Loading…

京都府立京都八幡高等学校

北キャンパス

〒614-8363 京都府八幡市男山吉井7

Tel:075-981-3508 Fax:075-981-3509

南キャンパス

〒614-8236 京都府八幡市内里柿谷16-1

Tel:075-982-5666 Fax:075-982-5673

部活動

Let's become the smile by a volunteer!

 南キャンパスのボランティア部は、現在、3年生5名、2年生13名、1年生9名、計27名で活動しています。校内での活動は、毎週火曜日に校内整備(校内清掃等)やバルーンアート、手話などをしています。H27年度はトランプマジックにも挑戦し、ボランティアで出会った人たちに楽しんでもらおうと思っています。また、土日や長期休業中には、対外的なボランティア活動に積極的に参加しています。

平成26年度の対外的なボランティア活動実績

・城陽市放課後等デイサービス「みんなのいえ」運営ボランティア(夏・冬・春期休業中)
 スタッフの皆さんと一緒に、障がいのある子どもたちとプールやお買い物に行ったり、
 料理をしたりなど、一緒に過ごします。
・八幡市社会福祉施設体験学習(夏休み)
 八幡市にある社会福祉施設で保育園児や高齢者、障がいのある方との交流を通して、
 社会福祉施設の役割や取り組みについて学びます。
・八幡市ふれあい体験学習  ・八幡市あかちゃん広場(土曜日等)
 赤ちゃんや乳幼児とのふれあいや保護者との交流を図ることで、子育ての楽しさや大変さについて
 学びます。
・聴覚障がい児童生徒交流会(H26.9.6)
 京都府立聾学校において、聴覚障がい児童生徒交流会が開催され、聴覚障がいのある小中高校生と
 一緒にハンナリーズの選手の皆さんからバスケットボールを教えてもらいました。
・府立体育館「体育館フェスタ」運営ボランティア(H26.9.13)
 幼児プレイルームでは、トランポリンやエアートランポリン、ボール投げ、クッション材のブロック遊びなど、
 幼児と交流しながらも安全管理に努めました。
・第22回京都府立特別支援学校高等部「スポーツ交流会」運営ボランティア(H26.10.4)
 京都府立の特別支援学校高等部11校が京丹波町の「グリーンランドみずほ」に集合し、ソフトボール、
 卓球、卓球バレーを毎年されています。
 当日は、スクールパートナーである八幡支援学校のバスに同乗させてもらい会場に向かいました。
 本校は卓球の部の本部や得点係を任されました。
・平成26年度八幡支援学校「ボランティア養成講座(たけまつり)」(H26.11.8)
 八幡支援学校の文化祭にあたる「たけまつり」にて、各クラスに入り子どもたちと交流を深めました。
 小中高等部の学習発表を子どもたちと一緒に参観するなど、有意義な一日を過ごしました。
・第6回「みんなで創る福祉のつどい」運営ボランティア(H27.3.14)
 八幡市社会福祉協議会から依頼を受け、子どもを対象とした遊びコーナーを運営しました。
 割りばし鉄砲作り、射的コーナー、魚釣りコーナーなど、手作りの遊びコーナーにたくさんの子どもたちや
 高齢者の方たちに来ていただき、充実した1日でした。
 

 5月18日(土)、八幡市文化センターにて「第10回みんなで創る福祉のつどい」(主管:八幡市社会福祉協議会)が開催され、今年も"あそび広場"で手作りの「キャラクターつり」を企画、運営しました。120名を超える地域の子どもたちが参加し、90秒間で釣ったキャラクターの重さを競いました。また、今年は手作りのプレゼントを用意し、子どもたちの笑顔にたくさん触れることができました。

 

緊張しながらも会場のみなさんと楽しく一緒に過ごせました!!

 12月16日(日)、八幡市福祉会館で行われた「クリスマス会」にてステージ発表をしてきました。地域の障がいのある児童生徒が楽しめる内容を考え、今年はトーンチャイムによる演奏とマジックを披露しました。本番は緊張しながらも会場のみなさんと楽しく一緒に過ごせました。
 

今回が3度目の発送となりますが、希望される世帯が160世帯を超え、前回の3倍以上となりました!!

 子育て中の就学援助を受けている世帯等を対象に、給食のない長期休業中に食品を直接送付する「こども支援プロジェクト」。今回が3度目の発送となりますが、希望される世帯が160世帯を超え、前回の3倍以上となりました。箱を開けたときの子どもたちの笑顔を想像しながら、企業等から寄付された食品をダンボールに梱包しました。
 

地域の皆様、ご協力ありがとうございました!!

 赤い羽根共同募金は、高齢者、障がいのある方、子どもたちなどへの、地域の福祉活動を支援する募金です。今年もボランティア部員9名で10月23日、25日、26日、30日の計4日間を分担し、イズミヤ八幡店の入口前で「赤い羽根共同募金」の街頭募金をさせていただきました。11月8日には、赤い羽根共同募金の振り返りをし、八幡社会福祉協議会の方から募金額の合計が24,629円であったとの報告を受けました。地域の皆様、ご協力ありがとうございました。
 

「第9回たけまつり」に部員7名がボランティアとして参加しました!!

 11月10日(土)、八幡支援学校で行われた「第9回たけまつり」に部員7名がボランティアとして朝9:00から15:40まで、1日をとおして小学部の各クラスに入らせていただきました。午前中は、小学部・高等部の学習発表を一緒に鑑賞した後、中学部・高等部のブースを回りました。昼食をとった後、午後は本校及び男山中学校、男山東中学校の吹奏楽部合同発表の演奏と音楽クラブ&くすのきBANDの演奏を楽しみました。
<部員の感想>
 学習発表会では支援学校の児童、生徒さんが頑張っている姿や今回担当させていただいた肢体不自由の児童さんが楽しんでいる姿を見ることができ、楽しかったです。また、先生方の児童さんに対するコミュニケーション能力の高さには驚き、勉強になりました。
 

たくさんの子どもたちと交流することができました!!

 9月8日(土)、島津アリーナ京都(京都府立体育館)で開催された「2018体育館フェスタ」の運営ボランティアに南キャンパスのボランティア部員5名が参加しました。  このボランティアに参加して今年で5年目を迎えます。今年の「幼児プレイルーム」と「移動児童館」の運営補助を任され、子どもたちの安全に配慮しながらたくさんの子どもたちと交流することができました。
 

本校南キャンパスのボランティア部5名が参加しました!!

 10月6日(土)、『平成30年度 第26回京都府立特別支援学校高等部"スポーツ交流会"』が京丹波町のグリーンランドみずほで開催され、今年も運営ボランティアとして本校南キャンパスのボランティア部5名が参加しました。この交流会は、京都府立特別支援学校(11校)高等部の生徒が一堂に会し、ソフトボール、卓球、卓球バレーをとおして交流を深めるものです。スクールパートナーである八幡支援学校の生徒と一緒にスクールバスで会場に向かい、今回は卓球バレーの運営ボランティアと八幡支援学校卓球バレーチームの人数が足りないということ、その助っ人として一緒に試合を楽しみました。昼休みには、オープン競技であるボッチャにも参加させていただき、交流を深めました。
 

利用者の方や地域の方と交流をしました!!

 10月7日(日)、特別養護老人ホーム「ヴィラ稲荷山」主催の『第12回 稲荷山まつり』の運営ボランティアとして本校南キャンパスのボランティア部5名が参加しました。輪投げ、射的、くじ引き、釣りなどのゲームコーナーを担当したり、京都市の環境マスコットであるエコちゃんの着ぐるみを着たりしながら、利用者の方や地域の方と交流をしました。初めての参加でしたが、部員にとって有意義な時間を過ごしました。
 

意義のある1日になりました!!

 子育て中の就学援助を受けている世帯等を対象に、給食のない長期休業中、希望する世帯に食品を直接送付する「こども支援プロジェクト」をNPO法人「セカンドハーベスト京都」が実施されることになりました。今回は、「夏休み中に、栄養不足になってしまうこどもを一人でも減らすために・・・!」を合言葉に、7月21日(土)南キャンパスにて食品(企業等から寄付された米や缶詰、お菓子など)を1世帯ごとに仕分けをするなどの発送準備に協力しました。このような取組があることを初めて知った部員にとっても、意義のある1日になりました。次回、8月11日(土)も頑張ります!!
 

地域の方の優しさや気遣いに触れながら、楽しくボランティアができたことに感謝!!

 8月4日(土)、男山第四住宅「夏まつり」のボランティアに参加しました。地域の方がたくさん参加されるなか、受付の他、フランクフルト、やきとり、ジュース、ぷかぷか金魚すくいなどの模擬店のお手伝いをしました。地域の方の優しさや気遣いに触れながら、楽しくボランティアができたことに感謝しています。今回が初めての参加でしたが、来年も参加したいです。
 

各団体の方と交流したり、部員にとってとても充実した1日となりました!!

 5月19日(土)、八幡市文化センターにて「第9回みんなで創る福祉のつどい」(主管:八幡市社会福祉協議会)が開催され、今年もその中の"あそび広場"で手作りの「キャラクターつり」を企画、運営しました。90秒間で釣ったキャラクターの重さを競います。地域の子どもたちがたくさん参加してくれたり、各団体の方と交流したり、部員にとってとても充実した1日となりました。
 

各団体の方と交流したり、部員にとってとても充実した1日となりました!!

 5月19日(土)、八幡市文化センターにて「第9回みんなで創る福祉のつどい」(主管:八幡市社会福祉協議会)が開催され、今年もその中の"あそび広場"で手作りの「キャラクターつり」を企画、運営しました。90秒間で釣ったキャラクターの重さを競います。地域の子どもたちがたくさん参加してくれたり、各団体の方と交流したり、部員にとってとても充実した1日となりました。
 

会場のみなさんからの大きな拍手をいただきました!!

 1月14日(日)、文化パルク城陽ふれあいホールで開催された「第48回山城ろうあ者新年大会」のアトラクションに出演依頼があり、「障がいのある子どもたちとの交流から学んだこと」をテーマに私たちの想いを手話で発表させていただきました。会場のみなさんからの大きな拍手は、私たちの想いが伝わったと感じることができました。
 

一日を一緒に過ごしたことで、学ぶことが多くありました!!

 11月11日(土)、八幡支援学校で行われた「第8回たけまつり」に部員6名がボランティアとして朝9:00から15:30まで、1日をとおして各クラスに入らせていただきました。午前中は、小中学部の学習発表会を一緒に鑑賞した後、高等部のブース発表(写真館・作業体験等)に参加しました。昼食をとった後、午後は本校及び男山中学校、男山東中学校の吹奏楽部合同発表の演奏と中国武術部の演武を楽しみました。

<部員の感想>
 今回は、高等部生活デザインコースのクラスに入らせていただきました。初めてのクラスだったので、生徒さんについて知らないことが多かったのですが、事前学習でのアドバイスを取り入れてコミュニケーションを図りました。一日を一緒に過ごしたことで、対応が難しいと思った場面もありましたが、先生方の対応を見て、学ぶことが多くありました。
 

会場のみなさんと楽しく一緒に過ごせました!!

 12月16日(土)、八幡市福祉会館で行われた「クリスマス会」にてステージ発表をしてきました。初めての取組で試行錯誤を繰り返しながらも、内容をバルーンアートとマジックショーに決め、地域の障がいのある児童生徒だけではなく成人の方にも楽しんでもらえるよう、練習を重ねました。本番は緊張しながらも会場のみなさんと楽しく一緒に過ごせました。
 

運営ボランティアに参加しました!!

 10月7日(土)、『平成29年度 第25回京都府立特別支援学校高等部"スポーツ交流会"』が京丹波町のグリーンランドみずほで開催され、今年も運営ボランティアとして本校南キャンパスのボランティア部7名が参加しました。この交流会は、京都府立特別支援学校(11校)高等部の生徒が一堂に会し、ソフトボール、卓球、卓球バレーをとおして交流を深めるものです。スクールパートナーである八幡支援学校の生徒と一緒にスクールバスで会場に向かい、今回は卓球バレーの運営ボランティアと八幡支援学校ソフトボールチームの人数が足りないということ、その助っ人として一緒に試合を楽しみました。昼休みには、オープン競技であるボッチャにも参加させていただき、交流を深めました。
 

たくさんの子どもたちと交流することができました!!

9月9日(土)、島津アリーナ京都(京都府立体育館)で開催された「体育館フェスタ」の運営ボランティアに今年も南キャンパスのボランティア部員8名が参加しました。「幼児プレイルーム」と「移動児童館」の運営補助を任され、子どもたちの安全に配慮しながらたくさんの子どもたちと交流することができました。また、京都府立体育館より今回のボランティアに関する感謝状をいただき、今後の励みになりました。
 

全国大会へ向け全力尽くします!!

 10月1日(日)に鳥取県で開催される「第4回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」にエントリーしました。昨年同様、予選突破に向けて、八幡市ろうあ協会や男山手話サークルのみなさんに手話の指導をお願いし、練習を重ねてきました。8月3日(木)12:00から本大会に出場する20チームが発表されます。また、発表の様子は「手話パフォーマンス甲子園☆動画チャンネル(You Tube)」にてライブ中継されます。応援よろしくお願いします。
 

3つのテーマに分かれ、様々な世代の方と充実した意見交流ができました!!

 8月19日(土)八幡市文化センターにて実施された「住民座談会」(主管:八幡市社会福祉協議会)に部員を代表して4名が参加しました。これは、八幡市地域福祉推進計画の見直しに、地域の声を反映する目的で実施されました。"暮らしやすい地域にするための活動について"、"防災・災害時の助け合い活動について"、"特技やスキルを活かした地域活動について"という3つのテーマに分かれ、様々な世代の方と充実した意見交流ができ、部員にとって貴重な経験となりました。