学校紹介
 

 2月18日(金)、12月から1年企画科「ビジネス基礎」の授業で実施していた"じぶんごと化プロジェクト"の最終プレゼンを実施しました。
 「企画する」に初挑戦をし、外部講師のみなさんからアドバイスをいただきながら進めてきました。2月の上旬に各クラスでプレゼンを行い、各クラスから選出された代表班が外部講師の前でプレゼンを行いました。
 代表班以外はコロナ対策で別部屋からオンラインで視聴をしました。代表班の堂々としたプレゼンと外部講師からのアドバイスなどを聞き、来年度の授業がますます楽しみになってきました!
 今回の経験をしっかりと来年度の授業に活かしていきたいと思います!

【外部講師】
原子 壮太 様:あしなが育英会 京都事務所長
徳松 愛 様:あしなが育英会 AAI生担当
杉本 星子 様:京都文教大学 総合社会学部 教授
三木 俊和 様:伏見いきいき市民活動センター センター長

〈オンライン審査員〉
花岡 洋行 様:あしなが育英会 事務局次長
早崎 真魚 様:京都伏見区役所 地域力推進室 企画課長
Geoffrey Kayiira 様:あしなが育英会 職員

じぶんごと化プロジェクト始動(1/14)

 

 2月7日(月)に京都府教育員会・京都府立大江高等学校・本校で第2期京都府教育振興プラン動画の意見交換会を実施しました。
 この動画は京都府教育庁より依頼をいただき、3年企画科「課題研究」M(動画プロモーション)ゼミのメンバーで1年かけて作成をしてきました。誰にも負けないくらい第2期京都府教育振興プランを読み込み、動画の作成作業を行いました。撮影には城陽市立西城陽中学校に協力していただきました。
 作成するにはまずは私たちが振興プランを知る必要があるので、大変苦労しました。今回、作成することで自分たちで京都府の教育の良さをアピールすることができ、とても貴重な経験となりました。

京都府立大江高等学校作成の動画はこちら

本校作成の動画はこちら

 

 企画科3年生「課題研究(高大連携Uゼミ)」では、2月19日(土)に大阪大学松村教授が主査を務める「仕掛学研究会」にオンラインで参加をしました。学会には、企業・大学生・高校生・中学生が、現地とオンラインのハイブリッドで集まりました。各自「仕掛け」を用いて、仮説・検証・考察の過程を研究発表し、参加者全員で議論を深めました。本校は、3チームが参加しました。各チームの発表研究テーマはこちらです。

   Aチーム:「色の変化で並びたくなるマーク」
   Bチーム:「無意識に机を整えたくなる仕掛け」
   Cチーム:「京都すばる高校でPETとキャップの分別を誘導する仕掛けを作る」

 様々な方からご助言及びご意見を頂戴致しました。
 今回の取り組みが課題研究(高大連携Uゼミ)での最後の取り組みとなりましたが、ゼミ活動の経験を今後の進学先で活かしていきます。松村先生をはじめ、本取組みに携わって頂いた先生方、1年間お世話になりました。ありがとうございました。

 

 企画科2年「グローバルビジネス」で、JICA(国際協力機構)の研修員を招いた授業がありました。
 講師は、ガーナ出身のAndrew Akumbutumさん(2月14日)、ミャンマー出身のSai Thein Kyawさん(21日)、ネパール出身のSanjaya Adhikariさん(21日)。
 事前に私たちが調べたその国の魅力や社会課題についてコメントをしながら、母国での仕事や生活、これからの目標などについて話していただきました。
 伝統衣装を間近で見たり現地のお金を触ったりと、オンラインではできない体験もあり、コロナ禍でも世界とつながる授業ができることを嬉しく思いました。

生徒のレポートより:ニュースで知ったつもりになっている国のことも、全然分かっていなかったことに改めて気づいた。/全部英語だったので、途中聞き取れないところがあってくやしかった。もっと英語頑張らないといけないと痛感した。/ミャンマーの軍事政権やクーデターの話を直接聞くことができて、驚くことばかりだった。自分に何ができるのか・・・。

 

 企画科2年「グローバルビジネス」で応募した「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2021」で、藤野法花さんが佳作を受賞しました!
 藤野さんはエッセイの中で、新型コロナウイルスの感染拡大により世界で起こった変化と差別、それを解決するための若者どうしのコミュニケーションの大切さを説いています。受賞おめでとう!
 あわせて、本校が「学校賞」も受賞しています。

 

 企画科3年「課題研究」グローバルビジネスゼミで実施していたクラウドファンディングは、目標額150,000円に対し、79人の方から179,600円のご支援をいただき、募集期間を終了しました。
 暖かい気持ちを寄せてくださった皆様、口座開設のピンチを救ってくださったAOI塾さん、多くの方々の支えで、このプロジェクトを実施することができました。本当にありがとうございます。
 ゼミの授業は終わったのですが、今後、台湾からリターン(返礼品)を仕入れ、支援者の皆様に届ける作業が始まります。リターンは3月中にお届けしますので、お楽しみに!
URL:https://camp-fire.jp/projects/view/527718

 

 1月13日(木)、3年企画科「課題研究」の最終発表会を実施しました!新企画科1期生の「課題研究」は9つのゼミに分かれ、1年間活動をしてきました。それぞれのゼミがそれぞれの経験をし、研究を進め、その成果を発表しました!
 そして、この発表会では同時にファシリテーション・グラフィッカーの三宅正太様に各ゼミのグラフィック・レコーディング(記録)を作成していただきました!発表を聞きながらその場で描くという、まさにプロの技!それぞれのゼミの思いが凝縮された1枚になっています!
 私たち3年生はもうすぐ卒業です。しかし、今年度からスタートした新「課題研究」は後輩へと受け継がれていきます。後輩がより研究に打ち込める環境を私たち1期生が最後までやり切って、後輩へと引き継ぎたいと思います!

グラフィック・レコーディングに関する記事(2020年度)はこちら
各ゼミのグラレコはこちら

 

 企画科3年「課題研究」グローバルビジネスゼミでは、後輩たちがこれからも台湾の士林高級商業職業學校と交流できるように、クラウドファンディングをはじめました!
 ご支援いただいた方には、リターン(返礼品)として、これまで先輩たちが共同開発してきた商品(コーヒーなど)をお送りします。1月30日(日)まで受付中ですので、ぜひよろしくお願いします!!
URL:https://camp-fire.jp/projects/view/527718

 

 1年生企画科「ビジネス基礎」では毎年、「じぶんごと化プロジェクト」を実施しています。今年も実施!!
 12月13日(月)と12月16日(木)にあしなが育英会の職員の方をお招きし、キックオフ講演をしていただきました!
 今年のテーマは「京都の企業×あしなが育英会×京都すばる高校 in 向島まつり」です!
 1月からグループごとで企画を考え、プレゼンを行います!初めての企画なので少し不安ですが、高校生らしい企画を考えていきたいと思います!

【外部講師】
あしなが育英会 京都事務所長 原子 壮太 様
あしなが育英会 職員 Vialey Lutaaya(ヴィアレ ルターヤ)様 ※オンライン
あしなが育英会 事務局次長 花岡 洋行 様
あしなが育英会 職員 徳松 愛 様 ※オンライン

 

 2年生企画科では、「Social Change English」というプログラムに取り組んでいます。
 今回、このプログラムを主催している教育と探求社様からのアドバイスでコロナ禍の新たなグループワークの形が誕生しました!

 

  3年生企画科「課題研究」M(動画プロモーション)ゼミで作成した学校紹介動画が現在、YouTubeで公開されています!

  是非、ご覧ください!


 

 3年企画科「課題研究」のM(動画プロモーション)ゼミは、外部施設のPV作成やラジオ放送などを行いました!コロナで外に出られない時期がありましたが、無事に外部での活動が終了しました!
 現在は京都市動物園、京都水族館のPV編集中です!みなさん、お楽しみに!!

 

1218日(土)、「嵐山 かづら野」にて、企画科の3年生が販売実習を行いました。
実習の詳細はこちら

この日の嵐山は今季一番の寒さ。渡月橋から見える小倉山も雪化粧していました。
実習中、お店の方々が「寒いやろ?」と店先にヒーターを持ってきてくださったり、お客様から「頑張って!」と差し入れでカイロをいただいたりと、極寒の日だからこそ人のあたたかさを感じる一日となりました。

オンラインと対面販売、両方の魅力と大変さを知ることができた2021年。こんな時代だからこそ、企画力って大切だなぁと実感した一年でもありました。
お店にお越しくださった方々、「嵐山 かづら野」をはじめとする連携企業の皆様、本当にありがとうございました!

 

 企画科3年の「課題研究」スポーツ・健康ビジネスゼミの生徒3名が京都市立向島秀蓮小中学校の5年生の体育に参加し、小学生でも安全に楽しくプレーできるクリケットを実施しました。
 クリケットのルールを少し変更し、小学生が積極的に参加できるように工夫した結果、みんな楽しく、クリケットをプレーしてくれました。授業終わりの振り返りでは、小学生から肯定的な意見や感想をいただき、充実した一時間を過ごすことができました。
 この実践結果を1月の最終発表に加えたいと考えています。
 最後になりましたが、本日お世話になりました向島秀蓮小中学校の先生方には、快くお受けいただき感謝しています。ありがとうございました。

 

 12月18日(土)、起業創造科と企画科の3年生が、それぞれ別の場所で実習を行います。

【起業創造科】
 「日本一〇〇な屋台」 14:00~16:00 伏見区総合庁舎(伏見区役所)4階にて
 「ゼロイチ(0から1を創る)」を合言葉に、起業創造科3年「課題研究」ソーシャルアントレゼミのメンバーが、メニュー開発から食材の仕入・調理・接客・会計処理まで、すべてを行います。12月5日に開催された第1回はおかげさまで完売でした。(どれも美味しかったですが、個人的には「日本一健康志向なスープ」が最高!)
 今回も売り切れ必至です。お早めにどうぞ!

【企画科】
 「2年ぶりの販売実習in嵐山」 10:00~16:00 嵐山 かづら野(渡月橋北詰)にて
 オンライン開催となった今年の「販売学習 京都すばるデパート」。そこで話題となった「九条ねぎドーナツ」をはじめ、企画科3年「課題研究」商品開発ゼミが心を込めて企画した商品を、「嵐山 かづら野」様のご協力を得て、実店舗で販売します。
 2年ぶりに直接お客様に商品を届けられることに感謝しながら、デパート取締役とともに、皆様のお越しをお待ちしています!

 

 みやこユニバーサルデザインアイデア部門優秀賞に、2年生當森 咲月さんと中神 優菜さんが、受賞しました。
 またエピソード部門においては、大賞に2年生寺田かのこさん、優秀賞に今村 虎大君、橘木 暖人君が受賞しました。
 全員賞状と副賞をいただきました。

 

 11月11日(木)、企画科3年生「課題研究」中高連携ゼミ(Jゼミ)12名が、木津川市立泉川中学校3年生を対象に「入試面接対策」として、すばる式ビジネスマナー講座を実施しました。
 新型コロナウィルス感染防止の関係で、1学期に予定されていた行事が2学期に移動し色々な行事が重なる中でしたが、マナー講座が無事実施できました。泉川中学校の中学生は、ものすごく元気が良く、前向きな発言や一緒にやる実践も積極的で、私たちもやりやすかったです。マナー講座の中に、積極的な聞き方「アクティブリスニング」という内容がありますが、その効果を改めて自分達も再認識できました。
 今まで実践したマナー講座の課題を踏まえて、自分達が修正したいと考えて実践したところを、中学校の担当の先生に褒めていただきとても嬉しかったです。授業で習ったPDCAサイクルが少し実感できました。

 

 1028日(木)、起業創造科・企画科3年が地域とつながる新学科の学びについて報告会を実施しました。
 第1部では、各学科の特徴ある授業について生徒進行により報告を行いました。その中で3年間の学びを紹介するとともに、地域の未来についてそれぞれの学科視点から熱く語りました。
 第2部では、連携でお世話になった企業の担当者にパネリストとして参加いただき、各学科の生徒達へメッセージを送っていただくと同時に学科長からは、さらなる高みを目指した学科の学びや未来について語っていただきました。
 3年間の各学科の学びの軌跡が明確になりました。

 

 11月4日(木)、企画科3年生「課題研究」中高連携ゼミ(Jゼミ)12名が、南丹市立園部中学校3年生を対象に「入試面接対策」として、すばる式ビジネスマナー講座を実施しました。高校から近鉄とJRを乗り継いで園部駅へ、そこからマイクロバスに乗って着いた学校は、お城の様な重厚な学校でした。
 当日、会場準備の時間が少なく慌ててしまい、言葉に詰まったり、時間配分にミスがあったりなどの失敗があり、余裕をもって準備することの大切さを痛感しました。しかし、2回目ということもあり、12人が協力して実践した成果も見られ、園部中学校の校長先生はじめ多くの先生方から、「すばるの高校生は細かいことに気配りができ、頑張っている様子がキラキラしているね!」と言っていただけました。緊張の中、一所懸命頑張っている自分たちの姿が、中学生や中学校の先生にそんな風に映っていることを嬉しく思うと同時に、もっともっと頑張ろうとモチベーションが上がりました。

 

 2年生企画科「グローバルビジネス」では、「世界と京都をつなぐ」をコンセプトに世界の諸課題をじぶんごととして捉え、様々な学習に取り組んでいます。
 今回は、JICA海外協力隊経験者の方2名を講師としてお招きし、派遣先で経験されたことを中心に御講演をいただきました。派遣先で取り組まれた活動から、じぶんごととして課題を捉えることの大切さを学びました。また、日本と外国との文化や生活の違いについて知ることで、新たな価値観に触れることができました。

 
 
COPYRIGHT (C) 京都府立京都すばる高等学校