SAGANO BLOG >> 記事詳細

2015/08/12

国際関係ラボ-アカデミックラボ-

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

国際関係ラボでは1学期、22名の生徒たちが各国の大使になって国際問題について会議を行う「模擬国連」を3回実施しました。
一つの国際問題を取り上げ、生徒たちは担当する国をリサーチし、
2
分間スピーチや他国大使と交渉を行い、決議案を作成しました。
一つの国際問題を、様々な国の立場から考察することで、その要因の複雑さを知るとともに、あらゆる角度から課題解決を行う方法を学習しました。
2学期以降は、「模擬国連」を実施するとともに、グループに分かれて、国際問題を取り上げ、論文を作成することや、ポスター発表の準備を行う予定です。





09:28 | SGH
 

カウンタ

881290