展示トピックス

おしらせ >> 記事詳細

2014/03/21

検地帳を読んでみた。

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務課
上クラスの穫れ高の田 1反1畝22歩(約1,164㎡)を 又衛門が耕作している・・・・。
京極氏による「慶長検地」(1602年)で作成された検地帳を現在展示しています。

又衛門      
              
法則が決まっているので、数字を読めれば、古文書初挑戦でも内容がわかります。
関ヶ原の戦いの頃の人々が、ぐっと身近に感じられて来ませんか。

名前は左から 又衛門、弥衛門、又衛門、四郎兵衛、孫左衛門
1反(たん)=10畝
1畝(せ)=30歩
1歩(ぶ)=3.30579㎡ (宅地の場合は坪)                           
15:46 | 企画展

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020

 
   リンク    サイトマップ