学校紹介
 

 9月13日(火)、起業創造科3年生「課題研究」I(イノベーション)ゼミ12名が京都SKYセンター様に「高校生が考えるシニアグループ日帰り旅行」企画のプレゼンテーションを行いました。
 昨年6月に公益財団法人京都SKYセンター様と本校は連携協定を締結し、シニアグループ日帰り旅行企画は4年前から始まりました。昨年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により実施はできませんでしたが、京都SKYセンター様の情報誌「SKY」に掲載していただきました。
 今年度は12月に実施される予定で、4グループのうち1グループの企画が採用されます。
 シニア世代とヤング世代の視点の違いや、配慮すべきポイント等について課題はありますが、シニア世代の方達に楽しんでいただけるようなプランを考えていきたいと思います。

 

 9月17日(土) 起業創造科3年生「課題研究」のUゼミ(高大連携ゼミ)で、京都文教大学の地域連携プロジェクトKASANEOさんと古着ファッションショーを開催しました。
 家族に古着を提供してもらい、その古着の思い出を受け継ぎ、ファッションショーで現代風にアレンジして歩きました。
 初めてランウェイを歩いてみて、緊張や不安がありうまく歩けるか?歩けないのか?という戸惑いの中、京都文教大学の皆様にご協力いただき成功を収めることができました。
 ご来場いただいた方々、今回のファッションショーにご協力いただいた京都文教大学の皆様。ありがとうございました!

 

 7月28日(木)~29日(金)の2日間、伏見区内の税理士事務所様にご協力をいただき、将来、会計のプロフェッショナルを目指す起業創造科3年生の希望者がインターンシップを行いました。
 税理士事務所での実務体験だけでなく、税理士の役割や心構えについての講義など、日頃体験できない学びとなりました。
 これらの体験から、将来の職業像を明確にすることができました。目前の進路実現に向けて頑張っていきます。

 

 6月21日(火)起業創造科3年生「課題研究」小中連携ゼミ(Jゼミ)12名が、樫原中学校を訪問し、中学2年生を対象にビジネスマナー講座を行いました。
 今年度、初めての実施で、どきどき!緊張!の公演でしたが、樫原中学のみなさんは、元気いっぱい、反応もバッチリで、私たちも楽しい時間を過ごすことができました!

 

 614日(火)、「課題研究」の授業でU(高大連携)ゼミは、京都すばる高校の魅力を伝えるプレゼンテーションと、9月にある古着ファッションショーに向けて京都文教大学にお邪魔しました。この取り組みを行うにあたって、ゼミ内で京都すばる高校の魅力をプレゼンしたり、個人で家族に想い出のある古着について調査したりしました。
 当日、文教大学では一人一人が熱心に授業に取り組み、今後の活動にとても良い影響を受けました。

 

 5月31日(火)、起業創造科3年「課題研究」V(ベンチャービジネス)ゼミでは、京都府よろず支援拠点ITコーディネーターで中小企業診断士の松尾 憲 様をお招きしセミナーを開催していただきました。
 IT(web/sns)・AIを活用したビジネスの現状、成長戦略について、最新の情報を紹介していただきました。社会に出て行く期待感が膨らむ内容で生徒には貴重な機会になりました。
 写真は、講演会と名刺交換会の様子です。

 

 6月5日(日)、起業創造科3年「課題研究」C(コンテストチャレンジ)ゼミではコンテスト応募のために嵐山で素材の撮影などの活動を行いました。この取組を行うにあたって、ゼミ内で事前に京都の魅力を伝える場所はどこにしようか話し合い、計画を立てることができていました。そして、撮影する前に構図や被写体についても研究してコンテストに応募して受賞できるものになるように取り組み、この日を迎えることができました。
 
嵐山に集合すると渡月橋や嵐山モンキーパークいわたやまなどを巡り、自分の想いを表現できるように撮影に集中していました。活動に当たって天気にも恵まれ、生徒たちは元気に活動に取り組めていました。

 

 5月10日(火)、起業創造科3年「課題研究」のU(高大連携)ゼミとA(会計活用)ゼミの合同で、京都文教大学を訪問し、大学広報チームや地域連携学生プロジェクト「KASANEO」に所属している大学生と交流しました。
 連携授業では、これまでの活動内容を紹介していただいたり、グループに分かれてアイスブレイクをしていただいたりしました。「学校の魅力」をいくつ挙げられるかの対決では、ゼミ生で協力し合い、すばる高校の魅力をたくさん紹介することができました。また、古着を年代別に並び替えるゲームでは、「古着の魅力」や「想い出の継承」などについて考え、楽しく学ぶことができました。
 京都文教大学の皆様、ありがとうございました。今後も、高大連携ゼミを中心に、連携授業を実施させていただく予定です。

 

 5月17日(火)、起業創造科3年「課題研究」A(会計活用)ゼミで、外部講師としてルートサイン株式会社入江健太様をお招きしました。2021年に「社会における個の選択を助けること」をコンセプトに学生の街京都をフィールドに学生と企業とのマッチングやサステナブルの未来社会の構築のための会社を設立されました。
 講演では、起業に至るまでの想いや人と人の繋がりの大切さ、会社経営における会計的視点の重要性を伝えていただきました。講演後は、質疑応答やディスカッションで生徒達からの質問に答えていただきました。「伏見の未来を創造する」~高校生が考える伏見の未来~というテーマに2学期以降もこのゼミに外部講師(メンター)として参加いただく予定です。

 

 5月3日(火・祝)、ラクト山科(JR・京阪・地下鉄山科駅前)で開催された「ラクトのパンフェスタ」で、起業創造科の「ソーシャルアントレゼミ」、企画科の商品開発チーム、デパート生徒代表取締役が販売実習を行いました。
 ゴールデンウイーク真っ只中、しかも快晴!ということで、開店前には行列ができ、密を避けるために入場制限するほどの盛況ぶり。
 用意した商品も、午前と午後に分けて販売しましたが、それぞれ1時間半ほどで完売しました。
 「すばる、知ってるで!頑張って!」と声を掛けてくださる方も多く、対面販売の楽しさを感じることができました。同時に、声の出し方やとっさの行動など、自分たちと現場の販売担当の方の違いを目の当たりにして、接客の難しさ・奥深さも改めて知りました。
 お越しくださった皆様、ありがとうございました!!

 

 5月3日(火・祝)、ラクト山科(JR・京阪・地下鉄山科駅前)で開催されている「ラクトのパンフェスタ」にて、販売実習を行います!

 昨年度の京都すばるデパートのために開発されたパン(山一パン総本店さん製造)や、地元向島の中嶋農園さんの「米粉シフォンケーキ」「武士米シフォンケーキ」を販売します。

 コロナ禍ですっかり販売実習が減ってしまったので、お客様に直接商品をお届けできる今回のような機会は、本当に有り難いです。
 起業創造科の「ソーシャルアントレゼミ」、企画科の商品開発チーム、デパート生徒代表取締役が皆様のお越しをお待ちしております。売り切れしだい終了ですので、お早めにどうぞ!!

 

  2月21日(月)に実施した"かっこいい大人シリーズ"の動画が株式会社BEEM公式YouTubeチャンネル「ビムチャン」に公開されました!!

  豊田 優人様の高校生に向けた熱いメッセージがご覧いただけます!是非、ご覧ください!


 

 2月21日(月)、起業創造科2年生「起業マネジメント」の授業で株式会社BEEM代表取締役社長 豊田 優人様をお招きし、講演をしていただきました。
 SNSマーケティングなどの仕事のお話だけでなく、ご自身のこれまでの経験をもとに私たち高校生が"今"やるべきことは何なのかなどのお話をしていただきました。
 後半は「TikTokのバズり方」を伝授していただき、自分たちでTikTokの企画を考えました。
 これから進路実現に向けて、忙しくなる学年ですが、講演の中でお聞きした「行動する」ということを常に意識してこれからの学校生活を送っていきたいと思います。

 

 2月9日(水)、2年生起業創造科では、京都産業大学経営学部 准教授 松下 真也様をお招きし、私たちがこれまで学んできた「会計」や「起業マネジメント」のさらに詳しい内容や大学における学びなどについてなどを講演していただきました。
 後半には2学期に「起業マネジメント」で行った創造実習②での代表班によるプレゼンや「未来の私の仕事を考える」というテーマでお応募したコンテストの発表などを行いました。
 講師の松下様や京都産業大学の学生(本校OBOG)からのアドバイスや質問をいただき、さらに発表の中身が深まりました!これをもとにさらに進化した内容にしていきたいと思います!!

 

  みなさんは「税」についてどのようなイメージをもっていますか。起業創造科1年「ビジネス基礎」の授業の一環として、小学校や中学校で学んできた「税」に関する学びとコロナ禍で活用されてきた「税」の事例をもとに、さらに理解を深めることで地域創生につなげる取り組みをしています。

  今回、取り組みの一部をYoutubeにアップいたしました。第1弾は「高校生が税の作文を書いてみる」です。ぜひご覧ください。


 

 12月17日(金)、先日のファイナルピッチ(企業内起業プロジェクト)の表彰式を2年「起業マネジメント」の授業中に行いました。
 株式会社ヒューマンフォーラムの皆さまから最優秀賞のチームに賞状とスウェット、そして2年生へ暖かなメッセージと、とても感動するプレゼントをいただきました。
 「「今」を生きて「未来」を変える」
 「未来」を変えることはできるのは、間違いなく自分自身です。
 「未来」を変えるために、一歩踏み出す勇気をいただく機会をいただきました。
 株式会社ヒューマンフォーラムの皆さま、ありがとうございました!

 

 起業創造科は1年生で全商簿記検定2級、2年生で全商簿記検定1級合格を目指して、日々勉強に励んでいます!2年生では全商簿記のさらに上、「日商簿記検定2級合格」を目指す会計プロフェッショナル講座があります!今は2月の日商簿記検定に向けて勉強をしています!
 「会計の知識を活かした仕事に興味がある!」「より高度な資格が欲しい!」と思っている中学生の皆さんは是非、起業創造科へ!

 

 昨年12月9日(木)、起業創造科1年生の「ビジネス基礎」の授業で伏見税務署 副署長嶋田 裕司様をはじめ6名の講師の先生をお招きして「課題発表会」を実施しました。最優秀賞には、「防衛税」「鑑賞税」「ごみ捨て税」の3人が選ばれました。
 今年度も、税の徴収方法や活用方法も踏まえ、社会課題の解決につながる「税」が多く、講師の先生方からお褒めの言葉をいただきました。
 また国税庁主催「税に関する高校生の作文」の入賞者(伏見区租税教育推進協議会 会長賞)の表彰もしていただきました。
 当日は、ケーブルテレビのJ:COM京都みやびじょん局に取材いただき下記のとおり放映いただきました。

 ◆放映日:2021年12月15日(水)18時~の放送内で3分程度
 ◆番組名:『ジモト応援!京都つながるNews』
(事前告知ができず申し訳ありませんでした。)

 

 昨年12月5日(日)・18日(土)の2回、起業創造科3年「課題研究」のE(ソーシャルアントレ)ゼミで、出店しました。
 直前まで本当にできるのか?できないのか?という調整の中、京都市伏見青少年活動センター様にご協力いただき実現することができました。
 4月からスタートした取り組みではありましたが、地域とのつながりの中で「カタチ」にできたことは一つの成果でした。
 しかしながら、持続可能な出店を行うためには、課題もたくさん見えてきました。また、メニュー自体や出店をするにあたっての過程で「ソーシャル」という部分が薄まってきたようにも感じています。
 私たち1期生のゼミ活動としては、残り少なくなってきましたが、後輩たちにつなげるべく取り組んでいきたいと思います!
 ご来店いただいた方々、今回の出店までにご協力いただいた皆様。ありがとうございました!

◆出店までの経過
 ①キッチンカーで「日本一」?
 ②スタートアップの資金獲得
 ③移動販売のプロフェッショナルから学ぶ
 ④オンラインフィールドワーク
 ⑤出店に向けたプレ実習①
 ⑥カタチは見えてきた?

 
 
COPYRIGHT (C) 京都府立京都すばる高等学校