学校生活

技能検定試験 3級室内園芸装飾

草花コースでは2年生で技能検定(室内園芸装飾3級)に挑戦しています。学科試験を終え、実技試験が7月31日に実施されました。植物の配置・装飾方法を実践して整った装飾ができるよう技術を高めてきました。

日々の練習の成果が発揮され、良い結果に結びつくことを期待しています。

練習を重ねます
試験会場の様子

令和4年度 和牛審査競技会 結果

高校生が和牛の価値の判断を競う、「和牛審査競技会」が、7月29日、京丹後市の京都府農林水産技術センター畜産センター碇高原牧場で実施されました。

結果は、以下の通りです。

【最優秀】 2年 加藤 佐和子
【優 秀】 3年 平島 健陽  1年 伴 藍花  3年 山口 彰太  2年 小出 涼太  3年 亀田 聖琳

日々の実習における成果が発揮できました。入賞、おめでとう!

なお、最優秀の加藤さんは、10月7日に鹿児島県で開催される全国大会に出場します。全国大会でも頑張ってきてください。

京都府学校農業クラブ連盟大会 結果報告 

令和4年7月27日、ガレリア亀岡で京都府学校農業クラブ連盟大会が実施されました。

この大会は京都府の農業高校で取り組まれている、プロジェクト学習の発表(プロジェクト発表)と農業に関連する意見の発表(意見発表)を行います。

結果は出場した全ての生徒が入賞を果たしてくれました。

日々の取り組みや、考えをしっかりと伝えてくれた良い機会となりました。

最優秀に選ばれた生徒は、8月24・25日に大阪で実施される近畿学校農業クラブ連盟大会へ京都府代表として出場します。


【意見発表 結果】

最優秀 Ⅰ類『それならば 今ここで 僕らが何かを始めよう!!』

       佐々谷蓮太郎(農業生産科)

 優秀 Ⅲ類『綴る~京都の和牛ストーリー~』

       岸本竣(農業生産科)

【プロジェクト発表 結果】 

最優秀 Ⅰ類『「スマート農業」と「ゲノム解析」が変える農業の未来!』

    (発表者及び発表補助者)中川和泉 竹田陸人 加藤佐和子 富田沙織 伴藍花(農業生産科)

 優秀 Ⅱ類『農芸からの発信緑~郵便局から緑の風をお送りします~』

    (発表者及び発表補助者)木下アクセル海 羽田龍典 山口璃陽 坂之上香美 中坊斗音(環境創造科)

最優秀 Ⅲ類『「もったいない」から「ありがとう」へ~ロスフラワーからはじまる地域の「わ」~』

    (発表者及び発表補助者)織田琴羽 岸川愛海 小寺朱華 磯部稜真 橋本澪佳(園芸技術科)


【授業の様子】ペチュカリ胚培養(生物工学コース)

 7月25日(月)、2年生の生物工学コースの実習で、「ペチュカリ」の胚培養を行いました。ペチュカリは、種子でも繁殖できますが、胚培養を行うことでより有用な個体の作出につながる可能性があります。
 生徒たちはクリーンベンチ内で、実体顕微鏡を使って膨らんだ子房から胚を摘出し、培地に置床しました。

フラワーキャラバン(園部駅)

 7月20日(水)、JR園部駅西口にある園部ロータリークラブの花壇に、生物工学コースで栽培した「ペチュカリ」「ビデンス」「デロスペルマ」を植栽しました。
 園部ロータリークラブの方が花壇の植栽を考えられ、本校の生徒(5名)は、そのサポートをしました。駅を訪れる方の癒しとなれば幸いです。

【授業の様子】ききょうの里 管理実習(生物工学コース)

 7月14日(木)、2年生の生物工学コースの実習で、「亀岡ききょうの里」で6月に植栽した「デロスペルマ」の生育観察と庭園の除草を行いました。
 生徒たちは、花苗周辺の丁寧な除草を行い、見映えが良い庭園となるように取り組みました。

船南寮で大掃除を行いました

 7月7日(木)に寮内の大掃除を行いました。1学期を気持ち良く終え、2学期を気持ち良くスタートさせるために、公共の場所や自室の掃除を隅々まで行いました。たっぷり時間をかけて掃除をしたことで、寮内がとてもきれいになりました。

夏野菜、販売しています!

 農芸高校事務室前にて、トマト、ナス、万願寺トウガラシ、タマネギ、ジャガイモなどの野菜を販売しています。

 お近くにお立ち寄りの際は、ぜひのぞいてみてください!!

前期人権学習を実施しました

 6月22日(水)、全学年で前期人権学習を実施しました。
 第1学年は、「インターネット社会における人権尊重」、第2学年は、「同和問題(部落差別)」、第3学年は、「就職差別」というテーマで人権問題について学び、人権尊重の重要性とそのために自分たちができることについて考えました。

第1学年の様子
第2学年の様子
第3学年の様子

【授業の様子】ききょうの里 花苗植栽(生物工学コース)

 6月13日(月)、2年生の生物工学コースの「総合実習」で、亀岡市宮前町猪倉にある「亀岡ききょうの里」に「デロスペルマ」の花苗を植栽しました。「亀岡ききょうの里」には本校造園コースが造られた庭があり、その庭に生物工学コースで栽培した花苗を植栽しました。
 まず、丁寧に除草をし、きれいな花色になるように配置を工夫しました。花苗によって彩りが増し、来園される方の心の癒しにつながればと期待しています。
「亀岡ききょうの里」のオープンは6月25日(土)で、期間は7月24日(日)までです。

【授業の様子】マーガレット組織培養(生物工学コース)

 6月2日(木)、園芸技術科生物工学コースの2年生の実習で、「マーガレット」の組織培養を行いました。今回は組織培養の中でも初代培養と呼ばれる方法を行いました。
 初代培養とは、外部の環境(温室等)で栽培している植物を試験管内で培養するための最初の培養のことです。マーガレットの植物体を殺菌し、試験管内で培養することで、ウイルスに抵抗のある個体ができます。また、有用なマーガレットの個体数を容易に増やすことができます。試験管内は、多湿であるため、カビが発生しやすいのは注意しなければなりません。
 生徒たちは、試験管内でマーガレットや培地からカビが発生しないように丁寧に殺菌を行いました。

マーガレットの採集
マーガレットの殺菌
マーガレットの切断
培地への置床
培養の様子

【授業の様子】里山の休日 京都・烟河 花壇植栽(生物工学コース)

 5月20日(金)、園芸技術科生物工学コースの2年生と3年生が亀岡市にある里山の休日 京都・烟河(けぶりかわ)の花壇植栽を行いました。
 花壇には、実習で栽培してきた「ペチュカリ」、「ビデンス」、「デロスペルマ」、「キキョウ」を植えました。生徒たちは、まず、きれいな配置になるようにポリポットの苗を花壇に置き、その後、ポリポットの土が花壇の土で隠れるように、植栽しました。
 里山の休日 京都・烟河を訪れる方々にとっての癒しとなる草花の成長と開花が楽しみです。

京都府立大学生と合同で田植えをしました

作物コースでは昨年度から、京都府立大学 生命環境学部と酒造原料米「京の輝き」の試験栽培の共同研究を行っています。昨年に引き続き、今年は府立大生42名と農芸生12名が合同で田植え実習を行いました。

初めて田植え靴をはいて田んぼに入る府立大生も多く、一生懸命バランスをとりながらイネの苗を植えていました。田んぼでの実習に慣れている農芸生が府立大生に「大丈夫ですよ」と優しく声をかけていました。

府立大生から、田んぼの水が温かくて気持ちよかった!楽しかった!という感想も聞こえてきて、いい経験になったのかなと感じました。農芸生も普段は交流する機会がない大学生と一緒に実習をしたことでいい刺激になったと思います。府立大生も農芸生も、これで終わりではなく、この経験をこれからの研究や実習に生かし、更なる成長に繋げていってほしいです。


たんぼアート杭打ち作業を行ってきました(農業土木コース)

 5月30日(月)、環境創造科3年農業土木コースの生徒たちが丹波自然運動公園でたんぼアートの杭打ち作業を行ってきました。公園からの依頼を受け、たんぼアートイラストを描けるよう、トータルステーションという専用の測量器械を用いて、1本1本丁寧に作業を行いました。
 6月5日(日)に田植えが行われる予定となっており、秋にかけて徐々に絵柄が出てくるのが楽しみです。

船南寮で避難訓練を行いました

5月16日(月)に寮生を対象に避難訓練を実施しました。地震が発生し、食堂から火災が発生したという想定で、第2体育館に避難する訓練を行いました。最近、京都府南部で地震が相次いでいることもあり、不測の事態に備え、適切な避難行動を確認しました。
寮生には寮だけでなく、学校、自宅や外出先でも自分の命を守る行動をとれるよう防災意識をさらに高めてほしいと伝えました。

【授業の様子】ペチュカリ・ビデンスの植え替え(生物工学コース)

 5月9日(月)、2年作物コースの生徒が選択している「植物バイオテクノロジー」の実習で「ペチュカリ」の植え替えを行いました。また、2年生の生物工学コースの「総合実習」では、「ビデンス」の植え替えを行いました。
 生徒たちは、まず、ポリポットの土に深く穴を空け、そこに発芽した花苗を植えました。今後の成長と開花が楽しみです。

ペチュカリの植え替え1
ペチュカリの植え替え2
ビデンスの植え替え1
ビデンスの植え替え2

【授業の様子】授業公開・PTA総会での花苗販売(生物工学コース)

 5月7日(土)、授業公開・PTA総会で来校される保護者の方に花苗を買っていただくために、2年生の生物工学コースの生徒3名が、「ペチュカリ」、「ビデンス」、「デロスペルマ」の販売準備を行いました。
 生徒たちは、販売に適する品質の良い花苗を選ぶとともに、咲き終わった花を摘み、見た目を良くしました。花摘みをすることで、蕾に養分が供給され、次々に開花することにつながります。また、病気の予防にもなります。

花摘み
ハート模様のペチュカリ
花色豊富なペチュカリ1
花色豊富なペチュカリ2
ビデンス

令和4年度 生徒会・農業クラブ総会を行いました

5月6日、令和4年度の生徒会・農業クラブ総会を行いました。

令和3年度の事業報告及び決算報告、令和4年度の事業計画案及び予算案について協議し、全て承認されました。

昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止になった事業が多くありましたが、今年度こそは計画通り実施できることを願っています。

令和4年度1回目の全校集会を行いました

4月28日に、全校集会を行いました。

全校集会は、本校の校訓である「質実剛健」の具現化に向け、服装等の確認や、先生からの話を聞く行事で、

今回は教務部と生徒指導部から話がありました。

教務部は、高校生活で頑張ったことについてインタビューを行い、

生徒からは部活動を頑張っているという声や、先生の中には宇宙飛行士の予備訓練士になるまで宇宙について学んだエピソードまで飛び出しました!!

農芸高校では、他の高校では学べない分野を、たくさん学ぶことができます。

「専門は君の自信になる」という言葉を胸に、ここでの学びや挨拶活動などを今後も続けてもらいたいとの話がありました。

生徒指導部からは、人権啓発スローガンの紹介がありました。

「他人の人権を尊重し、自分の幸せにつなげよう」

周りを見て生活することは自分の幸せにつながる。聞いて理解しようとする意識を持ってほしいとの話がありました。

(授業の様子)野菜苗・花の販売を行いました

4月22日、25日、26日と野菜苗と花の販売会を行いました。

野菜コース、生物工学コースの生徒が丹精込めて育てた野菜苗や花を、お客様毎にピックアップし、箱詰めから販売まで頑張りました。

野菜コースではナスの接ぎ木等、難しい実習もありましたが集中して取り組むことができていました。

これからも大切に育ててもらい、おいしい野菜をたくさん収穫していただければうれしいです!


COPYRIGHT (C) 京都府立農芸高等学校