SAGANO BLOG >> 記事詳細

2021/12/21

韓国 Gok-seong(コクソン)高校との交流事業

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
本校では、オンラインによる国際交流を積極的に行っています。今回は韓国にあるGok-seong(コクソン)高校との交流を紹介します。今年度からご縁ができた学校です。以前紹介した第1回目の交流(10月20日実施)に続き、第2回を11月に、第3回を12月にそれぞれ実施しました。

 

11月9日は、前回と同じメンバー同士がブレイクアウトルームで、お互いの学校について英語で紹介しました。本校の生徒たちは、GI(Global Interaction)の授業で作成した本校についてのプレゼン資料やこの日のために準備したスライドを使用しながら、授業や学校行事、制服、時間割などを紹介しました。また、Gok-seong高校の皆さんからも学校紹介のプレゼンがあり、韓国と日本の高校生活の違いを学びながら、文化や社会の違いや共通点について英語で話し合うことができました。生徒たちは前回以上に積極的に話している様子で、有意義かつ楽しい時間を過ごすことができたようでした。

 

12月13日には、新しいグループで交流しました。この日のテーマは「互いの国や住む地域の伝統文化について」でした。本校の生徒たちは各自が調べた日本の伝統文化、食文化、京都の行事などについて英語でプレゼンを行いました。また、Gok-seong高校の皆さんからも韓国の文化やGok-seongの名産などについて発表がありました。お互いに発表に関する質問や意見交換をして、時間いっぱい交流活動を楽しんでいました。この日の交流をもって、今年度のGok-seong高校との交流は終了となりました。

 

今回主体的に参加した生徒たちは、英語での会話を楽しむだけでなく、高校生活や日本の文化を英語で伝えたり、韓国の生活や文化についての理解を深めたりと、様々な経験を積む機会となりました。
本校では今後も様々な海外の学校との交流事業を通じて、生徒たちが実際に英語を使用する機会を設けると共に、生徒たちがグローバル社会の一員であるという実感を持って、多様な学びを得られるような実践を行って参ります。

 


08:11 | 国際交流(SSH除く)
 

カウンタ

1534543