SAGANO BLOG >> 記事詳細

2015/05/29

嵯峨野高等学校SGHカナダケベック研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

嵯峨野高校生8名(2年生)が、318日~25日までカナダのケベック州のケベック市とモントリオールを訪れ、課題研究を行いました

「京都の未来の環境に関して、持続可能な発展のビジョンを策定し、実現のための具体的提案を行う」というタスクに取り組むため、アイディアやインスピレーションを得ることをねらいとしました。

(1)ロシュベル高校(ケベック市)で、「日本の自然の恵み」、「京都の文化Cool Kyoto」についてプレゼンテーション(英語)を行い、ロシュベル高校生とラバール大学生とディスカションしました。



2)在モントリオール日本総領事館の新井総領事(写真中央)、
   ロシュベル高校生、ラバール大学生と共に記念写真


(3)レジーナアッサンプタ校(モントリオール市内、私立)でプレゼンやディスカションを行いました。




(4)日本文化を学ぶ機会として、折り紙の鶴にチャレンジしました。


(5)トラファルガー女子校(英語系、モントリオール市)訪問しました。



(6) ラバール大学森林科学部の研究棟を訪問し、モデルフォレスト運動や森林について学びました。

(7)
 
北米の数少ない歴史都市・ケベック市の建造物等の保存と開発について学びました。






(8)ケベック市のシンボルのシャトーフロンテナック(市内フィールドワーク)


(9)モントリオールヘリテージ協会のDinu Bumbaruさんから市の文化遺産について説明を熱心に聞く




(10)北米トップレベルのマギル大学(英語系大学、モントリオール市)を訪問しました。



(11)ケベック州教育省を訪問しました。
教育担当副大臣を表敬訪問しました。また、ケベック州の持続可能な開発の取り組みについての説明を聞き、質疑応答を行いました。


(12)モントリオール総領事館の総領事新井氏を囲んで(アイスホテルにて)


08:13 | SGH
 

カウンタ

809680