展示トピックス

おしらせ >> 記事詳細

2014/08/23

大刀?太刀?

Tweet ThisSend to Facebook | by 総務課
 特別展も残すところあと一週間となりました。

 今回の展示の目玉のひとつである 『金銅装双龍環頭大刀』 と 『銀装圭頭大刀』。

 反射して見にくい写真ですが…

 『大刀』は『たち』と読みます。
 点が足りない!誤字だ!と思われる方もあるかもしれませんが、これは誤りではないのです。
 時代や形状等で使い分けがされており、この2本では「大刀」の表記が使われています。

 『金銅装双龍環頭大刀』 の読みは 『こんどうそうそうりゅうかんとうたち』 です。
 そのままだと呪文のようですが、金銅飾を施し双龍を象った(わ=丸い)の柄をもつ大刀 ということです。
 同じように、『銀装圭頭大刀』 『ぎんそうけいとうたち』 は、飾を施し(=四角い)の柄をもつ大刀です。



 まさに「名は体を表す」。
 長々しい漢字の羅列ですが、意味が分かると少し面白くなりませんか?
16:18 | 特別展

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020

 
   リンク    サイトマップ