SAGANO BLOG >> 記事詳細

2020/12/04

アジアサイエンスリサーチプロジェクト(ASRP)

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
 11月21日から22日、京都府立丹後海と星の見える丘公園を舞台に、SSH重点枠事業としてアジアサイエンスリサーチプロジェクト(ASRP)の本調査が行われました。参加生徒はスーパーサイエンスネットワーク(SSN)京都校から5校35名、嵯峨野高校からはサイエンス部と校有林調査ラボの生徒11名がスチューデントアシスタント(SA)として参加しました。また、校有林調査ラボの卒業生4名がティーチングアシスタント(TA)として、指導・助言にあたりました。

 “自然を測ろう”“研究の作法を学ぼう”をコンセプトに始まった本プロジェクト、参加者は10月の事前調査および南部巡検、11月の北部巡検の経験を活かして、自ら研究テーマを設定しました。
研究テーマは、「どろ団子の光る謎を解く」「土壌がもつ水源涵養機能の解明」「地形と土壌pH」「土壌物理性と土壌透水係数」「ササ (Sasa veitchii)の地下茎密度と土壌物理性」です。調査を実施するSSN京都5校の生徒を嵯峨野のSAとTAが完全バックアップします。
すべての研究チームに無線機が配備され、調査本部への「かくれんぼう(確認、連絡、報告)」がなされます。

 総重量約500kgの調査機材
開会式                                総重量約500kgの調査機材

 チーム毎に調査手順の確認
調査機材に関するレクチャー                     チーム毎に調査手順の確認

14haの森林に入山 土壌の掘り返し
14haの森林に入山                          土壌の掘り返し

土壌透水性調査 土壌貫入強度調査
土壌透水調査                            土壌貫入強度調査

サンプリングと同時並行で化学分析
サンプリングと同時並行で化学分析

全員が時間を忘れて、調査や分析に没頭し、日没前に終了しました。宿泊は、京都府立青少年海洋センターマリーンピア。対岸に調査地点の森林が見えます。
京都府立青少年海洋センターマリーンピア 調査地点

マリーンピア所長からの挨拶 調査後のミーティング
マリーンピア所長からの挨拶                      調査後のミーティング

当日の反省から翌日の行程の組み立て 集合写真
当日の反省から翌日の行程の組み立て                  集合写真(撮影用にマスクを外しています)

2日目開始。教員ももちろん、手伝います。
 
 採取試料の確認
高度な分析も現地で実施                        採取試料の確認

閉会式
何とか予定を終え、閉会式

 嵯峨野のSAおよびTAともに、機材の準備、研究テーマから調査まで、他校の生徒の研究探究活動のアシスタントができていました。この経験を自らの課題探究活動に活かしていきます。

参加生徒は、今後研究データをまとめ、次年度の「みやこサイエンスフェスタ」での発表をはじめ、各種学術団体での発表に挑みます。



11:12 | SSH
 

カウンタ

1192428