SAGANO BLOG >> 記事詳細

2014/08/19

社会科学フィールドワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

平成26年7月29日(火)、1年生のサマーセミナーの一環として、社会科学フィールドワークを実施しました。
京都こすもす科共修コース、普通科共修コースの1年生のうち41名が参加し、京都地方裁判所・京都弁護士会の御協力により、法律や裁判について学びました。
午前中は、京都地方裁判所の法廷を見学するとともに、公判を傍聴しました。民事事件で証人尋問の様子を見聞きしたほか、刑事事件の判決言渡しに立ち会いました。
 午後には、弁護士の先生方から御指導をいただき、模擬裁判に取り組みました。物証や証言にもとづいて、被告人が犯人であるといえるかどうか検討することを通じて、無罪推定の原則(「疑わしきは被告人の利益に」)など、法律的・論理的な考え方を体験しました。根拠となる事実と、それに基づく推論とに仕分けしながら考えてゆくことは、実際にやってみると、なかなか難しいものでした。
最後に、数人ずつのグループに分かれて法律事務所を訪問し、弁護士という仕事のやり甲斐や御苦心、また、どのような勉強が必要かなどについてお話を伺いました。




08:55 | SGH
 

カウンタ

810853