乳用牛・肉用牛・卵用鶏を教材として学習し、実習では、経営上重要な家畜の飼料作物栽培や畜舎清掃などの管理作業を行います。2年生後半からは家畜の扱い方も慣れてくるので直接家畜に触れる管理作業を行います。
寮生活を送っている専攻生は、朝6時から搾乳や飼養管理を行っています。






シクラメンや花壇苗を中心に、生産・管理します。現在は、良品を生産するための技術・知識の習得に加え、関連する情報を生徒自らが収集し、判断・行動できる能力の育成、園芸に携わるものとして欠くことのできない感覚を養うことも重要な学習目標としています。
さらに、室内園芸装飾技能士等、生涯において活用することのできる資格取得についても熱心に取り組むと同時に、フラワーアレンジメントやガーデニング等の取り組みも積極的に行っています。

 TOPページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク