SAGANO BLOG >> 記事詳細

2015/08/10

サマーセミナー 人文科学フィールドワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

平成27年7月28日()

仁和寺御室会館にて1年生のサマーセミナー『人文科学フィールドワーク』を実施しました。

京都こすもす科共修コース、普通科共修コースの1年生のうち、41名が参加しました。

このフィールドワークは伝統文化の体験を通じて、人文科学に関する教養や識見を深めることを目的としています。

午前中は、「仁和寺講話」「聞香体験」「茶席体験」「仁和寺フィールドワーク」を行いました。

まず、仁和寺の僧侶の方から、仁和寺の歴史、仏教の概要、修行のあり方について御講話をいただきました。
そして、「聞香体験」では、香道や香木の歴史を学ぶとともに、全員で「香りの違いを聞き比べ」を行い、香木の香りを深く味わいました。




「茶席体験」では、茶道の歴史、礼儀の意味、茶碗の味わい方を学び、落ち着いた心でお茶をいただくことの面白さ、難しさを知りました。


「仁和寺フィールドワーク」では仁和寺内の建物を調査し、歴史的建造物に隠された意味について考えました。


午後からは、「狂言ワークショップ」「伝統文化について調査発表」を行いました。
「狂言ワークショップ」では茂山狂言会の方から、実際に狂言の演目「附子」を見せていただくとともに、狂言の身体の動かし方、笑い方・泣き方を教えていただきました。




「伝統文化についての調査発表」では、8グループにわかれて「仁和寺・狂言・香道・茶道」について調べ、発表を行い、「体験したことをさらに深め発信していく」ということを学びました。





08:05 | SGH
 

カウンタ

897387