展示トピックス

おしらせ >> 記事詳細

2014/09/11

新発見資料の展示コーナーを新設しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 資料課
常設展示室の一角に、新発見資料の展示コーナーを新設しました。

資料館では、所蔵する古文書や絵画、民具、考古史料などの調査や整理、研究を進めるとともに、丹後・丹波各地に所在する歴史資料等の調査も行っています。
このような調査では、多くの新発見に出会うことがあります。
今後は、随時コーナーでご紹介いたします。

ちなみに今回は、この夏に新たに発見された資料を展示しています。
この小さなつぶつぶ、何だと思いますか?


↓↓↓↓↓答えは、もう少し下にあります↓↓↓↓↓




右側の文字からお気付きの方もあるかと思いますが、正解は薬です。
こんな形だったんですね。

今回紹介するのは、宮津市内の個人宅で発見された、薬入れです。


いろいろな薬が、画像のように紙に包まれて、さらに携帯用の薬入れに薬別に分けて入れられています。
そしてこれが折りたためるようになっています。なんて便利な! 現代で言うピルケースですね。

大阪の薬問屋のもののようです。江戸時代のものと思われ、丹後と大阪を結ぶ北前船などによってもたらされたものと考えられます。
酔い止め薬の効果に、「船酔い」の他に「籠酔い」とあるのも時代を感じさせますね。

これからも、どんな資料が出てくるか、お楽しみに。
14:46 | 常設展

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020

 
   リンク    サイトマップ