食品経済コース Marine Economics and Sea Processed Food Manufacturing Group

食品経済コース Marine Economics and Sea Processed Food Manufacturing Group 食品経済コース
 水産食品の製造・加工・流通を学び新製品の開発に取り組みます。
コースの特徴 01.
 地産地消を基本に地元の魚介類を素材にした製品を生産し、コンテストでの入賞を目指します。
※令和元年度和菓子甲子園近畿大会出場、シーフード料理コンテスト水産庁長官賞
コースの特徴 02.
 元宝ヶ池プリンスホテル総料理長神田正幸シェフや大和学園京都栄養専門学校の講師による指導を年8日以上行い、専門的な技術を身に付けます。
コースの特徴 03.
 本校の食品製造実習室は、保健所から「飲食店営業」、「菓子製造業」等の許可を受けており、毎月1回校内でレストランを営業したり、イベントで販売したりしています。
食品経済コース

三菱みらい育成財団 成果報告会

 1月26日(木)、食品経済コース3年生が、「三菱みらい育成財団 成果報告会」を実施しました。当初は、1月25日(水)に実施する予定でしたが、大雪のため1日順延しての実施となりました。予定変更のため、無観客での実施になりましたが、「高校生...
食品経済コース

2年生学習成果発表会コース内選考

 1月26日(木)、食品経済コース2年生が、3月に行われる「2年生学習成果発表会」に向けてのコース内選考を行いました。 今年度は、個人で発表したり質問したりする力の育成を目指し、1人1人がプレゼンテーションを作成し、個々で質問する形式で行...
食品経済コース

1月高校生レストラン(宮津会場)

 1月19日(木)、食品経済コース2年生が、宮津市の「Space HAMAKAZE」で、高校生レストランを実施しました。地元の方々を中心に多くの方々に御来場していただき、多くの学びを得ることができました。ありがとうございました。 全...
食品経済コース

丹後特産品アドバイザー事業

 1月19日(木)、食品経済コース3年生が、大和学園 料理メニュー・特産品開発アドバイザー事業の一環で、学校法人大和学園 京都調理師専門学校の高山陽平様、浅井莉恵様に来校していただき、丹後の特産品開発についてのアドバイスをいただきました。...
食品経済コース

新しい練り製品

 1月12日(木)、食品経済コース3年生が、新しい練り製品の試作を行いました。この取組は、株式会社和久傳京丹後久美浜工房様との連携で行っているもので、本年度で6年目になります。今後も、地元企業と連携し、地域の発展に少しでも貢献させていただ...
食品経済コース

開缶検査

 1月12日(木)、食品経済コースの2年生が、開缶検査について学びました。販売実習に向けて、今後も、安心・安全な製品を製造していきたいと思います。 缶高、内径を測定し、缶の状態を確認しました。 グループで教え合い、学びを深めま...
食品経済コース

高校生レストラン(12月本校)

 12月10日(土)、本校で高校生レストランを実施しました。3年生は、今回のレストランが最後の参加になります。8年間の伝統を後輩に引き継ぎ、伝統を守っていきたいと思います。 寒風の中、多くの方々に御来場していただきました。 次...
食品経済コース

新巻鮭予約販売

 12月20日(火)及び21日(水)、実習製品「新巻鮭」の予約引き渡しを行いました。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一昨年度から行っている地方発送についての準備も同時に行い、実践的な力を身に付けられるよう取り組みました。 ...
食品経済コース

高校生レストラン(12月・宮津会場)

 12月15日(木)、食品経済コース2年生が、宮津市浜町のSpace HAMAKAZEで、高校生レストランを実施しました。寒風の吹く中での開催になりましたが、地産地消に少しでもつながりましたらと思います。  2年生は、校内以...
食品経済コース

学科・コース別オリエンテーション

 12月19日(月)、1年生を対象として、2年生から所属する学科・コース別にオリエンテーションがありました。 食品経済コースでは、「何のために海洋高校に入学したのか」「責任転嫁せず、責任を持って与えられた仕事をする」ことについて考えました...
タイトルとURLをコピーしました