山田荘小学校からのお知らせ

 2月22日(木) 病気等の欠席状況をお知らせします。

  
  1年生…0名
  2年生…その他2名
 
 
  3年生…熱1名、その他1名
  4年生…インフルエンザ5名、その他1名
 
 
  5年生…0名
  6年生…インフルエンザ1名
   
  インフルエンザ推移 昨日4名 → 本日6名

 

  
 

校長室から

校長室から[根記事一覧]
12345


7月4日(火)全校集会がありました。この日は台風も接近し、朝からとっても蒸し暑い日くみんな汗だく。でも、みんな元気いっぱい。新たに山田荘小学校の仲間になった友達の紹介もありました。京都市内から転入生が2年生に1人、韓国からの体験入学生が5年生に1人(1学期限定)、アメリカの現地校に行っている体験入学生が6年生に1人(1学期限定)です。みんな仲良くしようね。
その、全校集会でお話しした内容をかいつまんで、、、
地道な努力の積み重ね  

 7月1日(土)は「ふれあいフェスティバル」でしたね。校長先生は創意工夫にあふれた「お店」を見て回るのが楽しかったです。それは1年から6年までのみんなが協力している姿が見られるからです。協力はかけ算です。
 そして、やっぱり努力は足し算です。
 よく見かける大ドラム缶(1-1や図工室の前にある)の容量は200リットル。このドラム缶40本分(8000リットル)の液体を1日で移し替えようとすれば、大変な労力が必要です。実は、私たちの心臓は毎日、それだけの量の血液を体中に送っています。1回の拍動で送り出すのは、わずかな量です。しかし1回80ミリリットルずつとして、1分間で70回の拍動があれば5・6リットル。1時間では336リットルとなり、1日で8064リットルという計算になる。このまま続けると1年では3000トン、80年続けば24万トンという、最大級のタンカーほどの途方もない量になるのです。
 毎日、学校で勉強していることは、一時間一時間の積み重ねです。そこで積極的に手を挙げて発言し授業に参加している人と、手遊びをしてノートさえとらない人との差は、少しずつですが、確実に広がっていきます。だからこそ、一回一回の前進はわずかに思えても、授業に参加しノートをとることを続けることに徹すれば、必ず、その努力は報われると思います。たゆまぬ地道な積み重ねこそ力となることを忘れず、夏休みまでの残り実質12日間を有意義に過ごしてください。努力は足し算です。
 蒸し暑くて大変だけど、毎日を大切に。


12345

学校の様子

学校の様子
12345
2017/11/15

12月になりました

Tweet ThisSend to Facebook | by 精華町立山田荘小学校サイト管理者

今年も残すところ12月のみです
まとめの時期になりました!
 教室にストーブが設置され、いよいよ学校にも本格的に冬がやってきたように感じます。各教室から聞こえるストーブが燃えている音は、子どもたちが集中して静かな教室に響く教室の呼吸音のようにも感じます。

 さて、先月11月の子どもたちは様々な学びを経験し知識・技能を深めていました。
 そのほんの一場面を紹介します。

6年生
                                
 「食育」の学習では、一食分の献立を考えました。栄養のバランスだけで無く、栄養素として必要な食品の摂取量、食欲に繋がる見た目の良さにも着目し、一人一人が頭を悩ませながら取り組みました。





5年生

 「福祉」について体験学習をしました。実際にお年寄りや未就学児に触れ、どういった心でどういった視線で対応すれば良いのか。なぜその必要があるのか。うわべだけの「優しさ」は立ち位置が「~してあげる。」という立ち位置にとどまり目標の「共生」に行き着かない。互いを尊重し合う心が「福祉」のスタートだと知りました。


4年生


 環境学習をすすめている4年生は、中庭の環境を良くするためにプランターに花を植え、育てています。4年生はこれから自分たちが調べたことで少しでも「環境」を良くするために役立てることを考え、実践していくそうです。




3年生

総合的な学習の時間に「食」をテーマに学習を進める3年生は、1年間地域の学習サポーターさんやボランティアさんたちと共にお米作りに取り組んできました。その支えがあって,多くのお米が今年も実り、みんなで「お米パーティー」をしました。人と関わり、人が生きていくために必要な「食べる」ということについて、体験を通して豊かに学んでいます。





2年生

 社会科見学でニフレルに行きました。体験型の水族館で、子どもたちはグループで館内を移動しながらたくさんの珍しい魚や水辺の生き物を観察していました。体験コーナーやすぐそばを動物が歩いているスペースもあり子どもたちはすごく身近に生き物を感じることができたようです。



1年生

 2年生が招待してくれた「おもちゃ祭り」を体験しました。一生懸命説明したり、ゲームのやり方を教えてくれるお兄さんお姉さんの姿に、目を輝かせしっかりついて行っていました。来年は僕たち私たちがこのお祭りを開くんだ!という意欲も感じる楽しみ方ができました。




 これまでの学びをしっかりとまとめ、新年を迎えたいと思います。それぞれのご家庭でも子どもたちへの励ましの言葉や頑張りや成長を喜び認める言葉をプレゼントしてあげてください!
17:59
12345