部活動

 

クラブ名 : 写真部

部員数 : 令和元年度 18名(1年生:7名  2年生:6名  3年生:5名)

活動場所 : 2棟2階 物理実験室

 

活動内容

毎週木曜日に活動しています。
定期的に部員全員で撮影会に行き、作品を1棟1階・2階西側ギャラリースペースで常時展示をしています。
文化祭やオープン文化祭での写真展、京都高校写真連盟主催の作品審査会
作品展や京都府高等学校文化連盟写真専門部主催の作品展への出品など、校外への活動にも積極的に参加しています。
また、学校行事の写真撮影を担当するなど、多彩な活動をしています。

※デジカメを中心に撮影しています。カメラの機種は問いません。カメラの貸し出しもしています。
※写真を撮るのが好きな人、写真を大きく印刷してみたい人、大歓迎です。
 

活動実績

1棟の西渡り廊下1・2階のギャラリーにて常設展示しています。
また、文化祭・オープン文化祭での写真展にむけて活動しています。

5月11日には写真家の先生による講習会に参加。6月23日~29日まで高文連写真展に14作品を出品(会場:京都テルサギャラリー)。
 

目標

記念写真ではなく、テーマ性のある作品撮りを目指しています。
各種コンクール入賞を目標に日々撮影しています。
 
 
 

 令和元年度京都府高等学校文化連盟写真専門部写真展が開催されています。例年の1.5倍の153作品が出品され、本校写真部からは14作品(1年生2作品、2年生7作品、3年生5作品)を出品しています。
 23日には写真家の赤尾先生から講評をいただき、今後の作品作りの大きな刺激となりました。
 なお、写真展は京都テルサの2階展示ギャラリー(京都市南区新町通九条下ル)にて令和元年6月23日(日)~6月29日(土)9:00~21:00(初日23日(日)は10:00から 、最終日29日(土)は15:00まで)の日程で開催されております。多数のご来場をお待ちしております。

 
 
 
 

「第2回京都・梅小路フォトコンテスト」に本校写真部から作品を応募しました。
889作品の応募があったなかで、本校1年生の光村天希さんの「来年も、その先も」が特別賞に選ばれました。

 
 
 
 

 平成30年度京都府高校学校文化連盟写真専門部写真展に本校写真部から11作品を出品しました。
 写真家の赤尾先生から一人ひとり講評をいただき、今後の作品作りの大きな刺激となりました。
 なお、写真展は京都テルサの2階展示ギャラリー(京都市南区新町通九条下ル)にて平成31年3月10日(日)~3月16日(土)9:00~21:00(初日10日(日)は10:00から 最終日16日(土)は15:00まで)の日程で開催されております。多数のご来場をお待ちしております。

 
 
 
 

平成30年度京都高校写真連盟作品審査会に本校写真部から10作品を応募しました。198点の応募作品があり本校1年生の寺西菜々さんの「おかえりなさい。」が佳作に選ばれました。
 198点の応募作品は、2月11日(月)~16日(土)に開催される「第67回京都高校写真連盟作品展」(佛教大学四条センター)で展示されます。多数のご来場をお待ちしております。

 

 

 

作品展ポスター.JPG

 

 

 

2019年2月5日(火) 朝日新聞の記事より抜粋

0050.jpg

 
 
 
 

1月27日に平成29年度高写連作品審査会が開催されました。21校194点が出品されました。本校からは5名の9作品を出品いたしました。写真家2名の審査員による審査の結果、本校1年の梅木翔子さんの「冬の訪れ」が佳作に選ばれました。
 今回の審査会に応募された作品は、2月12日(月)~17日(土)に佛教大学四条センターで開催される第66回京都高校写真連盟作品展に出品されます。

 
 
 

先日(10/21,10/22)開催されました第34回京都府高等学校総合文化祭写真部門に本校写真部から8作品を出品いたしました。府内各校から出品された240の作品の中から40作品が選ばれ、第16回京都現代写真作家展京都写真ビエンナーレ2017に展示されます。選考の結果、本校1年生の勝山悠平君と2年生の坂井優介君の作品が選ばれ展示されることになりました。第16回京都現代写真作家展京都ビエンナーレ2017は12月13日(水)~12月17日(日)まで京都文化博物館5階にて開催されます。

 
 
 

「第9回ひらパー ハートフル写真コンテスト」(京阪電車・毎日新聞社主催、ニコンイメージングジャパン・ナニワ商会・京阪園芸協賛)で、本校写真部3年の野垣こころさんの作品が入選しました。460点の応募作品があった中で、入賞、入選作は7月1日~9月3日まで、園内で展示されます。