Loading...

商業と情報の専門学科を設置する京都すばる高校は、規律ある授業と高い目標を持った特別活動を通じて、確かな学力と豊かな心を持った人材を育成します。

 

 今までに無い商品を作りたい。こんな商品があったら良いのに。企画科はそんなあなたの夢を実現させる第一歩となるでしょう。商品を開発したり、販売するのは「自己満足」ではできません。消費者のニーズを捉え、求められている商品を作り出すとともに、その商品を魅力的にアピールすることが求められます。

 

マーケティング
 

マーケティングとはお客様との関係づくりです。商品・サービスのコンセプト、価格、プロモーション、流通を計画し、実行する過程です。その方法を基礎から学習します。

 

 

 

商品開発
 

企業との連携により新商品などの企画開発をするなど、実習を通して、企画やプレゼンテーションに関する知識・技術・態度を身につける科目です。

 

 

 

 

総合実践
 

2年次までのマーケティング・プランニング・メディアデザインに関する知識と技術を活用する集大成の科目です。

 

 

 

 

 

 

上記科目(マーケティング・商品開発・課題研究)の画像をクリックすると各科目の画像が見られます。

 

企画科の専門科目

 

 商品を購入する人は、どのような思いを持って商品を選び、手に取るのでしょうか。企画科の授業では1年生から消費者のニーズを調べる基礎的な技術や知識を学びます。また、商品の企画立案も1年生から行います。2年生では企業連携の中で商品開発を実践的に学び、3年生では自分の開発した商品を企業に提案して実際の販売につなげます。これらの取り組みを通じて得たビジネスマナーや専門的なスキルは進路を決める大きな力となります。

 

企画科の専門科目
 
 

 企画科では「商品開発」や「デザイン」に関する様々な実習を通じて企画力や企画を伝え理解してもらうためにプレゼンテーション力を習得することを目指します。そして人の暮らしの中で生かされる新たな価値を創造します。

 企画科では多くの企業との連携によって実践的な力を高めるとともに、実行力や責任感、開拓精神やメディアリテラシーなどを習得する専門的な取り組みが行われています。

 

アントレプレナー実習・Agri&Subaruプロジェクト・ビジネスマナー講習会

 

アントレプレナー写真
 

一人一人が出資して起業した模擬会社の経営活動を行います。自分たちで企画開発した商品を生産し、地元商店街の空き店舗を利用したショップで販売します。

Agri&Subaruプロジェクト
 

企画科で学ぶマーケティングを生かして、地域農業(Agriculture)の活性化を目指すプロジェクトです。武士米や米の花小町といったオリジナル商品も開発されました。

ビジネスマナー講習会
 

京都すばる高校で身につけるビジネスマナーを、中学生が行う就業体験や高校入試の面接対策などで役立てていただくための講習会を中学校で行います。

 

研究発表などの取り組みや資格取得

 

 企画科では、積極的な企業連携によって実用的な企画力やプレゼンテーション能力獲得を目指しています。また、その成果をまとめ積極的に発信することで、評価をうけるとともに取り組みを発展させるように取り組んでいます。

 

***
 

商業について学ぶ全国の高校生が、様々なテーマで活動し、研究した内容についてプレゼンテーションを行い、その研究の素晴らしさを競う大会です。

海外での活動
 

企画科で学ぶ市場(マーケット)は世界と繋がっています。地域で生産された商品を海外で販売する。グローバル経済を学ぶために海外販売実習を行いました。(H25,H26)

***
 

企画とは、具体的で現実的な新たな価値を創造することです。そのためには実際の企業との連携が不可欠です。3年間でおよそ50社程度の企業と連携します。

 

  • 全国商業高等学校協会 主催
  •    「商業経済検定」
  •    高等学校での商業教育の振興、普及を目的として実施される検定試験です。企画科ではビジネス基礎、 マーケティング、ビジネス経済A、などに挑戦する事が可能です。
  •  
  • 全国商業高等学校協会 主催
  •    「情報処理検定」
  •    コンピュータ活用能力の修得を目指した検定試験であり、情報処理検定ビジネス情報部門いおいて1級 取得を目指します。
  •