SAGANO BLOG >> 記事詳細

2018/02/26

小学生向けワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

2月24日(土)午前、常磐野小学校の4・5・6年生28名を本校に招いて、小学生向けワークショップを行いました。全学年共通メニューとして「プラネタリウム」を鑑賞し、4年生は「ちりめんモンスターを探せ」、5、6年生は「光と色」にそれぞれ取り組みました。当日は本校生徒が事前に計画、準備してきた内容で行い、活躍してくれました。


「プラネタリウム」では、地学実験室のプラネタリウム装置を用いて、星の動きや星座について学びました。質問タイムでは、たくさんの質問が出てきて、盛り上がりました。

  

「ちりめんモンスターを探せ」では、ちりめんじゃこの中に混ざっている様々な海洋生物を探しました。参加した児童は、夢中で小さなカニやイカを探しながら、生物の多様性や外見の違いを学びました。
 


「光と色」では、回折格子フィルムで蛍光灯や電球の光を分けたり、黄色の光しかない世界では物体の色がどのように見えるのかなどの体験を通して、光と色の関係を学びました。また、紫外線や赤外線など眼には見えない光もいくつかの道具や物質を介すれば見えることを知り、光の未知の部分に触れることができました。
 


19:25 | SSH
 

カウンタ

815116