学校紹介

作詞 伊藤富雄 / 作曲 廣瀬量平
1




2




3




西山の辺の大枝陵
常盤の緑松柏の
日々に新たに向学の
ああ洛西の丘に

薫る花影照紅葉
熱きに打たん鋼鉄の
共に鍛えし青春の
ああ洛西の丘に

雲のはたてに遙々と
小畑の流れ清明の
英知を研く学苑の
ああ洛西の丘に
古都千載の礎と
教訓を宗にたゆみなく
伝統堅く築きゆかん
公正明朗の校風興る

小塩嶺の色燃ゆるとき
錬磨の道になぞらえて
哀歓永く語りゆかん
公正明朗の校風興る

拓くタウンの中央にして
理想の郷をつくらんと
栄光燦と照らしゆかん
公正明朗の校風興る
このページが表示されると校歌が演奏されますが校歌を聴くにはMIDI音源が必要です
 
 
 
goryo-1.jpg

大枝陵参道

goryo-2.jpg

大枝陵


大枝陵は高野新笠の御陵のことです。高野新笠の父は百済の武寧王の後裔と伝えられる和乙継,母は土師真妹といわれています。高野新笠は光仁天皇夫人で,桓武天皇や早良親王の母です。789年没。790年に皇太后,806年に太皇太后を追贈されました
(山川出版社「日本史広辞典」より)。

mfweb.gif