学校生活

 

<部員数>

 10人(3年生:2人、2年生:2人、1年生:6人) ※2020年8月現在


<活動日>

 水曜日、金曜日が中心


<活動場所>

 生物実験室、学校林「莵道の森」、中庭(畑)、グラウンドの貯水池 など


<活動内容>

 学校林の哺乳類調査、畑作り(サツマイモなど)、昆虫採集、生物標本作成、各種化学実験、水質調査、莵道祭の展示、大会での研究発表 など

 莵道高校だからこそできる活動をしています。学校林で動物を追いかけたり、中庭で畑をつくって作物を育てたり、他ではあまり経験できないことを一緒にやりませんか?別のクラブと兼部しても大丈夫です。

 

 莵道高校の敷地内には「莵道の森」と呼ばれる学校林があります。歩いて30秒で入れる森があるというのは、他の学校にはない莵道高校の大きな特徴であり、科学部ではこの学校林を舞台にした様々な調査をしています。

 中でも、動物が通過すると自動的に撮影される赤外線センサーカメラを使用した、学校林をどのような動物が利用しているのかという調査は、ここ数年ずっと継続して行っています。

 先日、新入生の体験入部で学校林に入ったとき、ついでにセンサーカメラのデータを回収してきました。シカを中心に、ニホンリス、テン、ハクビシンという最近よく見かけるメンバーが撮影されていました。

 センサーカメラ調査で最も撮影されるのはニホンジカです。近年、シカは全国的に増加しているのですが、学校林の調査でも、開始当初に比べて明らかにシカの撮影数は増えています。

 莵道高校では、学校林の中だけでなく、夜になるとグラウンドや中庭などにもシカがやってきて、足跡を残したり、糞をしたり、花壇を荒らしたりします。ここまでシカと深い関係性がある学校はあまりないので、これも立派な莵道高校の特色であると解釈しています。すごく面白い話ですよね。

 調査で撮影された写真の一部はこうやってホームページで公開しています。「校舎のすぐ近くにこんな動物がいる」という情報を発信していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 

 新年度が始まり、新入生の部活動体験シーズンとなりました。今年の科学部の部活動体験は2日間実施で、1日目は学校林の散策をメインに、2日目は化学実験をメインに行いました。

 1日目の学校林散策では、みんなで一緒に学校林へ入り、センサーカメラの自動撮影を確認したり、シカの角研ぎ跡を見たりという体験をしました。2日目の化学実験では、人工イクラや持てる水を作ったり、水素と酸素を混合して爆発させる実験などを行いました。

 今年はなんと、2日で計10人の新入生が体験に来てくれました。このうち何人が入部までしてくれるか分かりませんが、科学部は皆さんの入部を心待ちにしています。入部したら早速、畑を耕すことができますよ!



 

 3月も終わりにさしかかり、暖かい日が続くようになってきました。学校林に入るときもポカポカといい感じなのですが、同時に、冬場は見晴らしの良かった林床にどんどん下草が生えてくる前触れでもあります。

 さて、センサーカメラで撮影される動物は季節によって多くの変化を見せてくれます。それは、夏毛と冬毛の変化であったり、ニホンジカの角の変化であったり、アナグマのように冬は姿を消したり、さまざまです。

 最近よく撮影されるニホンリスも、夏毛と冬毛で姿がちょっと変わる動物です。今の時期に見られるのは冬毛の姿ですが、冬毛のニホンリスは、落ち着いた色の毛で覆われ、お腹は真っ白、さらに耳にふさふさした毛が生えており、非常に可愛らしいです。

 ニホンリス自体、全国的には減少傾向にあるようで、絶滅が心配されている県もあります。京都ではまだまだ多く生息しているようですが、学校林でもその可愛い姿を見せてくれるのは嬉しい限りですね。

 

 学年末考査の期間中、ずっと稼働していたセンサーカメラを回収してきました。センサーカメラによる調査は、カメラさえ設置してしまえば一定期間は放置することができるので、定期考査などで部活動ができないときでも継続した調査ができるのが利点ですね。もっとも、回収に行ったら電池が切れていることもよくありますが。

 今回もニホンジカを中心にリス、テンなどの顔ぶれが撮影されていました。下にテンの写真を2枚のせていますが、是非この2枚を見比べてみてください。毛色が全然違うことが分かると思います。テンは毛色の個体差が非常に大きい動物で、黄色が強いものや茶色が強いものなど多様です。色合いによっては「キテン」や「スステン」と呼ばれたりすることもあるのですが、この違いを見るのもテンの面白さではないかと思います。

 さて、この調査を始めた最初の1年くらいは、ニホンジカ、イノシシ、タヌキの撮影数が多く、この3種が学校林をよく利用している動物なんだろうと考えていました。しかし、この2年程はイノシシ、タヌキの撮影数が減少し、シカばっかり写るという状況になりつつあります。特にタヌキは今年度ついに撮影されず、学校林を利用している動物相の変化を強く感じているところです。今後はその原因が何なのか考えていくとともに、タヌキがまた学校林に戻ってくるのかを観察していきたいですね。

 

 3月に入り、学年末考査が終了し、天気も良かったので、ジャガイモの種芋の植え付けを行いました。

 植え付けは11月までサツマイモを植えていたシカ除けネットが張ってある畑に行いました。2月中にあらかじめ畝を作っておいたので、作業としては適度な間隔をあけながら種芋を埋めるだけです。

 今年度は予期せぬニホンジカの襲来により、科学部の作物はやられてしまいました。その代わり、シカ対策を色々と考えることができたと思います。来年度はこの経験を踏まえ、シカに負けない畑作りをしていきたいですね。このジャガイモの植え付けが、その最初の一歩になればと思います。

 

 2月も下旬に入り、少しずつ暖かさを感じられる日が増えてきたように思います。放課後もすぐに暗くならなくなったし、こうなってくると学校林でのセンサーカメラ回収がやりやすくなってきます。今回は設置期間が短かったこともあってか、あまり哺乳類は撮影されませんでした。代わりに、鳥類の写真がいつもより多かったです。

 センサーカメラは赤外線センサーを使用しており、体温をもった恒温動物にはセンサーが反応してシャッターが落ちるため、哺乳類だけでなく鳥類も写ります。学校林ではキジバトやハシブトガラス、シロハラなどがよく撮影されます。最近はトラツグミも多いですし、過去にはキジが撮影されたこともあります。鳥類は基本的には日中に撮影されるので、明るい時間の写真があれば「鳥類かな?」と思うところです。このセンサーカメラ調査は、哺乳類を対象としている調査ですので、鳥類についてはそこまで詳しく調べたりしているわけではないのですが、いずれ、学校林で見られる鳥類もまとめていけると面白いかも知れませんね。

 現在科学部では、過去3年分くらいの調査データを集計しています。データ量が多い上、学校林を二次林と人工林に分けて調査していたり、写真データだけでなく動画データもあったりでとても大変なのですが、部員みんなで分担しながら作業を進めています。来年度、コロナの状況がよくなれば、この集計したデータを元に、これまでの調査結果を何らかの形で報告・発表できたらいいなと考えています。

 

 現在、学校林内には科学部が設置したセンサーカメラが複数台存在しているわけですが、その内の1台はこの時期、人工林の水場(ヌタ場・水たまり)の前に設置しています。

 莵道高校の学校林には大きく二次林(雑木林)と人工林(スギ林)があるのですが、人工林側にはどこからか水が流れ込み、水たまり(ヌタ場)をつくっている場所が存在します。水場というのは動物が集まる場所ですので、センサーカメラを設置するには最高の環境になります。ただし、この人工林の水たまりは、ちょっと日当たりのいい場所でもあるため、日光のきつい夏場はシャッターの誤作動が起こりやすく、カメラを設置することができません。よって毎年、日光がやわらぐ冬場にだけ設置できるスポットになっているのです。水を飲みに来る動物、泥浴びをするシカやイノシシなど、以前にも良い写真が何度も撮影されているこの場所は、今年の冬も色々な動物が撮影されています。

 ところで最近、二次林側に設置したセンサーカメラに、やけにトラツグミという鳥が写るようになりました。恐らく同じ個体だと思われるトラツグミが、毎日のように撮影されています。もしかしたら、お気に入りの場所なのかも知れません。

 トラツグミは、森林などでよく見られる鳥ですが、夜中に鳴く習性があり、その鳴き声は「鵺(ぬえ)」という空想の動物の鳴き声として使われています。莵道高校の学校林には鵺がいますって言うと、ちょっと面白いですね。

 

 2月になりました。まだまだ寒い時期が続いていますが、日が落ちる時間は確実に遅くなっているように感じますね。7限目まで授業があった後でも森林に行ける時間が少しずつ増えてきて、センサーカメラの回収もやりやすくなっています。

 今回はあまり設置期間が長くなかったので、撮影数も決して多くなかったのですが、前回1年ぶりに撮影されたキツネが再び撮影されていました。キツネは普段写らないだけに、こうやって姿が確認できると嬉しくなります。と同時に、本当に最近タヌキが写らなくなったなと、不思議に思うところです。

 4枚目の写真を見ていただきたいのですが、角が片方しかない雄ジカが撮影されました。シカの角は毎年生えかわっており、春先になるとボトッと根元から落ち、その後また生えてくるのです。この角が落ちる時期というのが大体3月頃なんですが、早いときは2月くらいからもう落ち始めるらしいので、そろそろ、そういう時期ということなんでしょうね。

 そんな中、アーチェリー部の顧問の先生から、「ア-チェリー場に落ちていた」とシカの角をいただきました。4又に分かれている、成熟した雄の角でした。ニホンジカの角は生えかわるごとに2又、3又と増えていき、最大4又まで枝分かれしていきます。このような角を「枝角(アントラー)」といい、ウシなどに見られる生えかわらない角(ホーン)とは区別します。

 莵道高校はシカとともにある学校なので、生徒達にはこういう知識も学んでいって欲しいですね。

 

 1学期の話です。ある場所で農作物の害獣として捕獲され、冷凍保存されたオスのアライグマを手に入れました。大きな損傷がないきれいな遺体だったので、ありがたく解剖して、標本として利用させてもらうことにしました。


 ~毛皮の標本作り~

 1.毛皮をきれいに剥ぐ

 2.塩漬けする

 3.そのまま涼しくなるまで冷凍保存

 4.毛皮の内側についている脂肪などを除去

 5.洗剤で洗う

 6.なめし液(ミョウバン液)につける

 7.水気をとって乾燥させる

 8.よく揉んで柔らかくする


 まず、アライグマの外側である毛皮は、ミョウバンなめしで毛皮標本としました。

 毛皮なめしは暑い時期に行うと腐ってしまう可能性があるので、冬になるのを待って始めました。数日かけて、塩漬けにした毛皮の内側にこびりつく脂肪を削ぎ落とし、ミョウバン液につけて防腐処理をしていきます。冬休みの間ずっと乾燥させたあと、バリバリに固まった毛皮を手で揉んで柔らかくしたら完成です。

 部員達にとっては、動物の毛皮を剥ぐことは勿論、それをなめすこともすべて初めての体験です。みんな興味津々といった感じで作業を進めていました。


 そして今、アライグマの中身を骨格標本にするべく奮闘中です。まだ四肢の一つを骨にしただけなので先は長そうですが、全身骨格標本の完成を目指して頑張っています。

 

 1月も終わりにさしかかっていますが、まだまだ寒い日が続きます。寒風が吹き、雪がちらちら落ちる中でもセンサーカメラはずっと動物を待ち構えているわけですが、そんなデータを回収したところ、嬉しい写真が撮影されていました。

 毎年、今の季節に撮影される動物、キツネです。文字通り「きつね色」のスマートな体に、シュッとした顔、長くて先端だけ白い尻尾、まさにキツネといった感じで写っていました。

 昨年も一昨年も、キツネは3学期にだけ撮影されています。普段撮影されないのは、学校林のある山の反対側がゴルフ場になっているため、草原性の動物であるキツネはそっちにいるからだと考えられます。もしかしたら今の時期は、餌を探して学校林の方までやってきているのかも知れません。

 いずれにせよ、今年もキツネが撮影されて嬉しい限りです。ただ最近は、タヌキが撮影されなくなっているなど、学校林の哺乳類相に少し変化が起こっているような感じがします。キツネは今後も学校林に来てくれるのか、動向を見守っていきたいですね。

 

 現在、オンラインで開催されている「京都環境フェスティバル2020」で、科学部が環境活動団体として紹介されることになりました。

 環境活動を行っているという意識はまったくなかったのですが、センサーカメラを使った学校林の哺乳類調査が、地域の環境調査として評価されたようです。

 高校の部活動がこのような形で紹介されることは珍しいと思いますので、一度ご覧になってみてください。下記のリンクからどうぞ。


京都環境フェスティバル2020(オンライン開催)

莵道高校科学部の紹介ページ


 

 クリスマスといえばイルミネーションです。イルミネーションといえば、色々な光がキラキラしているものですよね。そんなクリスマスに向けて、科学部でも光がキラキラしてるものを作ってみました。

 そうです、光がキラキラといえば万華鏡ですね。今回は、理科の実験でよく使われる偏光板のシートを使った万華鏡作りに挑戦しました。

 紙コップに偏光板を貼りつけ、それを二重にして覗きます。偏光板の上からはセロハンテープをたくさん貼ってあるため、万華鏡のようにキラキラと様々な色を見ることができます。セロハンテープの貼り方で見える色が変わるので、部員達はきれいに見える万華鏡を目指して試行錯誤していました。

 

 科学部が学校林に仕掛けているセンサーカメラは複数台あるのですが、その内の1台は今年の春に新しく購入したものです。センサーカメラも年々技術が進歩しており、新しく購入したセンサーカメラは、それだけ性能が高くなっているものです。しかし、その新しいセンサーカメラは、交換用のSDカードをなかなか用意できなかったこともあり、「定期的に電池交換はしているけどデータ(SDカード)の回収はできない」という状態のまま、ずっと稼働していました。

 そのデータを、今月になってやっと回収することができました。季節を変えながらたくさんの写真が撮影されており、そこには「莵道の森オールスター」といった感じで、いつものメンバーが写っていました。やはり一番たくさん写っていたのはシカですが、それ以外だとイノシシやテンなども多かったです。

 開けた場所に設置していた関係上、明るい時間にカラスやハトといった鳥が撮影されていることも多かったのですが、そんな中に、学校林では今まで撮影されてなかった鳥の姿がありました。写真を見ていただきたいのですが、フクロウです。センサーカメラの前にあった倒木の上にとまるフクロウが撮影されていたのです。

 莵道高校の学校林は、京都市(醍醐)の方から南に伸びていく山の一部ですので、フクロウがいても別に不思議ではないのですが、こうやって写真で確認してしまうと、なんだか「フクロウのいる森」として少し貫禄が出るような気もしますね。これからは、日が沈んだ後にフクロウの鳴き声を探してみるのも楽しいかも知れません。ホーホー。

 

 2学期の期末考査が終わり、その間に仕掛けていたセンサーカメラを回収してきました。今回もシカがよく写っていましたが、どうも最近、同じ個体が何回も写ってるような気がします。

 夜間のセンサーカメラはフラッシュ撮影されるため、ほとんどの動物は驚いて逃げてしまいます。つまり、基本的には1枚しか撮影されません。しかし、中にはフラッシュの光に驚かない肝の据わった個体もいるわけで、そんな個体は連続で撮影されたりするわけです。最近撮影される若い雌ジカが、このフラッシュに驚かない個体でして、カメラの前に長時間いるため、様々なポーズの写真が撮れます。可愛らしいと言えば可愛らしいのですが、チェックするのは大変だったりします。

 今年度に入って部員が多くなり、今までにチェックできてなかった写真やビデオの記録もやっているのですが、やはり3年以上のデータを記録・整理していくのは本当に大変です。まだまだ先が見えませんが、これさえ終わればデータ集計で様々なことが見えてくると思います。それがすごく楽しみです。

 

 どうも最近、センサーカメラの電池が切れるのが早いような気がするので、こまめな電池交換が大切になっています。今回も、畑でサツマイモを収穫しながら、センサーカメラの回収をしてきました。

 今の季節、学校林にはクリやドングリなどの木の実がたくさん落ちており、様々な動物の重要な餌になっています。そんな木の実を探す動物の中でも、近頃やけにたくさん撮影されるのがニホンリスです。

 全国的に数が減っており、絶滅危惧種として指定される地域もあるニホンリスですが、京都ではまだまだ見ることができるようで、学校林でも定期的に確認されています。他の動物が夜に撮影されることが多いのに比べ、ニホンリスは完全な昼行性であるため、明るい時間に撮影されているのが特徴的です。

 今回は様々な姿のニホンリスが撮影されました。地面を歩く姿、倒木の上を駆ける姿、さらには木からするすると下りてくる姿まで写っています。昨年まで、特にこの時期にたくさん撮影されるということはなかったように思うのですが、今年は学校林がお気に入りスポットになっているのでしょうか。

 日本には近年、様々な場所にタイワンリス(クリハラリス)という外来種が入ってきており、色々と問題になっています。しかし、同じリスでも、ニホンリスとタイワンリスは外見や特徴に結構な違いがあるものです。ニホンリスは、基本的にお腹が真っ白で、耳毛が立っていて、尾も立てていることが多いです。タイワンリスは全体的に灰色で、耳が丸く、餌を食べるときに尾が地面についてます。在来種だからと贔屓してるわけではないのですが、ニホンリスの方が可愛らしい特徴をもっているような気がしますね。

 タイワンリスは果樹園などに大きな被害も出しており、特定外来生物に指定されています。体が灰色っぽく、お腹が白くないリスがいたら、注意して欲しいと思います。

 

 サツマイモを収穫する季節になってきました。

 今年は、4・5月の休校期間や中庭へのニホンジカ襲来などがあって、満足に作物が育てられなかったのですが、それでも何とかサツマイモだけは収穫の時期を迎えることができました。しかし、無事に迎えたかというとそうでもなく、夏場の最も葉や茎が伸びる時期にニホンジカに食べられまくったせいで、ほとんど生長することなく収穫の時期になってしまったのです。

 不安になりながらも、とりあえず土を掘ってみると・・・ありました。芋はとりあえずできています。しかし、その大きさはサツマイモのそれではありませんでした。栄養がまったく蓄えられていない貧相な姿。大きな芋ですら、握り拳より小さいという状況でした。

 昨年まで「サツマイモできすぎ!どうやって消費しようか!?」と騒いでいたのが嘘のようです。栄養を蓄える時期にちゃんと葉が育っているということは、本当に大切なんですね。当たり前のことですが、それが体験として理解できたと思います。

 どちらにせよ、今のご時世では収穫したサツマイモを部活動内で消費することはできませんでした。それでも、これは残念な結果になりましたね。

 

 4月・5月の休校期間中、人が少なくなったことに乗じて、3年ぶりにニホンジカが中庭に侵入してくるようになりました。科学部の畑は無残にも食い荒らされ、ジャガイモは小さなものしか収穫できず、サツマイモにいたっては茎や葉が伸びたところから食べられる始末。

 科学部は畑の周囲にネットを設置して対抗しますが、僅かな隙間をすり抜けるようにシカは中に侵入、堂々とサツマイモの葉を食べる様子が監視用センサーカメラに撮影されていました。これ以上被害が出れば今年の収穫は絶望的です。すぐにネットの隙間を針金で補強しました。

 その後、活動のたびに確認していたのですが、畑がシカにやられた痕跡は確認できませんでした。どうやら、ネットの補強により、侵入を防ぐことに成功していたようです。センサーカメラを確認すると、中庭には来ているのですが、畑に入れず、周囲をウロウロしている姿が撮影されていました。

 今年、急に勃発したニホンジカとの戦いは、科学部の勝利に終わったということなのでしょうか。しかし、畑の様子を見ると、そこにはほとんど生長してないサツマイモの姿が。もうすでに遅かったのかも知れません。

 そして、収穫の日がやってきます。はたして科学部は畑を守ることができていたのか。ご期待ください。

 

 今年度、科学部では時々基礎実験も行っています。

 今回は上方置換でアンモニアの気体を集め、集めた気体で噴水実験を行いました。アンモニアの気体は水に可溶なので、少しの水にも溶けて気圧の変化が起こり、噴水状態になります。実験に使うガラス管はクラブ員の手作りです。

 おなじみのフェノールフタレイン溶液よりBTB溶液が人気でしたが、アルカリ性であるアンモニアにより、どちらも鮮やかな噴水ができました。


 

 中空のガラス棒をガスバーナーで熱して、曲げたり伸ばしたりすることで、実験に使用するガラス器具を作ることができます。実験の授業で使うガラス器具の中には、手作りの器具も少なからずあったりするのです。そんなガラスの加工に、科学部の部員達が挑戦してみました。

 ガラス棒を短く切って、熱して、曲げていくのですが、ガスバーナーで熱している部分は本当に熱くなるので、火傷に注意しながら、慎重にやっていきます。しっかり熱すれば、意外と簡単に曲がります。

 科学部では以前にもガラス加工をしたことがあるのですが、それはちゃんと授業で使用しました。授業中に使っているガラス器具、もしかしたら科学部が加工したやつかも知れませんよ。