Loading...

京都すばる高校では、本校での3年間は様々な学習の形や学習の機会を用意し、生徒のみなさんが互いに成長できるプログラムを準備しています。

他では決して経験できないすばらしい高校生活となるでしょう。

 
【 2017/11/16 】
 
 

 企画科3年生〝すばる高校JAPANブランドプロジェクト″で開発した商品が、販売学習「京都すばるデパート」で商品化します。
 今年の八ッ橋は〝あっぷるカスタード″味で、これまでにない味と食感はおすすめです。
 また、京仏具メーカーとのコラボ商品、銅製の抗菌靴ベラや七宝焼きのミサンガ・蓮型のランプ・金属製の栞...など、匠の技と高校生のコラボレーションが実現しました。
 是非とも11月18日(土)・19日(日)の京都すばるデパート「京都ショップ」へご来店ください!

 
 
【 2017/11/15 】
 
 

 11月1日(水)、ブライトンホテル京都にてビジネス探求科1年生から3年生全員が和装で「古典の日」にちなんだ行事に参加しました。

 午前中はホテルにて、3年生は未生流笹岡 小幡典甫先生の指導のもと、お迎え花を作成しました。
 着付けをしてくださったコーリン着物教室の福島照美先生、京手描き友禅工房の栗山昇三様に着物講義を、龍谷大学の堀田悟史先生から「古典(文学)と楽しく付き合ってみませんか-古典に出会おう。古典から考えよう-」の講義を受けました。
 午後は、1年生は風呂敷・袱紗 宮井様、2年生は京菓子司 末富様、3年生は京からかみ 丸二様へ着物姿で訪問させていただきました。
 慣れない着物、草履で街中を歩くのは苦労しましたが、外国人観光客や地元の方に声をかけていただき交流することができました。

 「古典の日」での貴重な体験を通して、京都の伝統文化の奥深さ、大切さを知ることができたと思います。

 
 
【 2017/11/14 】
 
 

~本校のAIプログラミング競技会が全国大会に!~

 
10月21日(土)、全国産業教育フェア秋田大会において、本校で毎年実施しているAIプログラミング競技会を、「第1回全国高校生AIプログラミングコンテスト」という大会名の全国大会として実施することができました!
 競技は、「重力四目並べ」を題材にしたもので、プログラミング言語(Java)によってコンピュータの思考を具現化し、いかに強い「コンピュータの手」を作ることができるかを競うものです。
 競技には、本校も含め、全国から10校、24チームが参加しました。
 本校は、SPH生徒実行委員でもある、情報科学科3年生3名と2年生7名の計10名(5チーム)が参加しました。
 また、この10名は競技参加だけでなく、司会・運営も担当しました。
 本校の競技結果は、最も良い結果を残したチームが準優勝で、残念ながら優勝を逃しました。
 しかし、司会・運営に関しては、生徒達は精一杯努め、無事大会を終えることができたことに多くの方々からとても高い評価をいただきました。
 生徒達も、競技の司会・運営をし、とても充実感を持っており、大きく成長してくれたと感じています!

 
 
【 2017/11/14 】
 
 

 10月18日(水)、情報科学科3年生の選択科目「情報デザイン」において、デザイン会社である(株)マーブル代表取締役社長の長井秀文様と現役のデザイナーの方をお迎えし、デザイン会社での仕事の内容や進め方、デザイナーに求められる能力についての話をお聴きしました。
 実際の仕事の現場の話を聴くことができ、大変有意義な時間を過ごせました。
 デザイナーになるためには絵の上手さよりも行動力・アイデア力・コミュニケーション力の方が大切で、お客様が何を必要とされているかのリサーチが重要であるということが分かりました。
 デザイナーはお客様に喜んでもらえる職業なので、とてもやりがいがあると、生徒たちは実感していたようです。
 この取組は、スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)の取組の一環として実施しています。

 
 
【 2017/11/14 】
 
 

 11月8日(水)、ビジネス探求科2年生は聖護院御殿荘にある光格天皇ゆかりのお茶室で裏千家教授岡本幸代先生他3名の先生のご指導の下、茶会体験をしました。
 2学期に入って茶道の練習をしてきましたが、いざ本格的な茶室で行うとなると、かなり緊張しました。
 京菓子司 末富様で特別に作っていただいたお菓子「たつた川」は、色づく紅葉の様なきれいなグラデーションで、気持ちがさらに高揚しました。
 先生から茶道の作法を一つ一つ丁寧に教えていただきました。
 相手を思いやる心、もてなす気持ち、感謝の気持ちなど茶道を通して世界観を広げる貴重な体験になりました。
 茶会体験後は、聖護院門跡の見学、京都市歴史資料館を訪問させていただきました。
 授業「京都探求」のレポート作成のため、資料館所蔵の図書を活用したり、職員の方にご相談もさせていただきました。

 
 
【 2017/11/13 】
 
 

~大宅中学校・木幡中学校・槇島中学校で2年生バージョン実施~

 9月5日(火)~10月17日(火)の間、企画科3年生12名が、大宅中学校・木幡中学校・槇島中学校の2年生を対象に職場体験(チャレンジ体験)の事前学習として、すばる式ビジネスマナー講座を実施しました。
 事後にお願いしたアンケートで、うれしい反応が続々と届いています。

・最初の挨拶がビシッ!とそろっていて、かっこよく、憧れになりました。

・「ほうれんそう」という、言葉を教えてもらってすごく良かったです。

・今日、自分のお辞儀をiPadで見て、首が曲がっていることに気づけてよかった

・自分の職場体験のエピソードを話して下さって、どんなんだろうと不安に思っていた職場体験が楽しそうだなっていう思いに変わってよかったです。

・とにかく、マナーは自分たちにとっても相手に対しても大切なものだとわかりました。

・職場体験では図書館に行きます。学んだことを忘れずに、立礼、あいさつ、ポジティブリスニングを頑張ります。

 中学生からいただいた感想は、本当に励みになります。
 1校1校、気を引き締めて頑張ります!

 
 
【 2017/11/13 】
 
 

 10月26日(木)・27日(金)、会計科の1年生全員を対象に税務署の職員様との連携授業を実施しました。
 先日の税理士の先生による租税教室に続き、税に関わる学習・第2弾として、伏見税務署から12名の職員の方をお招きし、各グループ10名で「日本の財政健全化」や「税に関わる職業」などをテーマにグループワークに取り組みました。
 活発な議論が行われ、質問に対しては丁寧なアドバイスや解説をいただきました。
 会計科1年生では今回の連携授業を受け、今後「高校生が考える新たな税金」の提案に取り組みます。

 
 
【 2017/11/09 】
 
 

~楽天トラベルにて「京都嵐山温泉渡月亭」様での旅行プラン販売~

 11月1日(水)より楽天トラベルにて「渡月亭」様での旅行プランの販売が開始となりました。
 e-ビジネス選択生の11名が楽天IT学校で学んだ知識を活かし、高校生のフレッシュなアイディアを盛り込んだプランができあがりました。
 販売開始までにご尽力いただいた、渡月亭社長古川様を始めとする従業員の方々、並びに楽天トラベル事業島田様にお礼申し上げます。
 今後もよろしくお願いします。

 今回、企画したプランは以下の通りです。詳細はこちらをご覧ください。
 ★【インスタ映えプラン】インスタ女子に大人気!京都嵐山でいいねが止まらないこと間違いなし!!
 ★ 【久しぶりの再会を最高の女子旅で!】朝まで語って飲めてデザート付き。ゆったり満喫プラン!
 ★『嵐山だから味わえるちょっと大人の贅沢旅!』〜冬だからこそ温かい料理とおもてなしを〜

 
 
【 2017/11/08 】
 
 

 11月2日(木)、京都きね箭様が、今年の京都すばるデパート用の開発商品(試作品)を持ってきてくださいました。
 京都きね箭様には、毎年、企画科2年生が授業「商品開発」で提案した和菓子を商品化していただいています。
 今年も7種類の試作品が出来上がり、2年5組の生徒たちが試食・検討会を行いました。
 自分たちの企画案が、本物の商品となって目の前にあること、それは本当に嬉しいことですが、同時に、「当たり前のことではない」とも思います。
 多くの方々の協力があって、中には商品化されない企画もあって...それら全てを含めて「有り難い」ことです。
 デパートではその感謝の気持ちを、販売力に変えていきたいと思います。
 先月、伏見ふれあいプラザで先行販売された2商品をはじめ、今年も生徒のアイデアがぎっしり詰まった自信作です。デパート当日をお楽しみに!

 
 
【 2017/11/08 】
 
 

 11月5日(日)、秋晴れのもと、企画科3年生の課題研究「地域産業研究班」が企画した、向島のまち歩き&ヘリコプターツアーが行われました。
  「クイズの数を増やしてみようか」「このポイントを通過したら、必ず連絡を取り合おう」10月1日に第1回を実施し、好評だった企画の2回目ということで、生徒たちは前回の反省を活かしながら、どうすればお客様に前回より楽しんでいただけるのかを考えて試行錯誤してきました。
 今回は、種智院大学横の洛南高校グラウンドからヘリコプターが発着するとあって、当日種智院大学で行われていた「綜芸祭」やマルシェの参加者から、ヘリコプターの当日申込が相次ぎ、ツアー参加者と合わせて約40名の方が、空からの向島・巨椋池跡を堪能されました。
 企画構想から半年、多くの方々に支えていただき、アイデアをいただいて、今回のツアーが実現しました。本当にありがとうございました!
 今回のツアーの様子は、Yahoo!ニュース(伏見経済新聞)にも掲載されましたので、こちらもあわせてご覧ください。