SAGANO BLOG
12345
2021/11/22new

中学2年生対象説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

11月20・21日に本校にて「中学2年生対象説明会」を開催しました。

 

検温、消毒、換気、飛沫防止シート設置等の感染防止対策を行った上での開催です。

本校の教育内容の説明や生徒による学校生活についてのプレゼンテーション、ラボ発表の後、施設見学や個別相談等を実施しました。

 

 

 

全体会の様子                                                                                             誘導係(広報委員)


 

広報委員が施設の解説をしている様子①               広報委員が施設の解説をしている様子②


 

クラブ紹介動画を流しています。                 広報委員による個別相談



ご来校いただき、誠にありがとうございました。

次回は、1211日個別相談会を開催予定です。

 



15:32 | 学校行事
2021/11/15

芸術の秋~美術部・デザイン工芸部の活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
芸術の秋です。
美術部・デザイン工芸部も秋は1年で一番忙しく、充実した時間を送っています。


● 京総文に参加
10月30,31日にみやこめっせ地下1階の日図デザイン博物館で「京都府高等学校総合文化祭美術・工芸部門」の作品展が実施されました。
本校美術部・デザイン工芸部からは13名ずつ、計26名の生徒が作品を出展しました。
1学期からコツコツと制作した作品です。今年は緊急事態宣言の発令もあり、十分な制作期間を確保できませんでしたが、なんとか作品を完成させることができました。
 
美術部員の絵画作品。高校生らしい瑞々しい感性です。
 
デザイン工芸部では、ステンドグラスや漆芸、陶芸、染色の作品を出展しました。
根気強く1つ1つの工程を進めてきました。

京総文出展作品の審査が行われ、本校からは次年度の近畿高等学校総合文化祭に京都府代表7名のうち、3名(美術部1名、デザイン工芸部2名)が選出されました!
年が明けたら近畿総文に向けて作品制作を行います。また素敵な作品を作ってくれることを期待しています!

● 令和3年度第41回近畿高等学校総合文化祭滋賀大会出場!
11月13日14日に滋賀県近江八幡で行われた近畿総文美術・工芸部門にデザイン工芸部の3年生が出場しました。
13日に関連行事が行われ、午前は建築家 藤森照信氏設計のラ・コリーナ近江八幡の施設見学に参加しました。
ラ・コリーナのスタッフの方の解説をイヤホンで聴きながら建築を隅々まで鑑賞。一般公開されていない社屋も見学させていただきました。
 

午後からは場所を移し、ヴォーリス学園近江兄弟社高等学校で開会式と建築家 藤森照信さんのオンライン講演会を聴講しました。
その後、近江八幡市街に移動し、近畿代表として各府県から集まった作品をグループで鑑賞しました。
自分の作品を各府県の代表生徒の皆さんに説明したり、感想を頂いたり交流しました。




秋晴れの気持ちの良い日に建築と美術をじっくり堪能できました。


● 校有林に陶土サンプリング、材木探しへ
11月6日土曜日には、美術部、デザイン工芸部で校有林へ出向き、3学期の活動で使用する陶土や材木を採取しに行きました。

理科の谷口先生から、校有林の土壌や陶土についてレクチャーを受けています。

交代で土を掘ります。

木工に使えそうな木材を切っています。

今回持ち帰った材料は、陶芸でスープカップ、木工でスプーンを制作する予定です。
ものづくりは素材の恵みがあるからこそできることです。校有林での素材を大切に使っていきたいと思います。


15:08 | 部活動
2021/11/13

令和3年度みやびサイエンスフェスタ

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
 11月13日(土)ルビノ京都堀川を会場に、SSH重点枠事業「みやびサイエンスフェスタ」が京都府教育委員会・京都府立嵯峨野高等学校主催により開催されました。日頃、自然科学探究活動を行っている生徒が、研究成果に関するポスター及び動画を作成して発表しました。今年は、京都府立高校のSSH指定校と、SSN(スーパーサイエンスネットワーク京都)校のうち南部6校、園部高校、北嵯峨高校の計8校、ポスター数83件の発表となりました。
 

 
 
 感染拡大対策を徹底した上で、生徒は発表者のみの来場としました。また、LINC BizというWEBプラットフォームを用いて、事前に研究成果のポスターと動画を閲覧できるようにし、当日会場では質疑応答のみ行いました。

 



 対面・オンラインともに、多数の人と活発に議論を交わすことができ、非常に有意義な活動となりました。来年6月の最終発表に向けて、今後一層研究を進めていきます。

 また、11月13日当日の午前には、京都府立洛北高等学校、桃山高等学校と合同で、3校合同SSH成果報告会を開催しました。全国より多数の視察者が来られ、今後のSSH事業をより充実させるにあたって、様々な御意見をいただきました。

10:07 | SSH
2021/11/13

令和3年度京都マス・ガーデン

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
11月13日(土)の10時から12時までの日程で、西陣織会館を会場として、SSH重点枠事業「令和3年度京都マス・ガーデン」を実施しました。

これはスーパーサイエンスネットワーク(SSN)京都の関係校の生徒達による、数学の課題研究についての中間発表会です。

府立高校7校から25本の発表があり、関係生徒約70名が参加しました。

内容は、中間発表としてのポスターセッションですが、今年は初の試みとしてオンラインと対面とのハイブリッド形式で開催しました。

各校の参加者は事前にオンライン上へポスターデータと発表の動画(音声)を掲載し、事前にお互いの発表を確認してから、会場へ集まって対面で質疑応答を行いました。

会場では非常に活発な質疑応答が行われ、進行担当が休憩や終了の合図をかけにくくて困るほど、大変な盛り上がりでした。

7月の「マス・スプラウト」において探究テーマについての交流をしたこと、事前に発表をオンラインで確認してから臨んだことで、お互いに内容を知った上で、中身の濃い交流ができたのではないかと思います。

さらに、高校生同士だけではなく、京都大学の大学院生、各大学の研究者の先生方、全国のSSH関係校から視察に来られた高校の先生方も、オンライン・対面ともに質疑に加わっていただきましたので、参加生徒にとっては非常に充実した取組となりました。

併せて、高校教員対象の教員研修会も実施し、探究活動の評価について、各校の取組等を交流する時間も設定しました。


■開会行事の挨拶。フロア全体に分散して実施しました。

 


■質疑応答の様子です。質問したいと思っても順番待ちになるポスターもたくさん!

 


■こちらは、隣の部屋で実施した教員研修の様子です。





今回のポスターセッションによる交流を経て、これからの探究がマスマス深まることでしょう!

10:00 | SSH
2021/11/11

嵯峨野高校狂言の会 開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
嵯峨野高校狂言部では、来る12月12日(日)に、今年の「嵯峨野高校狂言の会」を開催します。

日時:令和3年12月12日(日) 午後2時開演
会場:冬青庵能舞台(京都市中京区両替町通夷川下ル、地下鉄「丸太町」「烏丸御池」駅から徒歩5分)
(リンク:冬青庵能舞台)
曲目:『土筆(つくづくし)』、『棒縛(ぼうしばり)』(以上嵯峨野高校生)、『寝音曲(ねおんぎょく)』(茂山狂言会 網谷正美先生、山下守之先生)
入場無料
 
公演の詳細は、下のリンク先のチラシをご覧ください。
 
感染対策を十分に実施しながら開催します。
・舞台と客席の間隔をとるため入場者数を40名に限ります。
・検温、換気、消毒、マスク・フェイスシールド着用などの対策を励行します。
 
感染対策のため、事前予約制とします。

嵯峨野高校生・御家族は、配布した参加申込書をホームルーム担任へお渡しください。

学校外の方は、メールアドレス sagano-hs@kyoto-be.ne.jp へ、次の要領でお申し込みください。
・メールの題名は「狂言の会申込み」としてください。
・メールの本文には、次の内容を記載してください。(個人情報は十分注意して管理いたします。)
(1) 参加を希望される人数
(2) 各自のお名前と万一の際の御連絡先(メールアドレスあるいは電話番号など)
(3) 返信先のメールアドレス

定員まで先着順により、整理券をお渡しします。メールで申し込まれた方には、メールで整理番号を返信します。当日、受付で整理券(整理番号)と座席指定券と引き換えます。
 
なお、当日、発熱や風邪症状がある場合は、恐れ入りますが入場を御遠慮ください。
 
現在、茂山千五郎先生の指導のもと、部員5人が張り切って稽古中です。ぜひご来場ください。
下の写真は昨年の嵯峨野高校狂言の会です。
 
狂言「清水」 狂言「呼声」


08:25 | 部活動
2021/11/09

オンライン国際交流

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

 コロナ禍に見舞われた昨年度から、本校では海外の連携校などと英語によるオンライン交流を行っています。今年度もこれまでに5カ国10校以上の学校と交流しました。今回は、11月5日に行われた交流活動についてご紹介します。

 11月5日(金)のGI(Global Interaction)の授業では、1年4組の生徒たちがシンガポールのHai Sing Catholic Schoolとの交流を行いました。2013年から相互に交流を行ってきた学校です。コロナ禍でお互いの行き来が叶わない中、オンラインでの交流を実現することができました。冒頭、Hai Sing Catholic Schoolの学校紹介映像の上映や同校の校長先生によるご挨拶があり、続いて本校の橋長校長先生もご挨拶されました。学校紹介の映像の中には本校を訪れてくれた際の懐かしい写真もありました。

 

 

 その後、複数のブレイクアウトルームに分かれ、生徒同士の英語での交流を行いました。この日の交流内容は、互いの国の若者文化を紹介し合うというものでした。1年4組の生徒たちは、GIの授業で作成した日本の若者文化について説明するプレゼンをグループごとに披露しました。オンラインでのプレゼンでは画面共有やマイクの調整など、対面のプレゼンには無い難しさがありますが、生徒たちはGIの授業で重ねてきた練習の成果を発揮して、充実した時間をすごしていました。

 
 


19:23
2021/10/29

オンライン国際交流

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

 コロナ禍に見舞われた昨年度から、本校では海外の連携校などと英語によるオンライン交流を行っています。今年度もこれまでに5カ国10校以上の学校と交流しました。今回は、929日、1019日に行われた交流活動についてご紹介します。

 

 929日(火)のGI(Global Interaction)の授業では、11組の生徒たちがシンガポールのYishun Town Secondary Schoolとの交流を行いました。生徒たちはペアになり、シンガポールの学生とのブレイクアウトセッションに参加しました。この日はシンガポールの友人たちに嵯峨野高校についてより知ってもらうべく、GIの授業で作成した嵯峨野高校に関するプレゼンを実施、教室のあちこちから英語で活発に話す声が聞こえてきました。

 
 


 また、1019日(火)のGIの授業では、13組の生徒たちがシンガポールのChung Cheng High Schoolとの交流を行いました。GIの授業では日本語禁止の環境で英語を使用するだけでなく、タブレット端末やPCでの作業も日々行っているので、学習用タブレットを駆使して写真を見せながらのオンライン交流もお手の物です。

    


 引き続き本校では、GIをはじめとする授業や課外活動における海外の学校とのオンライン交流を通じて、英語での生きたコミュニケーション能力を養うと共に、国際交流の楽しさを実感できる活動を進めていきます。


19:18 | 国際交流(SSH除く)
2021/10/29

第2学年 北海道研修旅行4日目10/28(木)

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
 4日目は、クラス毎に選択したコース(旭山動物園コース・白い恋人パークコース・洞爺湖有珠山コース)に行ってきました。旭山動物園では自然体の動物を見学でき、白い恋人パークコースではチョコレートのデコレーション体験、洞爺湖コースでは洞爺湖観光船や有珠山ロープウェイに乗りました。それぞれのコースで貴重な経験をすることができました。
 その後、新千歳空港に向かいました。すべての日程を終了し、無事京都に帰ってくることができました。

    

    
12:01 | 学校行事
2021/10/28

SSLⅠ 始めました

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
京都こすもす科専修コース1年生のスーパーサイエンスラボ(SSL)が先週からスタートしています。1年生は2~3学期にかけては「SSLⅠ」の中で、物・化・生・地の基礎実験を通じて基本技術を習得したり、各ラボ群の内容についてガイダンスを受けた後、自分の研究テーマについて検討することになります。
   
10:46
2021/10/27

嵯峨野高校第2学年 北海道研修旅行3日目10/27(水)

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

3日目は小樽・札幌で班別自主研修を行いました。各班が自ら計画をし,小樽・札幌で研修を行いました。また,班別自主研修では,Photo Contestを行いました。写真のテーマは「Thisis Hokkaido」でした。このテーマにふさわしい光景を見つけようと各班頑張っていました。





21:01 | 学校行事
12345
 

カウンタ

1406101