学校紹介About Us

産業工学科/機械創造科

 

industry1.jpg

カリキュラム

industry2.jpg

より詳しい教育課程はこちら

R2峰山 産業機械実施教育課程.pdf

ものづくりの知識や技術を習得し、地域産業界の最先端の機器を体験できる授業を設置。
学科内で2つのをコース設置し、幅広い進路に対応。入学後の選択も可能で、進路希望に合わせて柔軟に対応できます。
 

機械創造科教員一同よりみなさまへ

 
~私たちが機械創造科で育てたい生徒とは~

峰山高校ホームページをご覧いただきありがとうございます。

1 新学科『機械創造科』で育てたい生徒とは

 さて、機械創造科は、平成30年度の学科改編により、近年の社会的なニーズに対応するために「マイスターコース」と「プログレスコース」からなる新しい学科としてスタートしました。機械創造科としての卒業生はまだ送り出していませんが、2つのコースの設置により、早い段階で卒業後の進路を幅広く選択することができ、それぞれが自分の夢に向かって学習活動を行っています。地元企業をはじめ、主として製造業への就職を希望する生徒や、さらに専門性を高める学校に進学する生徒が選択する「マイスターコース」、工学部を中心とした大学への進学を希望する「プログレスコース」のいずれかを、2年生に進級する段階で選択します。そのためにも、1年生のうちから進路について面談を行い、生徒それぞれの気持ちや希望を聞き、より明確に自分の夢を持てる手助けを行っています。また、企業見学やインターンシップ、デュアルシステムなど地元企業の方々と接触する機会を積極的に設け、社会の一員として働き、それにより収入を得ることの大切さなど、働くことの意義を肌で感じられるような教育活動を行っています。また、進学に関しても、ただ単に進学するというのではなく、学費や生活費など、進学にかかる費用を知った上で進学の可否を正しく判断し、大学卒業後の目標に向かってしっかり学ぶことができるかといった現実を直視できるような指導を行っています。

2 3年生で学ぶ『課題研究』という総合的な学習について

 機械創造科では、3年生が1年間をとおして課題研究の授業に取り組みます。課題研究は、自分たちで設定したテーマに基づき、調査や試行錯誤を繰り返しながら、ものづくりの楽しさや難しさ、また、人に伝える喜びを自ら感じ、地元地域はもとより社会に出たときに、柔軟に、よりたくましく対応できる能力を身に付けることを目指しています。この課題研究に取り組むことで、リーダーシップを発揮できる自分に気付いたり、課題点を見付ける、アイデアを出す、部品を正確に加工できるなど、自分自身が持つさまざまな能力を見付けることができます。また、反対に、自分がすべきことを考え行動する、団体行動を大切にするなど、これまで苦手としていたが今後生きていく上で必要不可欠となるような能力を高めていく生徒もいます。

3 今年度の生徒のようす

 本年度卒業予定の生徒(産業工学科在籍)は、約半数の生徒が就職を希望しています。心配されたコロナウイルスの影響が若干見られるものの、さまざまな企業から多くの就職募集をいただいています。地元であれば、200社以上の機械金属企業が集積する私たち丹後地域からの求人を始め、都市部へ出て行く生徒たちには、格安の社員寮が提供される企業など、安心して社会に送り出せるような環境の整った企業も多数あります。地元企業をはじめ日本を代表するような大企業の中から、生徒たちはそれぞれの希望に応じた企業を選択し、自らの進路実現に向け、社会的な振る舞いの練習や面接練習に日々励んでいます。また、進学に関しては、比較的学費が安くしっかりとした専門知識が学べる工業系の各種学校、学費はかかるが全国的に就職の実績が認められている私立大学の工学部、さらには、国立大学の工学部など、生徒たちは自分の将来を考えた進路希望を持っています。我々教職員は、まずは志望校に合格できるように、そして進学した後に後悔しないようにという思いで各人に合った進路指導を心掛けています。

4 機械創造科教職員一同からみなさまに

 みなさまは、峰山高校機械創造科についてどのような印象をお持ちでしょうか。丹後に拠点を置く高校の小さな専門学科ですが、機械創造科はその取組みや卒業後の進路においても更なる高みを目指して、生徒たちは夢を持ち目標に向かって有意義な高校生活を送っています。このような峰山高校機械創造科を知り、ご注目いただけたとすれば幸いです。峰山高校機械創造科を今後ともよろしくお願い申し上げます。

令和2年度機械創造科教員一同
 

課題研究(総合的な学習の時間)が始まりました!

 

 今年も3年生で行われる課題研究が5つの班に分かれて始まりました。課題研究とは、通常の授業と異なり、教職員が授業を教えるのではなく、生徒たちが自ら選んだ課題の解決に向かって、試行錯誤を繰り返しながら「ものづくり」を体験していく「課題解決型の実習」です。ですから、先生は今日は何をするのか指示することもなく、自分たちで予定を立て、自分たちで作業を行い、作業中に見つけた課題を発生すると自分たちで話し合いながら解決していく...そんなワクワク、ドキドキ型の実習になります。

 これから定期的に課題研究の様子をお伝えいたします。お楽しみに。

○アイアンマン(金属の板を切って、曲げて、叩いて、塗って、アイアンマンを創ろう!)

        IMG_0068.JPG 

   いきなり金属で創る前にペーパークラフトで作業イメージを確認


○イルミネーション(峰山高校インスタ映えスポットの創作)

        IMG_0081.JPG

 どんな映えスポットにするのかイメージを具現化するところからスタート


○峰山高校ゲームセンター化計画(今年はどんなゲーム機が創られるかな?)

        IMG_0085.JPG

      マイコン※ 片手にどんなゲーム機にするのか構想中

 ※マイコン ... 家電製品からおもちゃまで、家の中のありとあらゆるものに

        搭載されている小さなコンピューターです。機械創造科では

マイコンのプログラミングについても勉強します。下の写真

は、生徒の手にあるアルディーノというマイコンです。

Arduino Mega.jpg


○商品開発(金属を溶かし固めて加工して...オリジナル商品を創作しよう!)

        IMG_0091.JPG

 さぁどんな商品を開発するのか、みんなでワクワクしながら企画会議中


○丹後こども未来プロジェクト(地元小中学校にロボットを使った出前授業を実践)

        IMG_0105.JPG

 今年はどんなロボットで小中学生を楽しませるか、ワクワクしながら検討中

 

実習が始まりました!(3年実習)

 

 学校が始まりました!毎日、生徒たちは楽しそうに登校しています。今日は、3年生全員が取り組む「3年実習」を紹介します。

 「3年実習」は毎週月曜日の午前中1限~4限にあります。「3年実習」では、クラス全員を3班に分け、①切削加工②溶接③総合製作の3つの異なる実習を学びます。生徒は3つの実習を3週間かけて一周し、1年間で3つの実習を制覇します。みんなが「わくわく」、「楽しそうに」実習に一生懸命取り組んでいます。

①切削加工(旋盤[※1]やフライス盤[※2]を活用した機械加工実習)

 IMG_0028.JPG   IMG_0029.JPG

 事前に説明をしっかり聞いて始めます。  説明を受けたことをレポートにまとめてます。

 [※1]旋盤とは   ... 加工する材料を回転させ、刃物を当て切削する工作機械で、

            材料を丸く切削する加工が得意です。

 [※2]フライス盤とは... 回転している刃物に対して、加工する材料を当て切削する工作機械で

            材料を四角に切削する加工が得意です。

②溶接(金属と金属を高温で溶かして接合する実習)

 IMG_0024.JPG   IMG_0026.JPG

 光の中心の金属を溶かして接合します。   ご覧のように強い光が放たれています。


③総合製作(3年間の実習の知識や技術を利用して卒業記念品を創作する実習)

 IMG_0015000.JPG   IMG_0030.JPG

 先輩の作品(フォトスタンド)を参考に企画します。 レーザー加工機[※3]を使って材料を切っています。

 [※3]レーザー加工機とは... 強力なレーザービームを当て、金属板を複雑な形状に切断できる

              工作機械です。左上写真のように♡マークや動物のイラストの

              ような複雑な形状を切断することができます。

   


 

文部科学大臣より「特別奨励賞」をいただきました!

 

 写真は、文部科学大臣 萩生田 光一 様より、「特別奨励賞」をいただきました。本奨励賞は、コロナ禍にも関わらず本科の生徒たちが、前向きに学びを深めたことに対して奨励していただきました。代表して本科3年生に対して、伝達表彰いたしました。
 本科3年生は、既に30名全員の就職及び進学先の進路が確定しました。みんなコロナ禍ではありましたが、よくがんばりました!

 

2年実習のようす

 

 紅葉が色づき始めた今日この頃,今日は2年生実習のようすを紹介します。
2年生も3班に分かれ,約10名程度の生徒で3つのテーマについて,実習に取り組んでいます。最近は,みぞれが舞うことがありますが,ストーブを点火し,窓を開けて換気し,マスクを装着しながら実習に励んでいます。

①工場を自動で動かすコンピュータのプログラミング実習
 PLCという工場の製造現場でよく使われる特殊なコンピュータのプログラミング実習を行っています。

②CAD/CAM実習
 コンピュータで金属材料を削り出す機械のプログラミング学習(Gコード)の実習を行っています。

③レーザー加工機実習
 今年度導入された新しいファイバーレーザー加工機を活用したクリスマスオーナメント等の製作実習です。

全員真剣に取り組む様子
教員の指導に聞き入る生徒たち
Gコードを自分で考えています
ストーブ点火,換気,マスク装着
 

秋深まるものづくり(3年実習)

 

 11月に入り、いよいよ肌寒くなると機械創造科の実習は本格化します。

3年生の実習では、30名クラスを3班に分け、次のような楽しい実習に取り組んでいます。

◎金属と金属を溶かしてくっつける「TIG(ティグ)溶接」実習
 

独特の青白い火がでる溶接機です

◎学校近くの「丹後・知恵のものづくりパーク」で校外実習

 を実施しています。実習ではコンピュータで図面を描き、実際に加工する際の金属を想定どおり削られるかどうか、シミュレーションまでできる「CAD/CAM(キャドキャム)」実習を行っています。

 

オリジナルペン立てを設計しています

 

うまく削られるかどうかシミュレーションしています

◎コンピュータやレーザーを使った「オリジナルフォトスタンド」実習

どんなオリジナルフォトスタンドがきるかな? 今年度導入のレーザーで切断

切断したら手仕上げです。/ピカピカになるまで磨き上げます。

 

 機械創造科では3年生になったら、たくさんの機械を使って、いろんな加工ができます。

 

課題研究 おもしろ自転車班

 

課題研究「おもしろ自転車」班の紹介です。
オリジナルの自転車(三輪車)を製作し、10/18に園部で行われる「南丹サンサン祭り2020」に参加します。
製作は、鉄のパイプを溶接したり、刃物で削ったり、機械加工が凝縮された研究になっています。
本番は無事に完走、できれば上位入賞を目指して頑張ってください!

おもしろ自転車班 メンバー
三輪車(地元企業様より寄贈されたものです)
 

工業科オリジナル ソープディスペンサー

 

機械創造科では、足で消毒液をプッシュできる「ソープディペンサー」を試作中です。設計から加工まで生徒の手で行い、先日試作品が完成しました。
今後は修正を行い、様々な施設で使ってもらえるように、量産の準備も行っています!

試作品 なかなかの出来です
校長先生にお披露目しました
良い感じです!(事務長)
 

機械創造科オープンキャンパス

 
 今日は、機械創造科だけのオープンキャンパスを実施し、ものづくりの授業を体験してもらいました。しかも、オープンキャンパスをするのは、工業科の1年~3年生までの生徒たちでした。参加は、中学3年生の生徒21名、保護者10名の合計31名でした。

 ものづくり体験では、ボルトナットキーホルダーを製作しました。せっかくなので、ものづくりの代表的な流れ『設計→加工→組立』を体験してもらうため、(1)手書き製図体験(2)CAD体験(コンピュータを使って設計をするアプリ体験)(3)ねじ切り、穴あけの加工体験、(4)キーホルダーを組立てる体験をしました。

〇ウェルカムボード

 

高校生による「ものづくり体験」授業

(1)手書き製図体験

 

1、3年生が手書き製図を教えてくれました

(2)CAD体験(コンピュータを使って設計をするアプリ体験)

 

高校3年生が3Dプリンタを併用しながら授業を展開

(3)ねじ切り、穴あけの加工体験

 

作業帽をかぶった高校3年生が、ボール盤という機械で、キーリングを入れるための穴あけ加工を教えています

 

タップという工具で3Dプリンタで造ったナットにねじ切りをしています

 

できたナットを研磨して綺麗にします

 

最後に部品を組立てて完成!貴重なものづくり体験ができました。

 

ものづくりの秋

 

 最近、随分と過ごしやすい季節となりました。工業科にとっては『ものづくりの秋』がやってまいりました。1年生は、『工業技術基礎』という実習にて、クラスを3班に分け、鉄を削る実習『旋盤(せんばん)』、鉄をくっつける実習『溶接(ようせつ)』、鉄を切って叩いて曲げて形にする『板金(ばんきん)』の実習に励んでいます。

『旋盤』実習のようす

赤丸部内の右側の丸い棒を左の刃物で削っています。
真剣な表情で工作機械『旋盤』と向き合っています
『溶接』実習のようす/ 光り輝いている部分の鉄をくっつける練習をしています
彼女の右手の先には100A以上の電流が、流れています
『板金』実習のようす/ 厚さ0.5mmの鉄板を専用はさみで切っています
この薄い鉄板が小さな筆箱に化ける予定です
 

野球部にBSOを寄付しました

 

 3年生が課題研究という実習で製作したBSO(野球のスコアボードにおけるボール、ストライク、アウトのカウントの表記するボード)を本校野球部に寄付しました。本科に所属していた野球部先輩が、後輩野球部に使って欲しいという願いで製作した世界にたったひとつのBSOです。これを使って、どんどん強くなってくれることを願っています。

卒業した本科先輩に代わり工業科教員から進呈
BSO裏面には製作者の氏名と使用上の注意事項が
 

1学期 期末考査

 

1学期期末考査が終わりました!
新型コロナの影響で大変な1学期でしたが、皆が頑張ってくれたお陰で無事に1学期を終えられそうです。
生徒達も最後まで集中して、真剣にテストを受けていました!

皆集中しています... あと少し!
 

3年 進路指導 第5弾

 

本日の進路指導は「志望動機を考え、表現する」です。
内容を考えた後、集団面接形式で模擬面接を行いました。
なぜこの会社・学校が良いのか?何故ここでないとダメなのか?など、志望動機のポイントとなる部分の表現に苦労しながらも、頑張っていました。
面接は進路実現のための重要なポイントです。
これから何回も練習し、面接力を高めていきましょう!

皆、緊張の面持ちです。
自分の考えをしっかり伝えます。
 

進路講話

 

6月27日に「株式会社きんでん」様に入社した卒業生2名に来て頂き、
コロナ対策をしっかりと行った中で、入社試験対策や、入社後の心得や厳しさなど、貴重な話をたくさんして頂きました。
生徒達も先輩の話を真剣に聞き、積極的に質問をするなど、とても有意義な時間となりました。
先輩方のようになれるよう、頑張れ3年生!

しっかり間隔を空けて着席
みね☆すたに卒業生が来場
貴重な話をしていただきました
沢山の質問が出ましたが、全ての質問に対して丁寧に答えていただきました
 

課題研究の様子

 

6月26日に行った課題研究「LEDキューブ」班の様子です。
LEDを縦横上に500個以上組み合わせ、光を用いて様々な形を表現できる装置を製作中です。
(詳しくは"LEDキューブ"で検索してください)

完成までに「はんだづけ」や「プログラム」など、多くの作業がありますが、
美しいLEDキューブを目指して、全員で力を合わせて研究中です!
産業工学科/機械創造科では、機械だけでなく、プログラム電子回路の勉強もできます!!

LEDキューブメンバー
 

課題研究の様子

 

本日は出前授業班の様子です。
「レゴマインドストーム」というプログラミングロボットを使って
中学生へのプログラミング教育を考案しています。
生徒たちの表情をご覧ください!楽しそうですよね。
課題研究は自ら考え学びものを作ることの楽しさを実感できる非常に面白い授業です。
皆さんも峰山高校 機械創造科に入学し、課題研究に取り組んでみませんか?

出前授業メンバー
 

3年 進路指導 第4弾

 

本日は「自分の長所・短所を発表する」です。
自分の長所短所が言える=自己分析ができる人間と評価されます。
いつもと同じように、内容を考え、班ごとの発表、代表者の発表の流れで行いました。
今までの訓練の成果もあり、レベルの高い内容が出てきました!
就職試験解禁日まで約4ヶ月。これからまだまだ伸びそうです!!

1回目の発表は原稿を見ても良いですが...
2回目は「原稿なし」に挑戦!
今回の代表者は入退室もしてもらいます。
各班の代表による発表です!
 

2年生 進路指導

 

3年生だけではなく、2年生の進路指導も本格化しています。
複数の教員で面談を行い、個々に適した進路を導き出せるよう手助けをしています。
進路を考えることは大変な作業ですが、今後も面談を重ね、全員希望進路実現を目指します!

頑張れ!2年生
 

1年生 検定に向けた取り組み

 

1年生では「計算技術検定」という検定に全員が取り組んでいます。
本検定では機械の設計に必要な計算能力があるかを試験します。
6/19の本番に向けて、一生懸命練習中です。

目指せ!全員合格!!

※多くの資格・検定が取得できるのは工業科の大きな特徴です。
 資格・検定は進路実現の武器としてとても役に立ちます!

皆集中しています
計算は電卓を使います
 
COPYRIGHT (C) 京都府立峰山高等学校