Loading…

京都府立京都八幡高等学校

北キャンパス

〒614-8363 京都府八幡市男山吉井7

Tel:075-981-3508 Fax:075-981-3509

南キャンパス

〒614-8236 京都府八幡市内里柿谷16-1

Tel:075-982-5666 Fax:075-982-5673

進路情報

 6月4日(金)の5・6時間目に、北キャンパス1年生対象の進路ガイダンスを実施しました。

 進路講演会では、ファイナンシャルプランナーの方を講師に招き、「職業探究講座~未来の仕事の見つけ方と叶え方」をテーマに、社会に出て働くということ、職業・職種または学部・学科から進路を考えること、進路選択のポイントや注意点について、お話をしていただきました。

 学問別・分野別ガイダンスでは、就職、四年制大学、調理・製菓、保育・幼児教育などの9つの講座から、興味のあるものを1つ選択し、それぞれの学問・分野について講師の方による講義を受講しました。生徒たちは、メモを取りながら話を聞くなど積極的に取り組んでいました。

 

 6月1日(火)に1回目の指定校推薦等ガイダンスを南北それぞれのキャンパスで実施しました。

 指定校推薦等を受けるに当たっての心構え(本校から推薦を受けられるような学校生活(身だしなみを含む)を送ることなど)や、各学校によって出願条件が異なること、評定だけではなく基礎学力も大切であること、などの説明をしました。

 今後の予定は、本年度の「指定校推薦校の一覧」を8月24日(火)に両キャンパスで掲示します。申請を希望する生徒は、9月1日(水)に2回目の指定校推薦等ガイダンスを実施しますので、必ず参加しましょう。

 まずは、7月11日(日)に実力診断テストを受けることになっていますので、テストに向けてしっかり準備をしておきましょう。

 

 5月21日(金)、北キャンパス就職希望者3年生対象の第3回就職ガイダンスを「総合的な探究の時間」の就職希望者講座で実施しました。

 6月より始まる第1回就職模擬面接の日程を確認したあと、クレペリン検査(SG式精神作業検査)を受検しました。クレペリン検査は、実際の入社試験でも採用されている受検者個人の注意力、集中力などの職業適性を知ることにも役立つ検査です。

 生徒たちは真剣に取り組んでいましたが、集中力を必要とする検査のため、検査終了後は皆少し疲れた様子でした。

 

 5月13日(木)5~7限、3年生対象の「進路ガイダンス」を実施しました。まずは、「高3の今から準備すべきこと」をテーマにした進路講演会を視聴し、その後、就職希望者は、就職情報の取得や面接対策など具体的な就職対策講座を受講しました。進学希望者は学校別ガイダンスとして、28校の大学・短大・専門学校から3校を選んで、各ブースでガイダンスを受けたことで、各学校の比較検討ができたのではないでしょうか。特に、専門学校の総合型選抜(AO入試)のエントリーが6月から始まりますので、しっかり準備をしていきましょう。

 

 5月7日(金)に、北キャンパス3年生対象の進路ガイダンスを実施しました。

 進学希望者は、自身が選んだ2つの学校について、各学校の講師の先生方からそれぞれの学校紹介を聞くとともに、オープンキャンパスや奨学金の制度、入試の種類や試験対策など、志望校を決定するために必要なさまざまな情報についてもお話ししていただきました。

 就職希望者は、面接試験対策として、みだしなみの大切さや面接時の作法、面接で聞かれる質問や履歴書の書き方などについて、ワークシートを用いた作業やグループで協力して練習するなどの活動も行いながら、ガイダンスに取り組んでいました。

 また、公務員希望者向けの講座もあり、公務員試験の内容や面接に向けての準備、筆記試験対策について、貴重なお話を聞くことができました。

 

 南キャンパス介護福祉科3年生は、6月上旬から介護実習を予定しているので、5月7日(金)に第3回就職ガイダンスを北キャンパスに先立ち実施しました。

 5月中旬から行う第1回目の模擬面接について説明した後、クレペリン検査(SG式精神作業検査)を行いました。受検者個人の適応力や適応特徴などが検出されます。

 

 5月7日(金)、人間科学科、介護福祉科の1・2年生を対象に進路適性検査を実施しました。「①自分の希望と適性を客観的に把握し、自己理解を深める。②検査結果を進路研究のきっかけとし、本当に実現したい進路を発見する。③希望進路実現のために、何をするべきかを理解し、具体的な対策に移す。」ことを目的にしています。検査結果から進路の可能性に気づき、進路意識を高めることで学習に前向きに取り組むことを期待しています。

 

 4月24日(土)北キャンパスアドバンス・エリア生徒対象の「We Can Project(土曜講座)」がスタートしました。 開講式には、1・2年が出席し、副校長先生や担任の先生方からメッセージをいただきました。

 開講式のあと、1年生は、「学習メソッド」講座を受講し、高校での学習方法や進学に向けての心構えについて学びました。2年生は、数学、国語の講座をスタートさせました。また3年生は、1限目からさっそく国語、数学の問題演習に取りかかりました。参加した生徒たちは皆、それぞれ真剣に取り組んでいました。次回の実施は5月8日(土)です。

 

 4月28日(水)放課後、先週に引き続き、看護学校進学専門の遠田塾から講師の先生をお招きし、2・3年生対象の看護・医療系セミナー「志望理由書の書き方講座②」を実施しました。「看護師・リハビリ職の志望動機=過去のことについて」、「学校志望理由=未来のことについて」書くことを学びました。今回生徒が作成した志望理由書は、添削していただけることになっています。本番に向けてさらなる準備を心がけましょう。この講座は、今後の面接対策講座に続いていきます。

 

 4月23日(金)に第2回目の就職ガイダンスを南北それぞれのキャンパスで実施しました。今回、就職希望の参加生徒全員がSPI基礎テストを受験しました。入社試験の筆記問題にも対応できる力を養っていきます。

 また、この日は、希望の業種や職種、自身の長所や特性を記入した「就職相談票」や「自己発見シート」を提出しました。それらを元に、これから個別面談等を行っていきます。

 

 北キャンパスでは、4月13日(火)に就職ガイダンス、15日(木)に進学ガイダンス(大学・短大コース、専門学校コース)を実施しました。

 就職ガイダンスでは、あいさつの仕方から始まり、参加した生徒は就職活動に対する意識も高まったのではないかと思います。就職活動を始めるにあたっての心構えや今後の日程や活動内容について、説明を聞きました。

 進学ガイダンスでは、大学や短大、専門学校とはそれぞれどういうところなのか、進学を目指すにあたってどのように学校を選んだら良いのか、また、入試にはどのような種類があり、いつ始まるのか、など詳しい説明がありました。

 生徒のみなさん一人一人の進路実現に向けて、進路指導部も担任の先生方と力を合わせてサポートできるよう頑張っていきます!





 

 4月21日(水)放課後、看護学校進学専門の遠田塾から講師の先生をお招きし、2・3年生対象の看護・医療系セミナー「志望理由書の書き方講座①」を実施しました。志望動機を書く上での注意点等を分かりやすく説明していただき、とにかく準備が大切であることを学びました。目的意識が高い生徒にとって、志望理由を書くことは簡単だと思いがちですが、相手に伝わるように書くことの難しさを体験できたのではないでしょうか。これからのスキルアップを目指して頑張っていきましょう! 次回は、4/28(水)15:10~です。

 

 4月13日(火)、14日(水)の放課後、3年生対象の就職ガイダンス、進学ガイダンスの1回目をそれぞれ実施しました。今すべきこと及び今後の予定等を確認したことで、改めて気を引き締めた様子が伺えました。進路実現に繋がることを期待しています。

 

 新入生のみなさん、御入学おめでとうございます。京都八幡高校進路指導部です。いよいよ高校生活のスタートです。これからの3年間、京都八幡高校での学習やさまざまな取組を通して、しっかりとした学力、人間力を身につけるとともに、さまざまな経験を経て、実りある高校生活を送られることを期待しています。

 進路指導部では、みなさんひとりひとりの希望進路の実現を全力でサポートしていきます!高校生活、はりきっていきましょう!


 

 3月22日(月)から25日(木)までの4日間、春季進学補習を実施しました。1年生は国数英の3教科、2年生は国数英に加え、選択科目として生物基礎、化学の講座を受講しました。

 4日間ではありますが、春休み中の学習に向けての意識を高めるとともに、学力の向上を目指し、それぞれの目標や希望進路を実現するために一生懸命取り組んでいました。

 

 3月19日(金)修了式後に、「パンフレット配布会」を実施しました。大学、短大、専門学校を中心に、南キャンパスの生徒が希望しそうな学校のパンフレットを揃え、多くの生徒が持ち帰りました。また、同時に実施した「春のオープンキャンパス申込み受付会」も多くの生徒が利用するなど、進路実現に向けて有意義な春休みを過ごしてくれそうです。

 

 3月12日(金)、学習・教育アドバイザーの伊藤敏雄さんを講師としてお招きし、四年制大学、看護医療系への進学希望者を対象に、「小論文の書き方講座」を実施しました。小論文で大切な三論、原稿用紙の使い方から始まり、マッピングでアイデア出しをする練習をしました。進路実現に向けて、新たなスタートが切れることを期待しています。次回は、7月14日(水)に実施予定です。


 

 3月11日(木)、1・2年生の看護・医療系進学希望者を対象に「卒業生の話を聴く会」を実施しました。作業療法士のNさん(平成26年度卒)と看護学部一回生のYさん(令和元年度卒)を招いて、進学先をどのように選択したか、進路実現に向けての学習や高校生活について、進学後、就職後の生活についてなどの話を聴きました。他にも、国家試験対策の厳しさや基礎学力の大切さ、集中力を持続させる方法など、参加者にとって今後に生かせる話をたくさんしていただきました。

《生徒の感想》

 今回の話を聴くまでは、ここまで大変だとは思っていませんでした。今の勉強の量だと絶対に無理なので、今からもっと勉強して苦手な教科を得意に変えていかなければならないと思いました。家庭学習を毎日することに意味があると改めて感じました。私は、語彙力が低いので、将来困らないように授業のレポートなどで正しい言葉遣いを意識したいと思います。また、国家試験の勉強も甘く見ていました。量の多い教科書を見せていただいたときは、驚きましたが、人の命を預かるためには必要だと感じました。夢を叶えられるように頑張ります。

 

 3年生のみなさん、御卒業おめでとうございます。

 引き続き受験等を控えている人もいますが、みなさんは京都八幡高校を卒業されました。充実した3年間を過ごすことができましたか。

 4月からの新しい環境の中で、戸惑うことや相談が必要になることがあるかもしれません。卒業後も、進路指導部は、みなさんにとっての進路「応援」部であることに変わりありません。また学校や職場の様子など、学校に来て話を聞かせてください。

 みなさんの新しい生活が順調にスタートし、充実したものになることを願っています。

南・北キャンパス進路指導部より  

 

 2月20日(土)1・2年生のアドバンス・エリアの希望生徒を対象に「卒業生の話を聴く会」を行いました。教室の換気や消毒、アクリルパネルの設置などの対策を取りながらの実施となりました。昨年度アドバンス・エリア卒業の3人から、受験勉強の仕方や工夫、入試について、大学での学習の様子、コロナ禍における大学生活など貴重な話を聞くことができました。また在校生に向けてのメッセージを熱く語ってくれました。これからの学習の方法や受験に向けてのモチベーションアップにつながったのではないでしょうか。

 また今年度のWe Can Project(土曜講座)としても最終回となりました。まだ学年末考査、春季補習などが残っていますが、この一年間の取組を次年度の学習にいかしてほしいと思います。

生徒の感想(抜粋)

今日の話を聞いて、とても学習意欲が向上しました。/勉強する時間や量など、計画的に勉強していくのが大事ということがわかりました。/色々な大学を調べたり、過去問を解いたりと、受験に向けて頑張っていこうと思いました。/今日からできることはたくさんあると思うので努力していこうと思いました。