令和2年9月23日(水)、24日(木)に創華祭(文化の部)を行いました。



新型コロナウィルス感染拡大防止のため、規模縮小の上、密を避ける形での実施となりました。

演劇が複数会場に分散して行われることになり、それに対応するために中継による観劇が行われるなど、 例年と大きく異なる工夫が複数ありました。そのような状況下においても生徒たちはクラス一丸となって準備に励み、各クラスが素晴らしい演劇を披露しました。



中でも3年生の演劇は特に完成度が高く、熱演に大きな拍手が送られました。今年の3年生の姿を目に焼き付けた1、2年生のさらなる活躍にも期待したいと思います。



また、美術・科学・ボランティア・家庭・茶道などの文化系の部や芸術科目選択者、さらに1年教養科学科の生徒たちが日頃の活動の成果を披露しました。昨年度に続き書道部のパフォーマンスが行われ、多くの観客を魅了しました。



演劇3年の部の最優秀賞 3年5組「ライオンキング」
演劇2年の部の最優秀賞 2年3組「夕」
演劇1年の部の最優秀賞 1年5組「Rumor Gate」
ポスターの部の最優秀賞 3年1組「FATE」、3年2組「BAD LUCK



 
 
 
 
 

 種から育てた藍の葉を使って、染色体験をしました。講師として田中直染料店の鹿児島功也様をお招きしました。1回目は「藍染めの化学」の講義と乾燥葉による染色体験を、2回目は合成藍による染色体験をしました。黄色い染液に染めた布が、水で洗ったり、空気に触れたりして、化学反応でだんだんと青色に変化するのが驚きでした。作ったものが使えるのが工芸の醍醐味。染色した経験とともに、実際に使ってもらえると嬉しいですね。

 
 
 
 
 

 秋のお茶会で茶席に設える茶掛けを制作しました。まずは美術の先生からの水墨画風の描き方を学びます。描くのは秋の草花です。薄墨と濃い墨、最後に絵具で色を薄付けしました。続いて書道の先生から、書き方のアドバイスを受けます。前回選んだ「一字禅語」を短冊に書きます。上下逆さまに書くと、格好良く書けることを教えてもらいました。何度も練習して、ドキドキの本番。オリジナルの茶掛けが完成しました。


 
 
 
 
 

令和2年9月29日、創華祭(体育の部)を行いました。

雨天のために延期され、予備日での開催となった体育祭でしたが、天気に恵まれ、気持ちの良い秋晴れの中で実施することができました。

競技種目の厳選・変更や手洗い・マスクの徹底など新型コロナウィルス感染拡大防止の策を講じての実施となりました。

赤、青、白、黄、緑、橙の6つの団が熱く競い合いました。結果の如何に関わらず、皆全力で競技に、応援に、取り組むことができました。

近隣の皆様には、 御理解・御協力いただきありがとうございました。


〈各団スローガン〉

赤:紅我闘魂(こうがとうこん) ~赤しか勝たん!!~

青:青狗(ブルドック) ~ナンバーワンかつオンリーワンだワン

白:白虎無双 ~轟け勝利への咆哮~

黄:疾風迅雷 ~いけっ黄団!10万ボルト~

緑:翡翠輝石 ~一発逆転 奇跡を起こせ~

橙:橙頂(とうちょう) ~一橙賞 頂きます~


<総合結果>

優 勝 : 橙 団

準優勝: 赤 団

 
 
 
 
 

 美術Ⅲの共同制作、2学期からは、最終仕上げです。今年の本校のポスターのように、背景にドリッピングをしました。一気に雰囲気が変わり、アクティブになりました。支柱をつけて、重しで安定感を増します。最後に、黒板風に塗った板に、題名などを書いて完成です。文化祭では昇降口に展示し、顔を出して遊んでもらいました。これからは学校説明会にも登場する予定です。是非、やってみてくださいね。すぐに本校の制服が着られますよ。

 
 
 
 
 

 今年も府立高校特色化事業を利用し、嵯峨美術大学デザイン学科の楠林拓先生を外部講師にお招きして、「3Dプリンターと立体造形制作の可能性」の講義の他、3D-CADのワークショップをしていただきました。マグネットのデザインで、基本的なCADソフトの使い方を学びました。また、3Dプリンターから出力される立体造形物は、本当に不思議で、機械が作り出す芸術的な技に魅入ってしまうほどでした。後日、嵯峨美術大学で出力されたマグネットを見て、自分がCADで作業したデザインが立体的になっていることにびっくりしました。スマホスタンドも出来上がってきました。大人になる頃には、各家庭に3Dプリンターがあるかも知れませんね。

 
 
 
 
 

 茶道と禅は切り離せない存在です。アートミックスでは、秋に萬福寺塔頭の和尚さんより「禅について」の学習と座禅体験を予定しています。今回は「文化財建造物修理現場見学事業」を利用し、萬福寺の修理現場を見学してきました。文化財保護課の担当者より、「創建時の元の形に近い修理をすること」が、文化財を保護する上でいかに大事であるか教えていただきました。修理現場ではヘルメットを被り、足場に上って、間近で屋根修理の方法などを教えていただきました。木材の目の方向によって割れたり曲げやすかったりすることも、実際に木材に触ることで深く学ぶことが出来ました。また、竹釘を使って屋根葺きの体験もしました。最後には和尚さんに萬福寺を案内していただき、禅寺についての理解と関心がより深まりました。

 
 
 
 
 

8月31日(月)、教養科学科の総合的な探究の時間「こだわり学」において、教養科学科1年生を対象にSDGs教室を実施しました。

講師として、京都文教大学より橋本祥夫准教授をお招きし、新聞を教材としたワークショップに取り組みました。

SDGs(持続可能な開発目標)という言葉を初めて聞く生徒がほとんどでしたが、新聞記事の中にある具体的な事象をSDGsの視点から分類することに挑戦しました。国際的な大きな目標と身近な社会問題を関連させて考えることができました。



 
 
 

令和2年8月20日(木)、2学期の始業式を行いました。

コロナ感染拡大対策として、放送による式となりました。

井上校長の式辞の主な内容は次の2点です。

1点目は、休校期間があった1学期にも、例年通りではない夏休みにも、学習や部活動のあらゆる場面で生徒の皆さんが安全に活躍できる場を提供できるように、様々な取り組みや努力があったことの紹介でした。

2点目は2学期の学校生活についてでした。2学期の創華祭は感染予防のための制限つきの形となるが、生徒と教員がそれぞれの立場で努力して実施の方向に進んでいるということと、今後も不自由や制限が予想される中で、学校全体で乗り越えていくためには一人一人の努力が期待されるということが話されました。

始業式の後に、進路指導部長の山添先生と保健部長の池上先生より講話がありました。それぞれ、進路実現への心構えと、コロナウィルス感染拡大予防の注意点についてお話がありました。

また、夏期休業中に、顕著な活躍をした部活動や生徒に対して、表彰と成績の紹介が行われました。


◇弓道部

「令和2年度 京都府高等学校3年生夏季弓道大会」(8月2日)

女子団体の部  

 第2位  城南菱創B

  3年3組 丸田 優衣 2年3組 中野 朱音 3年4組 西村 雪

女子個人の部

 優勝  2年3組 中野 朱音

 第2位 3年4組 西村 雪


◇体操部

「第43回京都府民総合体育大会 兼 令和2年度京都府高等学校体操競技秋季選手権大会」

(8月9日~12日)

高校2年生の部

 個人総合5位 2年2組 成瀬 野乃香

 個人総合6位 2年3組 幸徳 愛莉

 個人総合9位 2年5組 橋本 和佳奈

 個人総合10位 2年4組 野口 優花

高校1年生の部

 個人総合8位 1年2組 冨岡 葵

 個人総合8位 1年1組 福田 菜津子

 個人総合10位 1年4組 土居 明歩

 
 
 

全国的にコロナウィルスの感染者数が増加していることを受け、

本校でも、コロナウィルス感染拡大防止のための新たな対策を講じました。

今回は自習スペースについてです。

お盆休みに入る前に、技術職員の方が、廊下の自習机にビニール製の仕切りを設置してくださいました。


DSC_0606 (2).JPG


これまで廊下の自習スペースは、友達や先生と相談しながらでも勉強できる空間でしたが、その機能はそのままです。

仕切りが透明なので、隣の人の顔を見ながら勉強の相談をすることができますし、圧迫感も少ないです。


DSC  _0005.JPG


この他にも、全ての自習机に、利用履歴を記入する表を設置しました。

利用時は必ず記入するようにしてください。


生徒のみなさんも、自習以外の様々な学校生活の場面でも、密な状況を避ける・つくらないなど、各人でもしっかり対策をする意識を持つようにしてください。

生徒のみなさんが安全に学習できるよう、学校も全体でサポートしていきます。