SAGANO BLOG >> 記事詳細

2019/11/26

ビクトリアジュニアカレッジ

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
11月26日(火)、シンガポール月間最後の訪問校、ビクトリアジュニアカレッジから男女併せて23名の高校生と引率の先生3名が2日間に渡る交流のために来校されました。

同校の訪問は2015年に続いて2回目です。

初日となる今日は午後の到着からすぐにオリエンテーションに入り、本校の京都こすもす専修コースのスーパーサイエンスラボの「校有林調査ラボ」の野外実習に参加しました。

  


  
本校生徒たちは、日頃行っている調査の内容や研究手法について英語で説明しました。

校有林の行き帰りは、秋の京都を満喫しつつ歩きました。
  

二日目、午前中の交流授業では、本校生徒たちに交じってパーラメンタリーディベートと文化紹介を行いました。
ディベートのモーションは今回、
「学校では生徒のスマートフォン使用を禁止すべきか」
という、本校生徒たちには非常に関心あるものでした。
(引率の先生に伺ったところ
「シンガポールでは、そもそも議論の対象にもなっていません」
とのことでしたが)


              

文化紹介活動の冒頭では、ビクトリア生3人が前に出て、マレー語・中国語・英語で美しい歌声を聞かせてくれました。

彼女たちは、コーラス部に所属しているそうで、国際交流委員とのランチの席でも英語の挨拶の後、日本語で「天空の城ラピュタ」のエンディングテーマで澄んだ歌声を披露してくれました。
 
 
  
 
 


将来、本校生徒が、シンガポールで皆さんと交流できるよう、計画していきます。

17:34 | SSH
 

カウンタ

1097474