精華町立 山田荘小学校 Headder

 

山田荘小学校からのお知らせ

 
 

校長室から

校長室から[根記事一覧]
12345


7月4日(火)全校集会がありました。この日は台風も接近し、朝からとっても蒸し暑い日くみんな汗だく。でも、みんな元気いっぱい。新たに山田荘小学校の仲間になった友達の紹介もありました。京都市内から転入生が2年生に1人、韓国からの体験入学生が5年生に1人(1学期限定)、アメリカの現地校に行っている体験入学生が6年生に1人(1学期限定)です。みんな仲良くしようね。
その、全校集会でお話しした内容をかいつまんで、、、
地道な努力の積み重ね  

 7月1日(土)は「ふれあいフェスティバル」でしたね。校長先生は創意工夫にあふれた「お店」を見て回るのが楽しかったです。それは1年から6年までのみんなが協力している姿が見られるからです。協力はかけ算です。
 そして、やっぱり努力は足し算です。
 よく見かける大ドラム缶(1-1や図工室の前にある)の容量は200リットル。このドラム缶40本分(8000リットル)の液体を1日で移し替えようとすれば、大変な労力が必要です。実は、私たちの心臓は毎日、それだけの量の血液を体中に送っています。1回の拍動で送り出すのは、わずかな量です。しかし1回80ミリリットルずつとして、1分間で70回の拍動があれば5・6リットル。1時間では336リットルとなり、1日で8064リットルという計算になる。このまま続けると1年では3000トン、80年続けば24万トンという、最大級のタンカーほどの途方もない量になるのです。
 毎日、学校で勉強していることは、一時間一時間の積み重ねです。そこで積極的に手を挙げて発言し授業に参加している人と、手遊びをしてノートさえとらない人との差は、少しずつですが、確実に広がっていきます。だからこそ、一回一回の前進はわずかに思えても、授業に参加しノートをとることを続けることに徹すれば、必ず、その努力は報われると思います。たゆまぬ地道な積み重ねこそ力となることを忘れず、夏休みまでの残り実質12日間を有意義に過ごしてください。努力は足し算です。
 蒸し暑くて大変だけど、毎日を大切に。


12345

学校の様子

学校の様子
12345
2017/09/01

二学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 精華町立山田荘小学校サイト管理者
2学期が始まりました!
 9月1日、今日から2学期が始まりました。教室や廊下では賑やかな子どもたちの話し声が聞こえていました。久しぶりに会った友達と、先生と色々な話に夢中になっているようでした。夏休みに作った色々な作品や取り組んだ課題も素晴らしかったです。
 

 

 体育館で行われた始業式では、校長先生から「この2学期、自分が挑戦していく目標となることをしっかり持って欲しい。」という話を聞きました。
 

 学年によって、また個人によって立てる目標は違います。「挑戦」は今の状態ではできないことに向かうことです。今の自分は、クラスは、学年は・・・と考えて、しっかり目標と持って臨んでいきたいですね。そして、2学期の成長をみんなで感じられるように頑張りましょう!

10:33
12345