SAGANO BLOG >> 記事詳細

2019/02/26

京都府立大学訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

224(日)、京都こすもす科専修コース校有林調査ラボ所属の生徒4名が京都府立大学に在学する本校の卒業生3名を訪ねました。今回の訪問は、個々の研究の内容を英語で発表し、内容について質疑応答することが目的です。4名の生徒は、3月にカナダケベック森林プログラムに参加し現地で校有林を題材にした研究について発表します。

それぞれの発表タイトルは、

Drying of Wood after Soaking inWater

Considering the recent landslide disastersin Japan

The Roles of Clay Minerals in thePedosphere of the WFS

Maintenance of Walkways in WFS 

Health Estimation of the Wood in theWFS From a tree ring’s point of view

です。

  

 卒業生の研究分野は、森林・土壌・有機化学と幅が広く、後輩の研究に適切なアドバイスを頂きました。生徒は、発表が進むにつれ緊張が解け、生徒全員が議論に参加することができました。

生徒は今回の経験をもとに、ケベックで発表するスライドづくりに入ります。

発表終了後、土壌化学研究室の機器分析室を見学させて頂きました。普段見ることのない最先端の機器に興味津々の生徒の姿が印象的でした。

 


最後になりましたが、交流場所を提供して頂いた京都府立大学教授 矢内純太 先生、有り難う御座いました。



13:39 | SSH
 

カウンタ

1348492