SAGANO BLOG >> 記事詳細

2019/09/25

卒業生からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
9月19日(木)

LHRの時間を使って、1年生を対象に卒業生講話を行いました。


 

 

大学3回生から大学院修士課程2回生まで13人の卒業生が、大学での研究内容や授業の様子、
大学生活等について話をしてくれました。

「学問分野を超えて学ばないと解決できない問題もたくさんある。」

「人生は選択の連続なので、どんな選択があるかを知っておくことが大事。」

「興味がなかったことでも、やってみると面白いかもしれない。」

 



 

卒業生の話のあとは、質問タイム。

「大学・学部・学科を決定した時期はいつ頃ですか?」

「研究分野に関して、将来の夢・野望はありますか?」

「高校時代の学習で心がけていたことは何ですか?」

「高校時代にやっておいた方がよいことはありますか?」

様々な質問が出ましたが、卒業生は自らの体験談を交えながら丁寧に答えてくれていました。


 

 

「〇〇学部は想像していたものと違っていた。」

「これまで以上に△△学部に行きたくなった。」

「◇◇大学や※※学部についてもっと調べてみようと思った。」

「勉強をもっと頑張らなければならないと思った。」

嵯峨野高校で過ごした卒業生の話は、生徒たちにとって進路について考えるよい機会となったのではないでしょうか。


また、卒業生にとっても貴重な経験となったようです。

「自分の研究内容を高校生に伝えることはあまりないので新鮮だった。」

「自分の高校時代の思い出がよみがえってきた。」

「たくさんの質問が出てきてびっくりした。」

協力してくれた卒業生の皆さん、ありがとうございました。

08:30 | 日々の様子
 

カウンタ

925130