自己紹介

丹後郷土資料館とは

 京都府立丹後郷土資料館(愛称:ふるさとミュージアム丹後)は、京都府北部における古代から近代の歴史・考古・民俗資料や美術工芸品の調査・研究・保存・展示を行っています。
 各地に残された文化財をとおして、地域に育まれた歴史や文化を知ることによって、ふるさとの歴史を次の世代へ伝えていくきっかけをつくりたいと考えています。

 利用案内も併せてご覧ください。
 

お知らせ

夏季企画展「地球環境と縄文文化」 開催のお知らせ


 期間:平成30年7月14日(土)~8月26日(日) 
    月曜休館(7月16日は開館し17日休館)


 文化財講座:「環境が変えた縄文人の心と社会」
        日時:7月28日(土)13:30~
        場所:当館第1研修室
        講師:松木 武彦 氏(国立歴史民俗博物館教授)

       「暴れる気候と暴れない気候-人類は激動の時代をどう生きたか-」
        日時:8月11日(土・祝)13:30~
        場所:当館第1研修室
        講師:中川 毅 氏(立命館大学古気候学研究センター長)


       
 展示解説:7月16日(月・祝)
      8月19日(日)
      いずれも13:30~
     
 
 くわしくはこちら
 
 



 

お知らせ

ぶらり丹後 開催します

 今年度も、学芸員と歩いて歴史を学ぶ企画「ぶらり丹後」を開催します。
 くわしくはこちら


 
 
 
 
 
COUNTER129581

京都府立丹後郷土資料館
〒629-2234 京都府宮津市字国分小字天王山611-1
TEL 0772-27-0230   FAX 0772-27-0020