学校生活

臨時休業延長に伴う3月16日(月)からの教育活動について

令和2年3月11日 


保護者 様


京都府立農芸高等学校 

校 長 長谷川 清隆 


新型コロナウイルス感染拡大防止に係る臨時休業の延長について


 平素は本校の教育活動に御理解、御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止については、御理解、御協力をいただき、ありがとうございます。
 さて、府立高校では、3月13日(金)までを臨時休業としてきたところですが、この間の府内の感染状況を踏まえて、下記のとおり、臨時休業を延長することとなりました。御家庭には御負担をおかけしますが、御協力をお願い申し上げます。
 なお、休業が長期に及ぶことから、生徒の心身のケアが必要になってきていることに加え、この期間は進級や単位認定にとって非常に重要な時期でもあることから、感染予防の徹底を図ったうえで、下記のとおり登校日を設定することとします。
 何とぞ御理解を賜りますようよろしくお願いいたします。


1 臨時休業延長の期間

 令和2年3月19日(木)まで

2 期間中の教育活動予定

 3月16日(月) 学年末考査
 3月17日(火) 学年末考査
 3月18日(水) 学年末考査・終業式

 ※3月19日(木)に終業式を予定していましたが18日(水)考査終了後に行います。

3 留意点

 (1) 臨時休業期間中は、引き続き、生徒の不要不急の外出は避けてください。

 (2) 指示された登校日においても、発熱があるときなどは無理な登校は控えていただき、必ず学校に御連絡ください。

 (3) 臨時休業期間中、部活動は行いません。

 (4) 御家庭においても、手洗いの励行や咳エチケットなど、基本的な感染防止対策を行うようにしてください。また、毎朝の検温など、健康観察に努めてください。

 (5) 引き続き、学校からの連絡は、次の方法で行いますので、確実に連絡がとれるよう御協力をお願いします。(寮生への連絡も同様です)

   ア 学校のホームページ
   イ PTAお知らせメール(登録者のみ、3月12日(木)発信予定)
   ウ 自宅等への電話(3月12日(木)以降に連絡します)

(6) 発熱が続くなど感染が疑われる場合は、保健所または専用相談窓口(京都市内の方は075-222-3421、京都市外の方は075-414-4726)へ御相談いただくとともに、学校へも連絡してください。

(7) 今後の感染状況等により、予定が変更されることがありますので、学校からの連絡には十分に御留意ください。

(8) 御不明な点等がございましたら、学校まで御連絡ください。

   連絡先:0771-65-0013 平日8:30~17:00以外は留守番電話となります。 


→ 新しい考査及び終業式の日程を掲載しました。リンクはこちらです。

3学期学年末考査 日程

3学期学年末考査の日程と時間割を更新しました。
御確認下さい。

PDFファイルになっています。

ファイル名:3gakkikousa_2.pdf

※PDFを開くには下記「3学期学年末考査 日程」をクリックして下さい。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止に係る臨時休業について

令和2年3月2日

保護者 様

京都府立農芸高等学校 
校 長 長谷川 清隆 

新型コロナウイルス感染拡大防止に係る臨時休業について

 平素は本校の教育活動に御理解、御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、すでに報道されておりますように、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、すべての学校を臨時休業にするよう政府から要請がありました。

 つきましては、本校におきましても、下記のとおり臨時休業の措置を行います。

 何とぞ御理解を賜りますようよろしくお願いいたします。



1 臨時休業の期間
   令和2年3月3日(火)から令和2年3月13日(金)
  (今後の感染の状況によっては、休業の期間を延長することがあります。)

2 今後の対応等
(1) 生徒の不要不急の外出は避けてください。
(2) やむを得ず登校する必要がある場合は、事前に学校へ御連絡ください。
(3) 学校からの連絡は次の方法で行いますので、確実に連絡が取れるよう御協力をお願いいたします(寮生への連絡も同様です)。
 ア 学校のホームページ
 イ PTAお知らせメール(登録者のみ)
 ウ 自宅等への電話

(4) 御家庭におかれましても、手洗いや咳エチケット(マスクの着用等)などの基本的な感染症対策を行ってください。また、毎朝の検温など、健康観察に努めてください。

(5) 発熱が続くなど感染が疑われる場合は、保健所または専用相談窓口(京都市内の方は075-222-3421、京都市外の方は075-414-4726)へ御相談いただくとともに、学校へも連絡してください。

(6) 臨時休業の期間中、部活動は行いません。 寮生の荷物搬出については延期とさせていただきます。

(7) 御不明な点等がございましたら、学校まで御連絡ください。
 連絡先:0771-65-0013 平日8:30~17:00 以外は留守番電話となります。

農場の1日の名称変更について

新HPに変わる際に、一部名称を変更しました。

前)農場の1日

後)農場日記

名称変更のみで、内容はいままで通りです。


農場日記は、日々の農場での出来事を掲載

↑こちら http://www.kyoto-be.ne.jp/nougei-hs/mt/education/farm/


農芸日記は、学校行事を掲載

↑こちら http://www.kyoto-be.ne.jp/nougei-hs/mt/school_life/diary/

第35回 卒業証書授与式を挙行しました!

2月28日(金)、多くの来賓にご参列いただき、第35期生89名に卒業証書が授与されました。

式辞の中で校長は「農業教育で学んだことを大切にし、日本人が農耕で培ってきた協働の精神とこれに基づいた高い倫理観を持ち、土を耕し動植物を育て、そして、心を耕す豊かな生活をイメージして生きていって欲しい」と言葉を贈りました。

また、3年生は実習や学校行事の思い出を挙げ、「周囲の人たちに助けられ、将来の展望も開けた」と答辞で答え、立派な社会人になることを誓うとともに、家族への感謝を述べました。

3年生ならびに保護者のみなさま、おめでとうございました!!

卒業に伴う伝達表彰を行いました

2月27日(木)、卒業予定者への伝達表彰を行いました。(財)産業教育振興会中央会長賞をはじめ、学科やコースでの学習で優秀であった生徒に対し、表彰状が送られました。

表彰を受けたのは以下のみなさんです。

みなさん、おめでとうございました。


ファイル名:R1jyusyo.pdf

※PDFを開くには下記「卒業に伴う伝達表彰を行いました」をクリックして下さい。

 

3月2日(月)に関する重要な連絡について

第1、第2学年保護者様

3月2日(月)は、通常通り登校してください。

LHRにおいて今後の学校生活について重要な連絡をします。

昼食は必要ありませんが、下校時間についてはお子様によって異なる場合があります。

スマート農業現地勉強会に参加しました。

 2月25日(火)に南丹広域振興局様との連携事業である、第3回NNAPの校外研修を行いました。今回の内容はスマート農業の現地勉強会です。説明会や見学を「農業組合法人ほづ」様の農場にて農業土木、作物、野菜の3コースの生徒計25名が行いました。農業の先進技術である無人トラクタや産業用ドローンの見学・体験を通じて、最新技術について学ぶことが出来ました。

 実際にIoT技術の導入された農機具を使用されている農家さんの話も聞くことができ、勉強になりました。

南丹市表彰式

 2月15日(土)、令和元年度南丹市表彰式が南丹市国際交流会館で行われました。

 「優秀スポーツ賞」として、パワーリフティングの結果により9名、「優秀文化賞」として、団体で畜産部、個人で造園、乳牛・和牛審査、意見発表、作文の取組により8名、「文化賞」として、団体で環境部、農産バイオ科作物コース、動物バイオコース・畜産部、個人で乳牛・和牛審査、意見発表の取組により13名が受賞しました。

 日頃の学習活動や部活動の成果が大きいことが分かる受賞でした。この受賞を糧として、今後の高校生活や卒業後の生活につながることを期待します。


令和元年度農芸ロードレース大会

2月7日(金)に「令和元年度農芸ロードレース大会」が晴天の中、開催されました。

 本行事は、1・2年生を対象に行われ、男子14.0km・女子は10.4kmのコースを走ります。体育の授業で1ヶ月ほど長距離を走り、忍耐力と持久力を高めて挑んだ本番!保護者や地元の方たちからの応援を力に変え、仲間と励まし合いながら走り抜くことができました。

 完走後には、やりきった表情とお互いを讃え合う姿がみられ、また、PTAのみなさんが作ってくださった豚汁(農芸高校野菜使用)をおいしくいただき、心も体も癒やされた様子でした。

保護者の方や地域の方々のご理解、ご協力のもと、事故等なく無事に終えることができました。ありがとうございました。

roadrace.jpg

キャリア教育文部科学大臣賞を受賞!!

キャリア教育文部科学大臣賞を受賞!!
本校のキャリア教育の実践が評価され、第13回キャリア教育優良校として農芸高校が文部科学省から表彰されました。
(文部科学省HP)
この賞は、キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められる学校や企業、団体に送られるもので、1月15日(水)国立オリンピック記念青少年総合センターにて、行われた表彰式には長谷川校長が出席し、表彰状を受け取りました。
農芸高校では府内唯一の農業専門学科単独校として、今後もキャリア教育の充実を推進し、地域の皆様の期待に応えられるよう努めてまいります。

3学期始業式

3学期始業式
1月8日(水)、3学期の始業式を行いました。式辞では、「3学期は次のステージへのゼロ学期でもある。覚悟を決め、活動を継続し、成果を出せる学期として欲しい。」と校長先生から話がありました。
いよいよ3学期が始まります。全員進級、全員卒業ももちろんですが、生徒のみなさんに良い学期となるように願っています。

第3回 オープンスクールを実施

第3回 オープンスクールを実施

12月21日(土)に本年度最後のオープンスクールを実施しました。当日は朝早くから多くの中学生、保護者のみなさんが来校され、会場の視聴覚室は予備のイスを準備して開講式を行い、その後は前期選抜学力検査の模擬問題解説を行いました。 保護者のみなさんには途中から会場を変えての進路講演会を聞いていただいたり、体育館での専門コースのミニワークショップを中学生のみなさんに体験していただいたりと、半日ではありましたが、盛りだくさんの内容で実施しました。 ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました。

学力検査の模擬問題解説
保護者対象「高校からの進路指導」講演会
ミニワークショップ

「酪農の夢」出張授業に参加

「酪農の夢」出張授業に参加

令和元年12月20日(金)に全国農業協同組合連合会 酪農部主催で「酪農の夢」出張授業と題して、本校の畜産系生徒34名を対象に特別授業が行われました。
秋田県と京都府で酪農の仕事に従事されている方から、幼少期あるあるや施設の紹介などがありました。本校生徒は積極的に質問を行い有意義な時間となりました。

2学期終業式

12月20日(金)、終業式が行われました。
式辞の中で校長先生は「農芸祭をはじめ、専門学習に係わる大きな行事があった学期でした。目標を持ち、協力し、ルールを守り、しっかりと取り組めたか振り返るとともに、3学期に向けて目標を持てる年末年始として欲しい」と話されました。

終業式後の伝達表彰では、パワーリフティング部、造園部、野菜コースの生徒が全校生徒の前で紹介されました。受賞者は以下のとおりです。
 第57回 技能五輪全国大会造園職種 銅賞
    3年 造園コース 大西陽生郎 (写真左上)
 第24回 ジャパンクラッシクパワーリフティング選手権大会(写真下)
    59kg級 第3位  2年 山崎理祥
    74kg級 第5位  2年 八木下哲平
    105kg級 第1位  3年 金子万生
 第3回 関西高等学校秋期クラッシクパワーリフティング選手権大会
    53kg級 第1位  1年 松田拓郎
    59kg級 第2位  1年 長谷川一哉
    74kg級 第1位  3年 野村翔馬
         第2位  1年 中川 朋
         第3位  1年 片山大志郎
    105kg級 第1位  3年 金子万生
    団体戦   第1位
グローバルG.A.P審査登録(写真右上)
    2,3年   野菜コース

到着

予定時刻よりも早く伊丹空港に無事到着しました。修学旅行中何度も行った全体集合もこれが最後です。大きな怪我も病気もなく無事に行程を終えただけでなく、この4日間様々な経験を通してそれぞれが大きく成長してくれたことと思います。休日にしっかり体を休め、元気に月曜日登校してください。

14時15分那覇空港発の飛行機で時間通りに沖縄を出発しました。沖縄でお世話になった方々ともお別れし、名残惜しいですが沖縄を離れて京都に戻ります。沖縄にもう少し滞在したかったと言う声も聞かれました。

自由行動

楽しみにしていた国際通りでの自由行動です。みんな思い思いの場所で買い物や食事を楽しんでいます。京都の家族や友人にどのようなお土産を渡そうかと真剣に悩んでいます。

3日目の夜

3日目の夜
昨晩はバイキングでお腹を満たし、そのあとは迫力のエイサー鑑賞を行いました。圧巻のパフォーマンスに気持ちも高まり、プロと一緒に舞台で踊ってくれる人、それを見ながら合いの手を入れてくれる人などみんなで盛り上がることができました。

そのあとは学年レク。漫才、ダンスそして歌など、みんなを盛り上げるため有志が舞台に上がってくれました。普段の学校生活では見られない一面がさまざま垣間見られ、見ている側も笑ったり感心したりしきりでした。
次に、修学旅行委員が中心となってビンゴ大会。番号が読み上げられるたび、みんな一喜一憂していましたが、最後は景品片手にみんな笑顔でした。
最後にはみんなで舞台に上がり、「島人ぬ宝」を合唱しました。学年が一つになり、沖縄最後の夜はふけて行きました。

2年生修学旅行@沖縄県 3日目 体験活動

2年生修学旅行@沖縄県 3日目 体験活動

お昼からはもとぶ元気村で、マリン体験、文化体験をしています。バナナボートやカヌー、ドルフィンガイドツアーなどをきれいな海で体験したり、屋内でキャンドルやシーサーを作ったりと、様々な活動にのびのびと取り組んでいます。

美ら海水族館

美ら海水族館

美ら海水族館を見学。多種多様な魚や深海生物を眺め、大きなジンベイザメを見上げ、館内を出ると広く青い海が広がっています。
汗ばむような陽気の中、友人たちと楽しい時間を過ごしています。

COPYRIGHT (C) 京都府立農芸高等学校