学校生活

 
 

8月30日(月) 2学期始業式を行いました。

 緊急事態宣言が発令されたことを受け、当初の予定より一週遅れてのスタートとなりました。また、今回も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各教室で、スクリーンに映像を映して実施しました。

 

 校長先生からは、緊急事態宣言の発令を受けての時差登校や短縮授業の実施、そして残念ながら洛西フェスティバル文化の部の開催を断念することなどのお話がありました。また、パラリンピックの話にも触れ、コロナウイルスに関しても正しく情報・知識を精査し、偏見や差別に繋がることのないよう人権意識を持ってほしいとのお話がありました。

 

 生徒指導部からは、主に洛西フェスティバルについてのお話がありました。現在の深刻な感染状況などを踏まえ、文化の部については中止の判断に至りましたが、10月に延期される体育祭の前日に少しでも文化的行事を行うことを検討しているので、ぜひ実施に向けて協力をしてほしいとのお話がありました。

 

 進路指導部からは、3年生については進路関係の取り組みが本格化する2学期が始まったので、手続き等抜かりなく行ってほしいとのことでした。また、授業の短縮についても、自分で行う学習時間が増加することにもなるので、前向きにとらえ自分を律して進路実現に向けて頑張ってほしいとのお話がありました。また、1・2年生についても、「学ぶ楽しさ・面白さ」を見つけられる2学期にしてほしいとのお話がありました。

 

 式の後、陸上競技部、書道部、吹奏楽部の伝達表彰も行われました。