SAGANO BLOG >> 記事詳細

2014/09/11

嵯峨野高校HLABコラボレーションプログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者


8月24日、25日に、嵯峨野高校・HLABコラボレーションプログラムが実施されました。

本プログラムは、米国ハーバード大学などの海外トップ大学の学生や、日本の大学で学ぶ日英バイリンガルの学生たちと日本の高校生が、フィールドワークを通して嵯峨・嵐山の自然や環境、歴史・伝統・文化に触れて、ディスカッションを通して嵯峨・嵐山の未来へのビジョンを策定するものです。

本校からは70名の生徒が、またSGHアソシエイト校である鳥羽高校からは4名の生徒が参加しました。

内容は以下の通りです。

(8月24日)ワークショップ「国際的な大学での学びとリサーチの方法」

宇多野ユースホステルで行われた、パネルディスカッションとグループディスカッションの様子。

写真

(8月25日)日本文化レクチャー:天龍寺での座禅体験


天龍寺の僧トーマス・カシューナーさんに日本文化についてお話を伺いました。
UNESCO世界遺産に登録されている庭園の説明を聞きました。


嵐山フィールドワーク



各グループに分かれて、与えられたタスクを協力して解決してゆきます。


グループディスカッション:「持続可能な発展ができる嵐山の未来ビジョンの策定とその実現方法の提言」


午前中のフィールドワークを振り返り、大学生と話し合いをしてポスター発表の準備を行います。


各グループからの報告及び表彰


 


17:05 | SGH
 

カウンタ

911081