SAGANO BLOG >> 記事詳細

2016/06/14

SGH 「英語による課題研究発表会―SAGANO GLOBAL PRESENTATION 2016―」

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

SGH「英語による課題研究発表会

SAGANO GLOBAL PRESENTATION 2016ー




610()3年生の京都こすもす科共修コース及び普通科の生徒245名が2年次に行った課題研究の内容を英語で発表し、英語による質疑応答を行いました。当日は、交流校である米国フロリダ州のJupiter High Schoolから4名の女子生徒とフランク校長先生御夫妻、ラムジー先生が来日中であり、発表や質疑応答に参加しました。15教室が会場となり、各教室には、現在課題研究を行っている2年生245名に加えて、立命館大学・京都学園大学・龍谷大学等の留学生17名も見学・質疑に参加しました。アジア、ヨーロッパ、アフリカといった多様な地域出身の留学生からの質問に英語で応答することは生徒にとって大きな挑戦でした。グループで協力しながら行った13分間の発表の後は生徒たちに笑顔が見られました。





開始前の緊張のひととき。留学生も着席しています。


司会進行・タイムキーパーも生徒が交代で行いました。

 

プレゼンテーション開始

見学者も真剣に聞いています。

 

英語での質問にも一生懸命答えました。



交流校のJupiter High Schoolの生徒も発表しました。



20:49 | SGH
 

カウンタ

812485