部活動

 
 

5月15日(土)全国高等学校総合体育大会テニス競技の部 京都府予選が行なわれました。

結果は以下の通りです。

 

 

男子【ベスト16】

 

2R VS 向陽高校  2−0 勝利

D 内藤 源太・本田 幹太郎 6−1 ◯

S1 古島 秀悟 6−4 ◯

S2 池田 龍一 1−3 打切

 

 

3R VS 立命館宇治高校 0−2敗退

D 内藤 源太・島野 智貴 2−6 ●

S1 古島 秀悟 3-5 打切

S2 池田 龍一 1-6 ●

 

 

女子

 

2R VS 同志社高校  0−2敗退

D 岩田 優那・坂口 優芽 1−6●

S1 松田 紗瑛子 0−6 ●

S2 石田 琴音 0−1 打切

 

 

 

 団体戦についても、緊急事態宣言中の大会実施ということで、登録選手以外は会場に行くことはできませんでした。しかし、前日の練習では、メンバーそれぞれがこの大会に向けた思いを語り、当日に向け気合いを入れました。

 当日は、学校練習と試合組に分かれる形にはなりましたが、登録メンバー以外の思いを胸に決して諦めることなく試合に挑むことができました。結果、男女とも惜しくもシード校に勝つことはできませんでしたが、この日までの努力や経験は決して無駄にはなりません。今回団体戦メンバー入りした1・2年生はしっかりと先輩たちの思いを胸に、中間考査後から始動する新チームをどの方向に導くのか、しっかり目標を定め、先輩たちを追い抜けるよう、一生懸命取り組んでほしいと思います。

 

 本日をもって3年生は、引退となります。

 

 最後になりましたが、今まで練習試合をしてくださった多くの選手や監督の先生方、さまざまな形で応援してくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 今後は、テニスに向けていた矢印を「受験」に向け、活躍してくれることを期待しています。