学校紹介

着任の御挨拶

2019年04月01日

 
 

 少し霞がかった青空の下、校門横のしだれ桜がきれいな薄桃色に開花しています。各々の枝の先にはこれから咲かんとする蕾がより赤みががった色をして、その時に備えています。西山を吹き抜ける柔らかな風がそっと頬をなぜていきました。

 春、また新たな時が回り始めます。

 4月1日に、前任の平井恭子校長の後を受け、京都府立洛西高等学校に着任いたしました川口浩文と申します。

 本校は、昭和55年に開校し、今年で創立40年の節目を迎えます。この間、学習に、部活動に、学校行事にと、生徒は豊富なエネルギーでさまざまなことに挑戦し、自らを高める学校文化を築いてきています。

 和辻哲郎博士は著書『風土―人間学的考察-』の中でギリシア的風土の特性を、「明朗なる真昼の精神」と表現しました。天から注ぐ強い光に一面さらされる中で、その明るさに呼応し、埋没することなく公正に自立する精神をギリシア的風土に見出し、表現した言葉だと思います。本校はこの言葉をいわゆる校是としています。社会に貢献し確かな意志と見通しを持って主体的に行動する、そのような生きる力を育んでいきたいと考えています。  

 社会は、グローバル化の進展やAIの急速な発達等の中で、誰もが未経験な規模で変化しつつあります。高大接続改革の動きの中で、高校教育を取り巻く状況も大きく変化しています。そのような時代をしっかり生きるためにも、生きる力を、そして確かでかつ柔軟な学力を、生き生きとした洛西高校生活の中で育んでいけるよう、教職員皆で力を合わせていきたいと思います。    

 本校に対しまして、御理解、御支援を賜りますようよろしくお願いします。

                                            平成31年4月1日  

                                             京都府立洛西高等学校 

                                             校長 川口 浩文 

 
 
 

 あけましておめでとうございます。 旧年中は、本校の教育活動に御理解と御協力をいただきありがとうございました。 昨年は、地震、豪雨、猛暑、台風と様々な自然災害に見舞われました。まだブルーシートに覆われた家屋を見ると、その猛威に驚かされます。本校も一部修理できずその傷跡を残しています。今年はそのようなことがないようにと願うとともに、自然の四季折々の美しさやそのやすらぎに包まれた学習環境の下で健やかな生徒たちの成長を見守りたいと思っております。 2学期は、洛西フェスティバルという大きな学校行事で始まりました。文化の部とスポーツの部に分かれます。ともに生徒達がすべて企画運営するもので、文化の部での出し物、スポーツの部での各競技の参加はもちろん、その成功のために多くの生徒たちが知恵と力を出し合った素晴らしいものでした。「共感」だけでなく「共汗」「共歓」と綴りたくなります。また、9月8日には、地域の施設を利用して「オープン文化祭」を開催しました。日頃お世話になっているお礼も込めて、高校生の活動の成果を見ていただき、地元の方々との交流を深めようと毎年開催しています。今年も多くの方にお越しいただき、校内の文化祭で披露した演劇や仮装パフォーマンス、コーラス部合唱、吹奏楽部演奏、書道パフォーマンス、お茶席、各部活動の展示を鑑賞してもらいました。「来年も楽しみにしています」等たくさんのお言葉を頂戴しました。ありがとうございました。「洛西ニュータウンに洛西高校有り!」「洛西生、任せたよ。」と頼っていいただけるよう、これからも精進していく所存です。  本校では、今年から「洛再リンクス」と名づけて、地域とつながる探究活動をはじめました。1年生が、地域の公園やひまわり畑等に出向いて地元の方々と一緒に活動したり、地元の方から講演をいただいたり、そして2学期から校内で"堆肥づくり"をはじめました。地域の清掃で集めた落葉を使って、地域の方々に教えていただいて取り組んでいます。米ぬかを使った堆肥、竹チップを使った堆肥と2種類に挑戦し、毎日温度を図り、時々かき回す作業をやっています。数カ月後には、出来上がった堆肥を地域にお配りし、花いっぱいの街づくりを夢見ております。この体験を通して、地域を大切に思う人々がたくさんおられることを知り、そしてそのために惜しみなく力を貸してくださることに本当に感謝し、高校生にできること、高校生だからできることを精一杯やっていこうと思っています。生徒たちは、つながることの大切さ、楽しさを知り、人として大きく成長してくれると信じております。 本日より3学期が始まります。始業式では、3学期は次の学年のゼロ学期であるから、1年生には、後輩を迎えるにふさわしい人物になれるよう、2年生には、最高学年になる自覚を持った行動ができるよう努力してほしいと話をしました。そして3年生には、受験を間近に控え、自分を信じて最後まで走り抜け、とエールを送りました。平成31年も、洛西高校はこれまで通り、勉強も部活動も学校行事も頑張る「洛西スタイル」を実践し、公正明朗で、たくましく生きる人づくりに邁進いたします。どうか今年も御理解と御支援をよろしくお願い申しあげます。 最後になりましたが、この一年の、皆様の御健勝と御多幸をお祈り申し上げます。  

 
 
 

 残暑お見舞い申し上げます。  

 平素は、本校の教育活動の推進に御支援御協力いただき、ありがとうございます。平成30年度も無事2学期を迎えることができました。  

 1学期には、大阪北部地震や西日本豪雨災害が起こり、甚大な被害を及ぼしました。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々の一日も早い復旧復興を願うばかりです。夏休みに入っても、「危険な暑さ」が続く中、数多くの台風が発生しているのをみると、平和な社会、平穏無事な日々をどう確保できるのか、自然災害の恐怖を感じずにはいられません。夢に向かって頑張っている生徒達に、必ず活躍できる未来を提供しなければならない、そのために「命を守る」教育活動を展開しなければならいと、痛切に感じております。

 さて、今年度も多くの生徒が部活動に励んでいます。陸上競技部、体操部、ソフトテニス部がインターハイ近畿大会に出場し、書道部は5年連続全国総合文化祭に京都府代表で参加しています。放課後や休日の限られた時間ですが、仲間と同じ目標に向かってひたすら活動に打ち込む姿は、とても輝いて見えます。  

 洛西高校の2学期は、「洛西フェスティバル(文化の部・スポーツの部)」ではじまります。クラスが一つになって作品を作り上げる過程で得た友情や自信、そして達成感や充実感はこれからの生徒たちの「生きる力」になるはずです。オープン文化祭は、その感動を地域の皆様に伝える場です。9月8日(土)に開催します。今後のHPを御覧ください。  

 2学期はまた、学習面でも大切な時期です。本校は「生徒一人一人が、学校に軸足を置いて、勉強も部活動も学校行事も頑張る」学校です。部活動も学校行事も一年で一番充実した学期だからこそ、学習面でも実りある学期にしなければなりません。生徒たちがそれぞれの立ち位置から自己をみつめ、進路実現に迫ってほしいと考えています。そのために、 「授業で勝負する学校」「面倒見の良い学校」としてさらに教育活動を進めて参ります。 また、高大接続改革に伴い、本校でも新たな取り組みを始めたところです。二学期も生徒の健康と安全を第一に、様々な教育活動を展開していく所存です。今後とも本校にさらなる御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                                             校長  平井 恭子

 
 

新年度のご挨拶

2018年04月09日

 

 ホームページを御覧のみなさま、こんにちは。
校長の平井恭子と申します。どうぞよろしくお願いします。
本日4月9日、第39期生320名の新入生を迎え、無事入学式を挙行することができました。御参列いただきました来賓の皆様、保護者の皆様ありがとうございました。
 府立洛西高等学校は、昭和55年に開校し、本年度で39年目を迎えます。四季折々の自然の美しさを堪能できる素晴らしい学習環境に恵まれ、教育活動を展開しております。
 本校は、「明朗なる真昼の精神」を校是として、文武両道の校風を大切し、学習活動と部活動の両面で、生徒たち自身が青春を謳歌し、自らを鍛え、未来を切り開いていく能力を育成することを目標としております。 
日々の高校生活では、学校に軸足を置いて、生徒一人ひとりが、勉強も部活動も学校行事も頑張るという「洛西スタイル」を継承しています。この春卒業した36期生は、それぞれの進路実現を図り、素晴らしい進路実績を残してくれました。部活動においても、加入率もアップし、全国大会や近畿大会に出場した部も多くありました。また、啓発ポスターや広報ニュースの作成、地域のイベント参加等、地域に貢献してくれた部もありました。学校行事では、オープン文化祭を開催し、演劇や部活動等の日頃の成果を地域の皆様に楽しんでもらうことができました。今年度もさらなる活躍を期待したいところです。
 社会が目まぐるしく変化し、将来が予測できないと言われますが、言い換えれば、いろいろな可能性があるということです。すべての生徒が、公明正大に、正々堂々とたくましく社会を生き抜いてほしいと願っていますし、そのための基盤づくりが、本校の責務だと思っております。私たち教職員は一丸となって生徒達に寄り添い、向き合い、教育活動を進めてまいります。そして、地域の方々、保護者の皆様からのお力もお借りして、「洛西生、頼りにしてるよ」と言われるようしっかり育てたいと意を決しております。
 保護者や地域に信頼され、中学生があこがれ、卒業生が誇りに思い、そして何よりも在校生の一人一人の頑張りが実を結ぶ学校にしてまいります。どうか厳しくも温かく見守っていただきますようよろしくお願い申し上げます。