学校生活

 
 

 3月19日(金)令和2年度修了式を行いました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各ホームルーム教室にて式を行いました。

 校長先生は、春休みや新年度も引き続き新型コロナウイルス感染に注意することや、感染した人に対する差別や偏見は絶対あってはならないことをお話しされました。また、自分自身を成長させるためには、限界を決めないことや、周囲の人を尊重する気持ちを忘れないことをお話しされました。

 教務部長は、通知票を見てこの1年間の自らの学習の成果を振り返ることや、成人年齢が18歳に引き下げられるにあたって「大人になる」とはどういうことかを考えることの大切さをお話しされました。

 生徒指導部長は、自転車等の交通マナーを守ることの重要性を改めて強調されました。また様々な問題について「知る」ことの大切さ、人権に配慮してSNS等の扱いには十分に注意することなどについてお話しされました。

 進路指導部長は、コロナウイルス感染がまだまだ落ち着かない状況ではあるものの、この1年間でわかったことも多く、進路目標に向かって自分たちの今するべきことを着実に実行していくことが大切であるとお話しされました。

 最後に、読書体験記コンクールで優良賞を受賞した2年生の宇高君の伝達表彰を行いました。