講師は京都工芸繊維大学デザイン・建築学系 池側隆之教授です。昨年度の美術Ⅱの授業でアニメーションを経験している生徒もいて、映像に関しての興味関心は高く、熱心に作業に取り組んでいました。アニメーションの原型のフェナキスティスコープ(驚き盤)では、隙間から見えるアニメーションに感動し、本格的なプラキススコープでは、まわりを囲みながら楽しく鑑賞しました。大きな動きを選んで描いた生徒の作品は、見ていて大変面白かったです。また、沢山の視覚玩具を紹介してもらいました。

 
 
 
 
 

美術Ⅲの授業でつくった、共同制作「秘密基地」がついに完成しました!文化祭の前日に、美術室から扉を外してもらい、友人達に頼んで昇降口まで運搬しました。内側に綿で雲を、外側には柵をつくり、ようやく完成しました。文化祭ではたくさんの生徒が中に入ったり、写真を撮ったりしてくれました!

 
 
 

盛況のうちに幕を閉じた創華祭(文化の部)でした

1年生から3年生まで、全クラスが演劇を行うのが城南菱創高校の文化祭の特徴です。

各クラスの演技の様子を写真で紹介したいと思います!



まずは、1年生!

初めての創華祭での演劇でしたが、どのクラスも精一杯準備をして本番に臨むことができました!

1年1組 ALICEー不思議の国からの贈り物ー1-1演劇こっち.jpg

1年2組 スイッチを押すとき1-2演劇.jpg

1年3組 花盛りの君たちへ1-3演劇.jpg

1年4組 Keep on believing -Cinderella Another story-1-4演劇.jpg

1年5組 DREAMER1-5演劇.jpg

1年6組 異端白雪1-6演劇.jpg



続いて2年生!

舞台を広く使ったり、細部まで凝った舞台装置など、様々なところに工夫が見られました!

2年1組 夏色を探して2-1演劇.jpg

2年2組 Do you need me?2-2演劇.jpg

2年3組 特別列車の案内人2-3演劇.jpg

2年4組 僕らの7日間戦争2-4演劇こっち.jpg

2年5組 White Sin2-5演劇.jpg

2年6組 Angel Tear~人形の見る夢~2-6演劇.jpg



最後に三年生!

流石は最高学年。演技力や演出など、総合的にクオリティの高い演劇を見せてくれました!

3年1組 鏡花水月3-1演劇.jpg

3年2組 ダブリンの鐘つきカビ人間3-2演劇.jpg

3年3組 人間になりたがった猫3-3演劇.jpg

3年4組 ノートルダムの鐘3-4演劇.jpg

3年5組 ハムレット3-5演劇.jpg

3年6組 銀河旋律3-6演劇.jpg



どのクラスも熱い演技を見せてくれました

こうした文化祭当日のパフォーマンスは、舞台裏での努力あってのもの。

準備の段階でも多くの生徒が真剣に取り組んでいました

DSC_0025.jpg2-1準備.jpg3-2準備.jpg3-4準備.jpg

創華祭(体育の部)でも、城南菱創生が活躍してくれることを期待しています!!

 
 
 
 
 

  第10回創華祭(文化の部)を9月4日~6日の3日間にわたって行いました。総学ダンスでの盛大な幕開け後、全クラスが演劇を次々と披露しました。とりわけ3年生の演劇は完成度が高く、熱演に大きな拍手が送られました。
  また、美術・科学・ボランティア・家庭・茶道などの文化系の部や芸術科目選択者も、日頃の活動の成果を披露しました。昨年度に続き書道部のパフォーマンスが行われ、多くの観客を魅了しました。さらにPTAによる販売もあり、とても好評でした。

演劇3年の部の最優秀賞 3年4組「ノートルダムの鐘」
演劇3年の部の優秀賞  3年2組「ダブリンの鐘つきカビ人間」
演劇3年の部の優秀賞  3年1組「鏡花水月」

演劇2年の部の最優秀賞 2年5組「White Sin」
演劇2年の部の優秀賞  2年2組「Do you need me?」
演劇2年の部の審査員特別賞  2年4組「僕らの7日間戦争」

演劇1年の部の最優秀賞 1年5組「DREAMER」
演劇1年の部の優秀賞  1年6組「異端白雪」

ポスターの部の最優秀賞 2年4組「僕らの7日間戦争」
ポスターの部の最優秀賞  3年1組「鏡花水月」
ポスターの部の優秀賞  2年2組「Do you need me?」
ポスターの部の優秀賞  1年2組「スイッチを押すとき」

 
 
 
 
 


  8月26日(月)、2学期の始業式を実施しました。残暑が厳しい中、生徒たちは元気に登校してきました。式に先立ち、新しく着任されたシム・ヒジン先生の紹介が行われました。
  吉川校長は式辞の中で、一昨日の学校説明会について振り返り、「多くの菱創生の協力のおかげで、よい説明会となりました。まさにチーム菱創でした。」と述べられました。
 また、弓道部の全国大会出場と、男子ハンドボール部の近畿大会ベスト8、全国大会のフットサル競技の長尾君やボウリング競技の畑さんが準優勝をしたことについて触れられ、「私自身もとても勇気づけられました。」と述べられました。
 2学期の文化祭では、「各クラス、各部や各教科でよりよいものをつくりだしていくために、全力で協力し、準備期間の一瞬一瞬を楽しんで取り組んでほしいと思います。私もとても楽しみにしています。」と述べられました。
 3年生には、「自分を信じることと、最後まで諦めない気持ちをもって取り組むことが大切かなと思います。」と述べられ、2年生には、「将来自分は何をしたいのか考えてほしいですし、また、部活動の中心として、全力でかつ楽しむことで、日々の密度を高めてほしいと思います。」と述べられました。1年生には、「高校生活も本格化します。入学してきた時の気持ちを思い返し、新たな気持ちで一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。」と述べられました。
 次に、ラクビーワールドカップについて触れられ、「ラクビーの3つの魅力は、『多様性』と、『One for all, all for one』、『ノーサイド』のスピリットで、これからの世の中を生きていく上で最も大切なことの一つだと思いますし、創華祭においても、全力で取り組み、最後は『ノーサイド』で、チーム菱創として全員で互いに称え合ってもらえれば最高だと思います。」と述べられました。
 最後に、平尾誠二氏のことばの『心の声に従え』について述べられ、「平尾氏は、自分の可能性を最大限に活かすためには、自分の『心の声』に耳を澄ませなければならない。『自らの心』から発した決意は、主体的に進むことができ、充実感が違うのだと思います。」という言葉を紹介されました。「この2学期をよりよいものとするためにも、皆さん一人一人が、自らの『心の声』に耳を澄まし、主体的に動くことで、自分の可能性を伸ばすことができる2学期になればと思います。菱創生ならできると思うし、切にそう願っています。」と述べられました。
次に、進路指導部長の澤井先生と生徒指導部長の西山先生よりお話をいただきました。
部活動等の表彰を行いました。

  1学期及び夏期休業中に、顕著な活躍をした部や生徒に対して、表彰や成績の紹介が行われました。


JFA 第6回全日本U-18フットサル選手権大会 長尾 瑛土 準優勝
第34回東海北信越高等学校ボウリング選手権大会 女子個人  畑 紗矢香  準優勝
第58回京都府高等学校放送コンテスト兼第65回NHK杯全国高校放送コンテスト京都大会 ヴォイスアクト部門 岩崎陽 3位、鈴木 多恵 5位、杉本 留奈6位

 
 
 

8月10日(土)~8月16日(金)の7日間、業務休止期間とします。

その間、生徒登校および部活動は禁止です。

ご理解、ご協力を宜しくお願いします。

 
 
 
 
 

 7月19日(金)、1学期終業式を行いました。
 式では、吉川校長からあいさつがあり、まず初めに、1学期を振り返り、野球部の試合について触れられ、「野球部だけでなく、どの部も上級生の一生懸命頑張る姿が、下級生を引っ張っている」と述べられました。その中で、弓道部が全国大会や近畿大会出場、ハンドボール部は男子が近畿大会の出場やベストセブン賞、そして男女でそれぞれ優秀選手賞を受賞し、みんなで、協力して取り組む中で、人間的に大きく成長していると述べられました。
 本校初めての2年生の東北・東京研修旅行では、「離村式のとき別れをとても惜しむ瞬間となり、相手にやさしい、相手の気持ちを考えて、ともに行動できる菱創生ならではのファームステイとなったと思います」と述べられました。
 また、そのことに関連して「リスペクト」ということばについて触れられ、「互いに違いを認め合った上で、リスペクトし合える関係ができれば、人間関係はどれほど豊かになるかと思います。本校には、自他をリスペクトする雰囲気、校風が豊かにあり、このことを校長として誇りに思いますし、みなさんの力でさらに高めてほしいと思います」と述べられました。最後に、「みなさん一人一人には、自分の想像以上に可能性があり、それを生かすためにも、この夏休み、一日一日を大切に過ごしてほしいと思います」と述べられました。
 次に教務部長小西先生と生徒指導部長の西山先生よりお話をいただきました。
 最後に、AETのアマンダ先生の離任式が行われました。式の中では、生徒会副会長の3年の森さんから花束の贈呈と感謝の言葉を送り、アマンダ先生から英語で「城南菱創でともに過ごした皆さんに感謝します。特に、生徒の皆さんはいつも授業で頑張ってくれてありがとう。城南菱創での思い出は忘れません。」と別れの挨拶をいただきました。
 次に部活動の表彰と壮行会が行われました。
<弓道部>
全国高等総合体育大会弓道大会京都府個人2次予選会兼近畿高等学校弓道大会京都府個人予選会
岩渕 絵理 1位 近畿大会および全国大会に出場
浅利 美羽 2位 近畿大会および全国大会に出場
齋藤 舞  9位 近畿大会に出場
全国高等総合体育大会弓道大会京都府団体2次予選会兼近畿高等学校弓道大会京都府団体予選会
男子3位 女子3位 近畿大会出場
春季高等学校弓道大会
女子団体2位
浅利 美羽 女子個人3位
織田 悠雅 男子個人4位
<男子ハンドボール部>
第70回全国高等学校総合体育大会京都府予選 兼 第62回近畿高等学校選手権大会京都府予選
第3位 近畿大会出場
原田 陽太 ベスト7賞 優秀選手
原田 裕斗 優秀選手
<女子ハンドボール部>
林 菜暖  優秀選手
<体操部>
第72回京都府高等学校総合体育大会
女子団体 第4位
松井 玖留実  体操競技女子3年生の部個人選手権 5位
<女子テニス部> 第72回京都府高等学校総合体育大会 女子団体 Bブロック準優勝(インターハイ予選ベスト8)
<ボウリング>
令和元年度 京都府高等学校総合体育大会 ボウリング競技の部
  畑 紗矢香 女子個人 優勝
「高体連加盟校全国選抜大会」に京都府代表選手として出場決定
<フットサル>
JFA第6回 全日本U-18フットサル選手権大会大会
長尾 瑛土  優勝
『JFA 第6回全日本U-18フットサル選手権大会』への出場決定

 
 
 
 
 

7月2日(火)、普通科2年生「物理」の授業で、京都工芸繊維大学から高橋和生先生をお招きして、「微小重力環境における物理実験」について講義をしていただきました。

 宇宙ステーションでの実験の様子などを動画やスライドを交えて解説して頂きました。また、簡単な実験を行いながら微小重力について考えました。さらに、プラズマを用いた集積回路の作り方や微小なごみの除去についても解説して頂きました。

 
 
 
 
 

土笛はなぜ音が鳴るのでしょう?歌口によって二つに分かれた空気の渦は「カルマンの渦」と呼ばれ、渦でできた振動と、土笛の中の固有振動が共鳴して、大きな音がなります。理科の先生による講義では、空気の通り道に障害物があると、その後ろでは空気の渦によって振動が起こることを、なぜ旗は風によってたなびくのかなど、具体的にわかりやすく説明していただきました。

土笛は音階が分かれるように、わざと大きさを変えました。大きな土笛からは低い音が、小さい土笛からは高い音が鳴ります。吹き口から覗いたとき、中心にリードがくるよう音が鳴るまで「へら」で調整しました。素焼きした後に、絵具でカラフルに着色しました。

音を出しあって、音階順に並んでみます。上手く音階にあてはまりません!音楽の先生が音階をつけると、ド・レ・ミ♭・ファ・ソ・ソ♯・ラ・シ・ド♯。それぞれが音を出して、和音となるのを楽しんだり、最後には「チューリップ」と「キラキラ星」を演奏できました。

 
 
 
 
 

 美術系進学希望者が多く選択する「描写」の授業で、京都アートスクールより原田昌典先生から色彩構成の基礎を学習しました。立方体の面に、任意に線を引いた後、3つの面の明度差を意識して、着色します。明度の差を出すためには、どのような色使いが効果的であるのかなど、詳しく教えていただきました。これからの色彩構成を描くときに、とても参考になりました。

 放課後には、全学年対象とした「美術系進学説明会」を行いました。近年、ますます複雑に変化している美術系大学の入試状況を、資料を元に説明されました。合格再現作品をたくさん見ることができるので、大変参考になりました。