SAGANO BLOG >> 記事詳細

2018/03/23

情報の科学「合同発表会」

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

1年生の情報の科学の授業では、12月~3月上旬にかけて課題研究をグループで行い、「SDGs(持続可能な開発目標)」の17の目標のうち、自分たちが興味をもったテーマに関して研究を行いました。そして、研究内容の発表会を2月下旬~3月上旬に各クラス3回にわたって実施しました。その発表会で最も評価の高かった1グループをクラス代表として選出し、3月16日(金)に1年生全体の前で発表を行う「合同発表会」を実施しました。各クラスのテーマは以下のとおりです。
 

1組 ‘FAIRTRADE’を広める                     2組 GGIから迫るジェンダー問題

 

 

3組 海洋酸性化の影響とその対策                 4組 琵琶湖のシビアな現実。

 

 

5組 経済格差と平等                    6組 女性識字率と乳児死亡率に関係はあるのか

 

 

7組 女性の政治参画について~課題と改善~          8組 住み続けられるまちづくりを

 

審査の結果、6組が最優秀賞、4組と5組が優秀賞に輝きました。おめでとうございます。授賞クラスはもちろん、どのクラスもクラス代表にふさわしい素晴らしい発表でした。

1年生の情報で学んだことを2年生以降のアカデミックラボやスーパーサイエンスラボなどの探究学習で活かしていってほしいと思います。

 

ここからは合同発表会までの様子をお伝えします。

合同発表会の前日にはリハーサルを実施しました。各クラスとも入念に練習していました。

 

 

クラス発表会の様子です。代表に選ばれたグループ以外も素晴らしい発表がたくさんあり、どのグループもよく頑張ってくれました。

 

質疑応答の様子です。中には教員も驚くような鋭い質問も出ましたが、想定される質問もしっかり考えていたようで落ち着いて答えているグループも多く見られました。

 


16:36 | SGH
 

カウンタ

814080