招きし、進路に関する講演をして頂いたほか、スマートフォンでの情報検索実習を行いました。

生徒は熱心に希望進路を実現するための計画を考えていました。

学習会を通じて、将来の自己実現のために高校生活の一日一日を大切に過ごしていこうという意識を深めることができました。

6月8日(水)に、各学年で人権学習を行いました。

第1学年は、講師に原清治氏(佛教大学  副学長・教育学部教授)をお迎えし、『ネット社会の歩き方』と題して、ネットモラルや情報リテラシーについて講演していただきました。

第2学年は、LGBTQに関する映画「彼らが本気で編むときは、」を視聴し自己と他者を尊重する大切さを学びました。

第3学年は、講師に生田武志氏をお迎えし、『貧困と野宿を考える』と題して貧困問題や共生社会の実現について講演をして頂きました。

第3学年向けに進路別説明会を実施しました。

子どもたちは希望する進路別に分かれて説明会に参加し、受験方法などの情報を収集していました。


5月11日(水)に昼休みパフォーマンス、通称 "昼パフォ" を行いました。

ハイレベルなパフォーマンスに演奏終了後は拍手喝采となりました。



第1学年を対象にコース・科目登選択説明会を行いました。

向陽高校では2年生進級時に「文理コース」と「文コース」にコースが分かれます。

教務部からコースの特徴や文理選択に関する説明がありました。

生徒たちは、メモを取ったり友達と相談したりしながら真剣に話を聞いていました。

第1学年対象の非行防止教室を体育館にて行いました。

京都府教育委員会から 伊藤 剛氏を招き、「ネット犯罪の現状とネットマナーについて」をテーマにメディアリテラシーを中心とした様々なお話をしていただきました。

SNS等の正しい使い方や危険性について学び、安全に楽しく学校生活を送れるように生徒たちはしっかりと先生の講義を聞いていました。


その後、向日町警察署から講師の方を招き、運動場にて「交通安全教室」を行いました。

自転車の安全な乗り方や走行時の危険性など、実際に自転車に乗りながら体験することができました。

生徒たちは、車の仕組みやブレーキ時の走行距離などの、交通安全に関わるお話を熱心に聞いていました。

本校体育館にて、在校生が新入生に向陽高校の学校生活や生徒会の活動や部活動の紹介をしました。

プロジェクターを使って動画を流したり、ステージでダンスや生演奏を披露したりして場を盛り上げてくれました。

向陽高校には楽しくて優しい先輩がたくさんいますので、遠慮せずに色々な活動に参加してくださいね。

みなさんが少しでも充実した学校生活を送れるようにお祈りしております。

4月8日(金)、令和4年入学式を挙行しました。

澄み渡る青空の下、真新しい制服に身を包んだ200名の新入生は、少し緊張した表情で式に臨みました。

高校生活の3年間を充実したものにするために、一人ひとりが積極的・主体的に様々なことに挑戦して欲しいと思います。

学校も、皆さんの夢を叶えるために、全力でサポートしていきます。

これから3年間、ともに頑張りましょう!

4月8日(金)、令和4年度着任式・1学期始業式を本校体育館で実施しました。

校長からは「コロナ禍において、できないことに気を取られてしまいがちだが、その中で出来ることを見つけ、それを工夫により増やしていくという、プラスの目線を大切にして欲しい」との話がありました。また、教務部長からは「自分の頭で考えること」の大切さについての話がありました。

久しぶりの体育館での集会ということもあり、生徒は厳粛な中で真剣に話を聞いていました。

令和4年3月18日に令和3年度3学期終業式を執り行いました。

Teamsによる終業式を各ホームルーム教室で行い、校長先生と進路指導部長の訓話を聞きました。

校長先生からは、勉学だけでなく日常の様々な取組から自分自身の成長ができるように学び続ける大切さが、「生涯学習」の話を通して伝えられました。

進路指導部長の勝田先生からは、今年度の現時点での進路実績の報告がありました。また、「自分に与えられた役割に真剣に、本気で取組むことによって、社会で必要とされる力を身につけることができる」と、生徒を鼓舞する言葉がありました。

その後、今年度最も本を借りた生徒に対して、校長先生から多読賞が授与されました。

また、全国大会出場を決めた自転車競技部の壮行会も行われました。

令和4年3月1日(火)に第45回卒業証書授与式を厳粛に執り行いました。

今年度も新型コロナウイルス感染症の拡大予防の観点から、マスク着用のもと時間短縮し、参加人数も制限して実施することとなりました。

式が始まるまで、保護者の方々には、生徒たちが3年間向陽高校で歩んできた軌跡をムービーで見ていただきました。

校長先生が式辞で「自分の頭で考え行動し、目の前にある壁を踏み台として飛び越え、さらなる成長・飛躍をしていってほしい」と述べられたように、前向きに逆境を乗り越えていく逞しい人間としてこれから生きていってほしいと願っています。

卒業式後の表彰式では皆勤賞13名、成績優秀賞1名が表彰されました。

さらに、サプライズとして、本校の卒業生である「三代目J SOUL BROTHERS」の山下健二郎氏からの卒業生に向けたビデオレターが映し出され、会場は驚きと歓喜に包まれました。

保護者の皆様も御参列いただき、ありがとうございました。

卒業生のこれからの活躍を教職員一同願っています。

卒業証書授与
卒業生答辞
皆勤賞表彰
成績優秀賞表彰
華道部による卒業生への作品