SAGANO BLOG >> 記事詳細

2020/05/14

中学生の皆さんへ~ブログde学校紹介~ Part6 理科施設2

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

前回に引き続き、理科施設の紹介をします。

今回は地学と物理です。

地学実験室にはプラネタリウムと地球科学に関する実験器具、標本(化石・鉱物・岩石)、天体観測機器等があります。

  

プラネタリウム(直径4m、40人収容)                      鉱物と岩石の標本

気象観測室には、「天体望遠鏡」、「3Dプリンター」等を備えています。
 

    天体望遠鏡                                         3Dプリンター                                     



物理実験室には「光学台」を始め、物質の運動・構造、熱・光・音・電磁気(でんじき)の作用に関する実験器具・測定器等を置いています。


   光学台

分光室(ぶんこうしつ)には「スペクトロメイトシステム」等があり、光を分析することができます。他にも電気信号を波形として表示する「オシロスコープ」等があります。
   

スペクトロメイトシステム                                    オシロスコープ(波形測定器)

 

電子X線室には「ミリカン電気素量測定器」や「電子の比電荷測定器」、「X線装置」があり、電子に関する実験を行えます。

                                              

ミリカン電気素量測定器(みりかんでんきそりょうそくていき)   電子の比電荷測定器(でんしのひでんかそくていき)

2回に分けて理科施設を紹介しました。

実験室や実習部屋にあるこれらの実験器具や研究機器等は、授業内での実験を始め、探究的な学習(本校ではラボと呼ばれています)等で使用されています。

これらがあることで研究対象の幅が広がり、様々な手法で実験を円滑に進める事ができます。



08:58 | 中学生向け
 

カウンタ

1052713