SAGANO BLOG >> 記事詳細

2020/02/14

情報の科学の取組①「ビブリオバトル」

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

1年生の「情報の科学」の授業では、説得力のあるプレゼンテーション能力を身に付けることを目的として、2学期の後半に各クラスでビブリオバトル(他の人に本の紹介をする)を実施しました。8人1グループとなり、図書館等で予選を行い、各グループで最も評価の高かった人が決勝に進出しました。

 

発表は4分間で行いました。皆熱心に取り組み、思わずひきつけられる発表が多くありました。


  

 
 

 


各クラスごとの決勝はCAI教室(コンピュータ教室)で行いました。身振り手振りや話し方に気を配ったり、ユーモアを交えたりするなどさすが決勝進出者!と思わせる発表が多く見られました。また、クイズをしたりホワイトボードを使ったりするなどの創意工夫も見られました。決勝で最も評価の高かった人がクラス優勝に輝き、表彰状が授与されました。

  

  

 

 

 

2学期当初に学習した文書作成の技術を活用して、本の紹介文の作成に取り組みました。その際作成した紹介文のうち、各クラスの決勝進出者のものをまとめたファイルを図書館に展示する予定です。機会があれば是非御覧ください。

 

現在、「情報の科学」の授業では、SDGs(持続可能な開発のための目標)をテーマにグループで課題研究に取り組んでいます。各クラスで最も評価の高いグループは3月中旬に実施予定の「情報の科学合同発表会」でクラス代表として、学年全体の前で発表することになっています。その様子を後日お届けいたします。
09:05
 

カウンタ

995747